インテグリティの意味とは?インテグリティマネジメントの重要性と高める方法

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

インテグリティとは、誠実・真摯・高潔の意味を表す言葉です。

企業経営に使われるインテグリティマネジメントでは、誠実さを持って事業活動にとりくむ姿勢が求められます。

インテグリティマネジメントを高める方法と重要性を解説します。

インテグリティの意味とは

インテグリティとは、誠実・真摯・高潔の意味がある言葉で、企業の安定した経営に欠かせない要素です。

商品やサービスを提供する企業は、顧客や取引先から信頼を得るために、組織として不正がないように運営する必要があります。

法律を守りながら社会的責任を果たし、それぞれの役割を機能させながら、社会に対して誠実に事業活動を続ける姿勢が求められるでしょう。

企業で働く社員に対しても、安心や安全を守りながら働ける環境や待遇を整えることが大切です。

コンプライアンスとの違い

企業の決めたルールや法律を守ることは、コンプライアンスと呼びます。

インテグリティと重なる面もありますが、コンプライアンスの場合は、企業で働く社員が守るべき規律として、明確に提示されている点が特徴です。

インテグリティの場合、企業で働く社員の善意や貢献意識を軸にするため、上から指示されて動くというよりも、自主的によい行動を心がけるといった違いがあげられます。

インテグリティマネジメントとは

インテグリティマネジメントとは、誠実さを踏まえた経営に取り組むことです。

インテグリティマネジメントの内容には、法律や規律を守ること、社会への配慮、社員への配慮などがあげられるでしょう。

企業のコンプライアンスを守る内容を含めながら、幅広い意味で社会に対して責任をもって経営する姿勢が求められます。

インテグリティマネジメントが求められる理由

インテグリティマネジメントが求められる理由を見ていきましょう。

高品質なサービスを提供する

商品を購入してもらうには、製品やサービスの品質を保つ工夫が求められます。

たとえば、社内で不正がおこなわれないチェック体制を整えたり、正確なデータを集めて品質の維持に努めたりする必要があるでしょう。

インテグリティマネジメントに取り組むことで、企業の信頼性や透明性が増すため、商品やサービスを安心して利用してもらえます。

管理職やリーダーを育成する

組織のメンバーをまとめる管理職やリーダーには、仕事に取り組むときの誠実な対応が求められます。

管理職やリーダーのインテグリティが高まることで、課題の解消につながる行動につながるため、組織の成長が期待できるでしょう。

経営を長期的に継続する

企業の経営に誠実さが欠けてしまうと、長期的に事業活動を続けることが難しくなります。

たとえば、社員の待遇について仕事の成果に見合わないまま改善されないと、離職率が増える原因になるでしょう。

企業のインテグリティマネジメントを取り入れることは、社員が働きがいを感じられる職場を目指し、組織ヘの貢献意識を高めてもらうためにも重要です。

インテグリティをもつ管理職・リーダーの特徴

インテグリティをもつ管理職・リーダーの特徴を見ていきましょう。

正義感が強い

管理職やリーダーには、社内の不正を許さない正義感が求められます。

仕事の評価を公平に判断したり、トラブルの処理を適切に進めたりするなど、責任感を持って仕事にとりくむ必要があります。

コンプライアンスを遵守する

企業が社会からの信用を獲得しながら活動を続けるには、まずは経営陣をはじめ、管理職やリーダーがコンプライアンスを守ることが必要不可欠です。

管理職やリーダーのコンプライアンスに対する意識が高いと、部下の意識を高める教育体制を整えやすくなり、仕事で問題を起こさないための工夫にもつながるでしょう。

倫理的な行動をとる

管理職やリーダーは、組織で働くメンバーの手本になれるように、倫理観を持って仕事を進める必要があります。

たとえば、取引先や顧客を差別しないことや、部下に対してひどい扱いをしないなど、指導側の立場として公平に対応することなどがあげられます。

企業の事業活動には利益の追求だけでなく、社会的責任を果たす姿勢が求められるため、管理職やリーダーの行動にも倫理観が求められます。

マネジメントにおけるインテグリティを高める方法

インテグリティを高める方法を見ていきましょう。

リーダーを育成する

社内でインテグリティを高めるには、まずは管理職やリーダーにインテグリティの価値観を理解してもらうことが大切です。

リーダーを育成する際に、インテグリティがどのような内容であり、企業にとってどのようなメリットがあるかについても伝えるようにしましょう。

社内で研修を取り入れる

インテグリティを浸透させるためにも、社内全体で研修を取り入れましょう。

組織の視点だけでなく、社員にどのようなメリットがあるのかを伝えられると、興味を持って理解を進めやすくなります。

共感や傾聴を重視する

社内でインテグリティを高めるには、管理職やリーダーが部下の話にきちんと耳を傾け、共感することを意識します。

部下は上司の姿勢を見て学ぶことが多いため、日頃から共感と傾聴を意識したコミュニケーションをとれると、インテグリティを高めることにつながるでしょう。

インテグリティマネジメントは組織運営に重要

企業の事業活動に誠実さがあると、安定した経営を継続する工夫につなげられます。

企業のインテグリティを高めるには、まず組織の上に立つリーダーがインテグリティを意識していく必要があります。

インテグリティを意識したマネジメントにとりくみ、安定した経営をおこなえるよう目指していきましょう。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
社内の情報セキュリティを守る方におすすめの資料
攻めの情報セキュリティ

「情報セキュリティ」の基礎的な知識から対策を講じるまでの内容を、中小企業および小規模事業者の皆さまに向けて解説しています。

安心してビジネス活動をおこなうための対策を、この1冊からはじめてください。

  • 情報セキュリティの取り組み方
  • テレワーク時代のセキュリティ対策

などを解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事