フリーランスとは?定義や意味、なる方法、仕事の始め方を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
フリーランスとは?定義や意味、なる方法、仕事の始め方を解説

目次

個人契約で仕事を獲得できるフリーランスの働き方は、仕事内容や時間などを自由に選べる魅力があります。

特定の組織に所属していない分、マイペースに仕事を進められる点でもフリーランスはメリットが大きいでしょう。

実際にフリーランスとして働きたいときは、どのような準備を進めておくとよいのでしょうか。

フリーランスになる方法や始め方を解説します。

フリーランスとは?

取引先や仕事内容、仕事量や休日などを自由に決められるところは、フリーランスの魅力のひとつです。

どのような特徴があるのか、フリーランスの働き方と詳細を見ていきましょう。

個人契約で仕事を獲得する働き方

本人のスキルを活かせる営業先を見つけて、個人契約で仕事を引き受ける働き方がフリーランスの特徴です。

仕事はその都度契約する形で取り組むため、単発から継続の案件まで内容はさまざまです。

取引先からの信頼を獲得しながら、基本的にいくつかの取引先と並行しながら個人契約でフリーランスは仕事を進めていきます。

>個人事業主との違いに関する記事はこちら

特定の組織に留まらない自由な働き方

個人契約で仕事を進めるフリーランスは、基本的に分業スタイル兼個人で仕事を引き受けるため、組織にこだわらずに働けるフラットさがあります。

職場に集まる働き方が苦手な方も、ひとりでマイペースに作業を進めやすいメリットは大きいでしょう。

働く場所が固定せずにとらわれる必要もなくなるなど、特定の組織に所属していないところがフリーランスの特徴です。

労働時間・休日に決まりがない

フリーランスの働き方は、個人で労働時間や休日が決められるメリットがあります。

まとめて一気に働く方法もあれば、毎日少しずつ数時間ほど働くなど、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方ができるでしょう。

何か用事ができたときも休憩時間を挟んで出かけやすい利点があり、労働時間や休日が決められていないところがフリーランスの特徴です。

仕事量や内容が自由に選べる

基本的にフリーランスは組織に所属しない働き方になるため、仕事量や内容は個人の実力次第で選択肢が広がります。

個人で契約して仕事を進めるため、どのような取引先を選ぶのか自分次第で決められてストレスの負担が軽減できる意味でも魅力的です。

特定の決められた仕事だけでなく、自由度の高い仕事内容を選べるところは、フリーランスのメリットにあげられます。

>フリーランスの悩みとは?に関する記事はこちら

フリーランスになるには?

安定的に仕事を獲得するためにも、基本的に押さえておきたいポイントの知識を頭に入れておくと役立ちます。

フリーランスになるための方法を見ていきましょう。

提供できる価値やスキルを棚卸しする

特定の組織に所属せずに仕事を継続するには、過去の経歴やスキルを洗い出し、どのような価値を提供できるのか掘り下げてみましょう。

今まで働いてきた職場でどのような経験をしてきたのか、趣味に関する技術を仕事に活かせないか、自身の経験から考えられる強みを見直します。

フリーランスになるためには、まずはどのような事業活動に取り組むのかを決めるために、仕事に活かせる能力を検討することが重要です。

取引先を確保する

フリーランスとして働くためには、営業をかけて取引先から仕事をもらう過程が必要です。

SNSやインターネットのサービスから検索をかけたり、個人の人脈を使ったりしながら定期的に仕事が獲得できるように声をかけましょう。

フリーランスになるためには、仕事の営業のかけ方を学びながら安定的に取引先を確保する行動力が求められます。

確定申告に向けて準備する

フリーランスで一定の収入を稼ぐときは、確定申告に向けた帳簿づけの準備を進めておきましょう。

初めての手続きで疑問に感じる内容が多く、提出までに想像以上の時間を取られる心配があるため、日ごろから帳簿をつけておくと直前に慌てずに済みます。

税理士に依頼すると費用がかかってしまうため、ある程度の収入が見込めるまではフリーランスになるためにも税金の勉強を兼ねて、確定申告を自力で進める準備を進めておく方法がおすすめです。

開業届や青色申告書を準備する

フリーランスで節税対策を進めるためにも、専業で働くと決めた段階で開業届と青色申告書を税務署に提出しましょう。

両方の書類があれば、毎年かかる税金について優遇される可能性があるため、税金を節約したいときに覚えておきたいポイントになります。

フリーランスになるには、節税対策の行動や意識を高める上でも開業届と青色申告書の準備を進めておきましょう。

>フリーランスの大変なこととは?に関する記事はこちら

フリーランスの始め方

事前の準備がフリーランスの仕事を継続するためにも重要です。

どのような準備を進めておきたいか、フリーランスの始め方を見ていきましょう。

生活や仕事のための保険を準備する

フリーランスの生活や仕事を続けるためにも、国が実施している保険以外にも、仕事や生活を支えるための保険に加入すると保証にできておすすめです。

たとえば、仕事に万が一のトラブルが発生したときの保険には損害保険があり、条件が適用されると保証が降りる可能性があります。

フリーランスを始めるときは、仕事の保険や将来の貯蓄に関わる個人的な保険に加入することで、仕事に対する不安を解消しながら働きやすくなるでしょう。

仕事のツールを準備する

フリーランスの仕事で使うツールや物があるときは、事前に準備を進めておくとスムーズに仕事が始められます。

オフィス用品に関わるものには、PCやデスク、仕事用の椅子などがあげられるでしょう。

事業活動にどのような仕事のツールが必要なのか、あらかじめインターネットで調べておくと、フリーランスを始めるときに役立ちます。

インターネット環境を整える

仕事の連絡手段や事務作業で使うPC用に、インターネット環境を整えておくと便利です。

ケータイだけでは作業が進めづらい場合があるため、自宅環境にインターネットがある環境を整備しておくと、あとからセッティングする手間が省けます。

フリーランスを始めるときは、仕事内容に適した環境かを再検討し、必要であればその都度調整するように心がけましょう。

ポートフォリオを準備する

仕事の実績を客観的なアピール材料にするためにも、ポートフォリオを作成して営業をかけるときに使いましょう。

過去の仕事でどのような内容に関わってきたのか、どのような実績があるのかなど、事業活動に関わりのある内容を掘り下げてまとめます。

仕事の実績が見つけられないときは、自身の強みや特徴をアピール材料に使いながら、実績を身につける過程でポートフォリオの内容を充実させることがフリーランスを始めるときに重要です。

営業活動に取り組む

仕事を安定的に確保するためにも、案件や求人が記載されているサービスに登録して営業活動に取り組みましょう。

クラウドソーシングサービスやSNS、直接企業に営業をかける方法など、さまざま方法からスキルや人脈をつかって仕事を獲得します。

フリーランスを始め方として営業活動のノウハウや取り組み方は重要なポイントになるため、自分なりのルートを確保しておくと収入が安定しやすくなるでしょう。

フリーランスになるときはChatworkのやりとりが便利

フリーランスになる方法や始め方を見てきました。

フリーランスとは、個人契約で仕事を引き受ける働き方です。

仕事時間や仕事量を自由に決められるフリーランスになるには、提供できる価値を掘り下げながら取引先を確保し、確定申告に向けた書類提出の準備を進めておきましょう。

フリーランスを目指すときの始め方では、保険や仕事に使うツールの準備、インターネット環境やポートフォリオの準備、営業活動に取り組む内容を取りあげました。

実際に仕事を進めるときは、取引先とのやりとりが便利に進められるビジネスチャット「Chatwork」の導入が便利です。

無料でグループチャットや個別対応のチャットが使えて、取引先とのコミュニケーション手段に使えるため、フリーランスが仕事を進めるときはChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワーク下でのコミュニケーションを最適化するには
テレワークがデキる人の 「非同期コミュニケーション」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事