コミュニケーションの目的とは?仕事におけるコミュニケーションの目的

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
コミュニケーションの目的とは?仕事におけるコミュニケーションの目的

目次

ビジネスにおいて上司や同僚、取引先や顧客と日常的におこなわれているコミュニケーションですが、そもそも何のためにおこなっているのか、コミュニケーションの目的を意識することは少ないかもしれません。

コミュニケーションの基本的な目的や、ビジネスシーンでの適切なコミュニケーション方法を理解し、一段上の効果的なコミュニケーションを取れるようにしましょう。

仕事におけるコミュニケーションの目的とは

仕事や職場におけるコミュニケーションの目的には、相手の理解を得る、行動を促す、説得して味方につけるなどが挙げられます。

上司と部下の関係であれば、指示を出す・指示を受ける・相談する・報告することを目的として日常的にコミュニケーションがおこなわれているでしょう。

取引先や顧客の信頼を得て、さまざまなアプローチで商材の魅力を伝えることも、コミュニケーションの目的といえます。

プロジェクトや大きな目標を成し遂げたいときは、周囲の人を巻き込んで協力を引き出し、いっしょに成功できる仲間を得るために、コミュニケーション能力を最大限活用しているという人もいるでしょう。

職場においても情報をやりとりし、円滑な人間関係を築き、人の気持ちを動かすためにさまざまなコミュニケーションがおこなわれています。

>職場の馴れ合いに関する記事はこちら

コミュニケーションの目的:情報のやりとりをする

コミュニケーションをおこなう目的の第一には、情報のやりとりがあります。

情報のやりとりによって知識を得て理解を広げたり、新しい感情や思考を経験することで、人は成長し、創造し、目的を達成します。

また、今の自分が知っていることが正しいのか、本当に物事の意味を理解しているのかをコミュニケーションによって確認することで、知識のアップデートや修正をすることができます。

仕事においても、情報のやりとりは必要不可欠です。

適切な情報共有や判断、指示出しなどをするためにも、コミュニケーションをおこなわなければいけません。

コミュニケーションの目的:人間関係を築くため

コミュニケーションはただ単に情報のやりとりをするだけでなく、人間関係の構築のためにも必要です。

理解し合うため、仲を深めるため、など業務に関係がない情報のやりとりが人間関係を築くきっかけになる、チームワーク向上につながって業務のやりやす差が高まるといった場合もあります。

人間関係が円滑になるとコミュニケーションも取りやすくなり、業務を進めやすくなります。

コミュニケーションの目的:行動を促すため

協力してほしいときや理解してほしいときなど、相手になんらかの行動を促したいとき、人はコミュニケーションを通じて相手に働きかけます。

働きかけには説得や指示、依頼などさまざまなパターンがあります。

高圧的な態度で命令する、相手の理解度を確かめないまま一方的に指示を出すなど一方的なコミュニケーションでおこなう場合も該当するかもしれません。

しかし、本来であればコミュニケーションを通じて人間関係を構築し、双方向のやりとりをしながら適切な言葉や態度をもちいる必要があり、難易度の高い目的であるといえるでしょう。

コミュニケーションの目的を達成するために必要な能力

ビジネスにおいて目的を達成するために、コミュニケーション能力は必須のスキルです。

コミュニケーションの目的を達成するために必要になる能力について見ていきましょう。

伝える力

物事を伝える力は、コミュニケーション能力の基本です。

ビジネスにおいては単純に情報をそのまま伝達するだけでなく、わかりやすく正確な情報を伝え、効果を生むことが求められるでしょう。

そのために適切なコミュニケーション方法を選択することも大切です。

伝える方法には、直接話す、文章を書くなどさまざまな方法がありますが、どの方法であっても、物事を論理的に整理し、相手が理解しやすいよう工夫することが不可欠です。

理解する力

コミュニケーションにおいては、情報を受けとる側になったとき、会話を引き出すことや内容を理解することも重要です。

相手が話しやすい場の雰囲気を作ったり、相手の真意を理解するために自分から質問をしたりすることも、コミュニケーション能力のひとつといえます。

どの程度まで理解しているのかを相手に示したり、理解できない部分について質問を重ねながら、相手が本当に伝えたいことを受けとめられるよう心がけるとよいでしょう。

また、伝える側になった際も相手がどの程度理解できているかを見極める力も求められる場合もあります。

非言語でやりとりする力

非言語コミュニケーションとは、言葉を使わないコミュニケーションを指します。

コミュニケーションをとるうえで話す・書くといった方法は一部にすぎず、人は表情や声のトーン、視線やジェスチャーなどさまざまな非言語の情報をやりとりしています。

清潔感のある服装や髪型で好印象を与える、笑顔やうなずきで話しやすい雰囲気を作ることも非言語コミュニケーションのひとつであり、ビジネスにおいて良好な関係を築くためには重要なものです。

非言語コミュニケーションは自分の真意を伝えるときや相手の真意を読みとるときに大きな助けとなるため、人との関りのなかで表現したり読みとることを日々実践し、鍛えていくとよいかもしれません。

>コミュニケーション能力を高める方法に関する記事はこちら

目的に応じたコミュニケーション方法を選ぼう

仕事においてコミュニケーション手段は多岐にわたり、業務内容や自身、相手の状況によってコミュニケーション方法を選ぶ必要があります。

どのような目的でコミュニケーションをとる必要があるのかを考えることで、適切なコミュニケーション方法を選ぶことができます。

たとえば、緊急性がある場合は直接出向く、電話をかけるなどの手段が適しているかもしれません。

また、遠方の相手であればメールやビジネスチャット、Web会議などの方が効率的な場合もあるでしょう。

目的の情報を伝える、受け取るためには相手と自分にとって適切なコミュニケーション方法を使うことで、より効率的かつ効果的なコミュニケーションが取れるようになります。

得たい情報や伝えたい情報が決まっていたとしても、コミュニケーション方法によって伝わりやすさも異なるので、適切なコミュニケーション方法を選ぶことが重要です。

>コミュニケーション速度が10倍にアップした事例はこちら

コミュニケーションを円滑化する目的にChatwork

コミュニケーションの基本的な目的には情報のやりとりや信頼関係の構築があり、ビジネスにおいては伝える能力と理解する能力の両方が求められます。

テレワークの推進でコミュニケーションの形が多様化しているなかでは、オンラインのやりとりにおいてもコミュニケーション能力を発揮しやすい環境を整えることが重要でしょう。

オンラインのコミュニケーションを円滑化するためには「Chatwork」の活用が有効です。

チャット形式のやりとりでは、対面でおこなう会話のようにタイムリーに言葉のキャッチボールができ、コミュニケーションを深めることができます。

また、Web会議機能を活用すれば相手の表情やしぐさを確認できるため、離れた場所にいても非言語コミュニケーションをおこなうことが可能です。

コミュニケーションの円滑化をおこなう際にはChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

コミュニケーションに関するQ&A

コミュニケーションの目的とは?

コミュニケーションの目的には、相手の理解を得る、行動を促す、説得して味方につけるなどが挙げられます。

ビジネスシーンにおいては、指示を出す・指示を受ける・相談する・報告することなどが目的です。

目的にあったコミュニケーションの方法とは?

遠方の相手であればメールやビジネスチャット、Web会議などの方が効率的な場合もあるでしょう。

緊急性がある場合は直接出向いたり、電話をかけるなどの手段が適しているかもしれません。

必要な場面で、その目的にあったコミュニケーションをとるには、コミュニケーションスキルを磨く必要もあります。

関連記事