社内広報とは?目的・役割と効果的な内容や通知方法を解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
社内広報とは?目的・役割と効果的な内容や通知方法を解説

目次

事業目標の共有やコミュニケーション活性化の取り組みに、多くの企業が社内広報を活用しています。

企業によっては、社内広報を社外に向けて発信し、事業内容に興味をもってもらう機会につなげる意図もあるようです。

しかし、社内広報を担当される方は、情報の内容や構成をどのように展開するのが効果的か、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

社内広報の目的や役割、社内広報を効果的に取り入れる通知方法を解説します。

社内広報とは

社内コミュニケーション活性化や事業目標の認識を共有するために、社員を中心に配布される情報を社内広報と呼びます。

紙媒体で印刷して配布する方法や掲示板に掲載する方法、Webメディアで公開される形など、発信方法はさまざまです。

事業の仕事内容や各部署の取り組み、事業目標や社員へのインタビュー記事など、事業に関わる幅広い内容を社内広報で取り上げられています。

社内広報の目的と役割

社員に向けて情報発信する社内広報は、社内コミュニケーション活性化、事業目標を共有する目的などに活用されています。

  • 各部署でどんな取り組みを実施しているのか、社員同士が知るきっかけになる
  • 社員への個人インタビューから、仕事に取り組む上での価値観が知れる

また、企業によっては、社内広報を社外の人たちに読んでもらう意図を含む場合もあります。

社内広報の目的の中には、社員同士の認識共有や情報発信で多くの方に企業を知ってもらい、企業の内部を公開して集客につなげるという考えもあるでしょう。

社員同士の認識を共有して事業目的の達成を目指す

企業は事業で達成したいミッションや企業理念を掲げて活動するために、社員同士で共通の目標に向かう意識を高める取り組みが重要です。

社内広報の内容から、自分以外の社員や経営側がどのような発想をもって仕事に取り組んでいるのか把握できると、仕事へのモチベーションがあがりやすくなります。

仕事の意識が変わり、事業目的をあらためて認識できる機会につながる役割があるのです。

社内コミュニケーションを活性化させる

社内広報を通して社員に情報発信することで、他部署の社員が仕事にどのような思いで取り組んでいるのか認識するきっかけが生まれます。

社内広報によって社員同士の人柄や仕事内容の詳細を知れるため、お互いが興味や関心をもって交流する機会ができるでしょう。

部署の間に交流をつくれるようになり、意見交換が活発になって業務によい影響を与えられるのです。

社内広報には、情報発信による意思相通やコミュニケーション活性化につながる役割が期待できます。

営業活動をサポートする

営業担当が取引先や顧客と会話するときは、社内広報から自社の取り組みを知ってもらう方法があげられます。

社内広報に事業活動や社会貢献活動などのレポートをまとめることで、会話の材料にできるのでコミュニケーション活性化につながるでしょう。

また、社内広報を家族や友人に紹介することで、事業内容が把握できて「働きやすく安心できる職場」といった認識につながる期待もできるかもしれません。

社外の方がどんな企業なのか把握できると、風通しのよい企業として信頼度が増すため、社内広報が企業と社外の方をつなぐ役割として機能します。

社内広報を効果的に活用するためのポイント

誰に向けて発信するかによって意図は少しずつ異なりますが、社内広報には社員や読者が興味をもちやすい構成や内容を選びましょう。

  • 写真を活用しながら文字量や読みやすさを意識する
  • 読者が思わず読みたくなる見出しと構成アイデアを出す
  • 押しつけでなく、読者の立場になって共感できる文章でまとめる

上記のようなポイントを確認しながら内容を検討します。

自社で社内広報の作成が難しいと感じられるときは、各工程をプロに頼んで外注する方法を取り入れましょう。

読者が途中で離脱しないためにも、まずは社員に興味をもってもらえる内容を意識して作ることがポイントです。

社員の働く意欲が高まるような情報やアイデアを盛り込むことで、効果的に広報内容を伝えることができるでしょう。

社内広報を効果的に配信する方法

紙媒体やWeb媒体を中心に取り入れられる社内広報には、具体的にどのような配信方法があげられるのでしょうか。

社内広報を効果的に配信する方法を見ていきましょう。

メールマガジンの形で定期的に送る

社員向けの内容を中心に社内広報を利用する場合は、事業に関するニュースや取り組みをメール配信する方法があげられます。

社員にメールを読むメリットを提示するためにも、件名や構成内容に気を配りながらまとめることで読んでもらえる可能性が高まるでしょう。

メールマガジンの社内広報は、Web媒体や紙媒体の社内広報と併用して活用される場合もあり、社員に知ってほしい情報を素早く発信できる方法といえます。

社内の掲示板に定期的に掲載

社内広報を印刷物の形で配布する場合は、社内の食堂や各部署の掲示板など、人目のつく場所で自由に読める形で設置しましょう。

ほかにも、電子掲示板で各部署や休憩所に設置して掲載する方法などがあげられます。

社内掲示板は、社員が休憩時間や空き時間を利用して読み進められるため、社内広報を効果的に取り入れる方法につながるでしょう。

Webメディアを活用して掲載

公開型の形で発信できるWebメディア掲載の方法では、社員以外の人たちに企業の事業活動を知ってもらうきっかけにつながります。

たとえば、担当者が画像付きで社員の働く姿、業務での取り組みを発信することで、企業内の様子や事業内容がイメージしやすくなるでしょう。

インターネット記事に親しみのある読者や多くの方に見てもらえる機会が増えて、社内広報を効果的に取り入れられる方法につながります。

ビジネスチャットを使って配信する

社内広報の配信方法には、社員に向けて情報発信しやすいビジネスチャットを活用する方法があります。

広報担当から発信することで、社内でのコミュニケーション活性化の手段にもつながるため、情報交換しやすい職場づくりを実践する方法にもつながるでしょう。

紙媒体やWebメディアの社内広報と並行する場合は、ビジネスチャットを使えば、PDFデータやURLを記載する形でまとめて送信できるため、社内広報の読者を効果的に獲得する方法としても有効です。

社内広報の配信にChatworkを活用しよう

情報発信で社員や社外の人に、企業の取り組みを知ってもらう目的に社内広報は活用されています。

情報発信から社員同士のコミュニケーション活性化、事業が目指す目標を共有することや営業活動をサポートすることも社内広報の役割です。

社内広報を効果的に取り入れる通知方法には、メールマガジンや社内掲示板の利用、Webメディアの活用など、紙媒体からWeb媒体までさまざまな方法があります。

社内に一斉に通知する場合は、ビジネスチャット「Chatwork」を使って社内広報を配信する方法が効率的です。

社員全員がいるグループチャットで社内広報の内容やリンク先を共有することで、全社員に通知が届きます。

また、Chatworkのタスク管理機能を使えば、確認してほしい内容を社員にタスクづけして期限までに閲覧する指示などの管理がしやすくなります。

Chatworkで社内広報を通知することで、内容に対しての補足や質問をチャットで気軽におこなえるので、社内コミュニケーション活性化にもつながるでしょう。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

コミュニケーションを効率化したい方へ
自社に合うツールが見つかる「コミュニケーション診断」

組織ではさまざまな「連絡ツール」が使われています。使いこなしや効率化に悩む方は多いのではないでしょうか。 『コミュニケーション診断テスト』で、自社のコミュニケーションの課題を理解し、効率化のヒントを知りましょう。

【主な内容】

  • 会社で利用されている「連絡ツール」を理解する
  • 診断テストで会社の現状を把握する
  • 自社にあった「連絡ツール」を活用する

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事