自営業とフリーランスの違いとは?自営業・フリーランスの共通点と活躍のポイント

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
自営業とフリーランスの違いとは?自営業・フリーランスの共通点と活躍のポイント

目次

自営業とフリーランスは似ている言葉であるため、どちらがどのような意味か分からないという方もいるのではないでしょうか。

自営業とフリーランスにおける定義や、仕事の仕方、報酬といった点を踏まえて、混同してしまいがちな自営業とフリーランスの違いを紹介します。

また、自営業またはフリーランスとして活躍するために、何が必要なのかも合わせて参考にしてみてください。

自営業とフリーランスの違い

自営業とフリーランスは、似た言葉ですが、それぞれ定義や働き方、報酬が異なる働き方です。

まずは、自営業とフリーランス、それぞれの違いを確認していきましょう。

自営業とフリーランスの定義上の違い

自営業とは、企業に勤務するサラリーマンではなく、自ら事業を営んでいる人のことです。

たとえば、個人経営の商店主、農場主、開業医、弁護士など、利益獲得に向けて、独自で事業を行っている人のことを、「自営業」と呼びます。

一方で、フリーランスは、自分で働く組織を自由に選ぶ働き方のことです。

フリーランス協会が公表する「フリーランス白書2020」は、「特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人」のことを、「フリーランス」と定義しています。

つまり両者の違いは、前者が「自ら事業を営んでいる人物」、後者が「組織に依存しない自由な働き方」です。

そのため、「自営業」として事業を営みながら、「フリーランス」としての働き方をしている人もいるでしょう。[※1][※2]

>フリーランスの定義とは?に関する記事はこちら

自営業とフリーランスの働き方の違い

前述のように、フリーランスは、「組織に依存しない自由な働き方」です。

一部のITエンジニアなど特定の場所で働く必要がありますが、多くの場合働く場所にも縛られない場合が多いです。

一方で自営業は、仕事によって、働く時間と働く場所が固定されていることがあります。

たとえば、飲食店や修理店などサービスを提供する仕事であれば、顧客が利用する時間に応じて、営業する必要があります。

企業に雇用されていないという点では、フリーランスと同様ですが、時間と場所が自由というわけではありません。

自営業とフリーランスの報酬の違い

すべての自営業やフリーランスが該当するわけではありませんが、報酬がどのように発生するかに違いがあります。

自営業は、自分の手でビジネスを立ち上げて、収益を確保していきます。

一方で、フリーランスは、会社や個人といったクライアントから仕事を請け負い、成果物を納めることで報酬が発生します。

自営業は自分自身でビジネスを収益化する、フリーランスは成果の対価として報酬を受け取るということです。

フリーランス 自営業
定義の違い 自分で働く組織を自由に選ぶ人 自ら事業を営んでいる人
働き方の違い 組織に依存しない働き方 時間や場所には自由がないことがある
報酬の違い 成果の対価として報酬を受け取る 自分自身でビジネスを収益化する

自営業やフリーランスの働き方で気をつけるべきこと

自営業とフリーランスの働き方は似ている点もあり、注意すべきポイントも重なる部分が多いです。

自営業とフリーランスの働き方で注意すべき点を3つ解説します。

  • 収入が安定しない場合がある
  • 自分で確定申告を行う必要がある
  • 対外的な信用性を得にくい

働き方を変えることを検討している場合は、注意点もよく勘案した上で、検討するようにしましょう。

収入が安定しない場合がある

自営業とフリーランスは、収入が安定しない可能性があります。

会社が仕事を獲得するのではなく、個人という看板で仕事を獲得しなければならないためです。

つまり、両者とも一定の信用力や、これまでの経験が豊富でないと、仕事を獲得できないということです。

収入を安定させるためにも、向上心を常に持ちながら、自分自身の価値を高める必要があります。

自分で確定申告を行う必要がある

次に、自営業とフリーランスは、どちらも自分で確定申告を済ませなければなりません。

一般企業に在籍していれば、毎年の所得税の申告や、社会保険料の手続きなどを会社が行ってくれます。

しかし、自営業とフリーランスとして活動する場合、自分のことはすべて自分で行う必要があります。

確定申告を手軽に処理できるソフトや、電子サービスを活用して、事務手続きの負担を軽減できるように工夫しましょう。

対外的な信用性を得にくい

自営業とフリーランスは、いずれも対外的な信用力を得にくい点に注意が必要です。

安定した収入がある会社員と異なり、自営業とフリーランスは収入に波があるため、各種手続きで不便を強いられる可能性があります。

たとえば、クレジットカードの審査、賃貸契約、ローンの審査などは、自営業とフリーランスは厳しくチェックされます。

これから自営業とフリーランスとして活躍したい方は、会社に在籍しているうちに、契約を済ませておきましょう。

自営業やフリーランスとして活躍するためのポイント

最後に、対外的に信用力が得にくい自営業やフリーランスが活躍するためのポイントを3つ紹介します。

  • 仕事獲得に向けた仕組みを作る
  • 競合との差別化を図る
  • コミュニケーションスキルを向上させる

自営業やフリーランスは、サラリーマンのように会社が仕事を獲得するのではなく、個人という看板で仕事を獲得しなければいけません。

安定した収入を得るためにも、どのようなポイントを押さえておくべきなのかを確認していきましょう。

仕事獲得に向けた仕組みづくり

自営業やフリーランスが安定して仕事を獲得するためにも、仕事を獲得する仕組みを作りましょう。

たとえば、自分自身のホームページを立ち上げ、ポートフォリオや経歴を紹介します。

また、手が届きにくい領域とコンタクトを取るために、エージェントや営業とタッグを組むこともポイントです。

自分で営業する時間をなるべく削減し、仕事に注力できるようになると、生産性も向上していきます。

競合との差別化

次に、自身のブランディングを強化し、競合との差別化を図ることです。

同業者や競合と比較し、自分自身の強みや能力を発揮できる領域を探していきます。

また、クライアントに信頼感を与えられるように、付加価値を高めることに力を入れることも重要です。

具体的には、ホームページ作成を請け負う場合、ただ単にホームページの作成を請け負うだけでなく、集客性に優れたホームページや、顧客側で自由にカスタマイズできるような提案をします。

競合との差を可視化することで、次第にクライアントの増加も期待できます。

コミュニケーションスキルの向上

最後に、コミュニケーションスキルが重要です。

自営業であれば顧客とのコミュニケーション、フリーランスであればクライアントとのコミュニケーションが欠かせません。

個人での活動が多い仕事でも、顧客やクライアントとのコミュニケーション機会を増やすことで、仕事をスムーズに進められます。

最近では、チャットツールやWeb会議ツールなども増えているため、積極的に活用してみましょう。

自営業やフリーランスで活躍するには「Chatwork」を活用しよう

自営業とフリーランスは、似ている働き方でありながら、定義や働く場所・時間、報酬などに違いがある働き方です。

自営業・フリーランスのどちらであっても、事業を成功させるためには、競合との差別化や仕事を獲得する仕組みを構築することが求められます。

また、顧客やクライアントと信頼関係を構築するためにも、コミュニケーションには力を入れるようにしましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、チャット形式で意思疎通が図れるため、リモート環境でのコミュニケーションに最適なコミュニケーションツールです。

チャット機能だけでなく、Web会議システムも備わっているため、お互いに顔を見ながらコミュニケーションを交わすことも可能です。

>Chatworkの通話機能(ビデオ/音声通話機能)に関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

自営業やフリーランスで働く際の、円滑なコミュニケーション実現に、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]出典:厚生労働省「第9回 中高年者縦断調査の概況(部議登録後)」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/judan/chukou14/dl/yougo.pdf
[※2]出典:フリーランス協会「フリーランス白書2020」
https://blog.freelance-jp.org/wp-content/uploads/2020/06/2020_0612_hakusho.pdf
※本記事は、2022年2月時点の情報をもとに作成しています。


Chatworkをもっと知りたい方におすすめの資料
3分でわかる!Chatwork
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事