拝見の正しい使い方は?ビジネスシーンでの使い方や例文、間違った表現を解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

「拝見」は「見る」の謙譲語で、目上の人や上司に使える言葉です。

別の言い換え表現を使うときは「ご査収ください」「拝読しました」といった言葉が使えます。

ほかにも、どのような言い換え表現があるのでしょうか。

拝見の正しい使い方や例文、間違った表現を解説します。

拝見は「見る」の謙譲語

「拝見」は「見る」の謙譲語です。

謙譲語は、自分の立場を下げて相手を立てるときに使います。

例としては、取引先の資料に目をとおすときに「拝見します」という言葉を使うと、丁寧に対応できます。

拝見の意味

拝見の言葉は「拝(おが)む」と「見る」の言葉で成り立っています。

拝むとは、神仏などに手を合わせて祈るといった意味合いがあります。

「見る」の丁寧な言い方として、目上の人に敬意を示すときに使える言葉です。

ご査収ください

相手に資料やメールの内容などを見てほしいときは、「ご査収(さしゅう)ください」という言葉が使えます。

拝見は自分の動作が主体になりますが、査収は相手が主体の動作で見てほしいときに使えます。

拝読しました

「読む」の謙譲語は「拝読」です。

「読みました」を丁寧な言い方に変えると「拝読しました」という伝え方ができます。

「拝見」と同じく、謙譲語は自分を下げて相手を立てる表現ができるので、目上の人や上司にも使えます。

拝見の言い換え表現・類義語

拝見の類義語についてみていきましょう。

確認

「確認」は「事実をはっきり確かめる」という意味です。

ビジネスシーンで使うときは、「(資料やメールなどの内容について)相手の目でも、再度事実をはっきり確かめてほしい」という意味が含まれます。

「確認」は、自分が主体で使うときは「確認いたします」、相手に頼みたいときは「ご確認ください」といった使い方ができます。

査収

「査収」は「書類などをよく調べて受け取る」という意味です。

ビジネスシーンで使うときは、「(資料やメールなどの内容について)よく調べて受け取ってほしい」といった意味が含まれます。

社外や社内で資料やメールを配布したときは「ご査収ください」の一言を添えると、丁寧な言い方ができます。

拝読

「拝読」は「相手を敬い、謹んで読む」という意味です。

ビジネスシーンで使うときは、「(資料やメールなどの内容について)敬意をもって、読ませていただく」といった形で使います。

取引先や顧客から資料を受けとったときは、相手に敬意を払うためにも「拝読します」「拝読しました」という表現方法を使ってみましょう。

ビジネスシーンにおける拝見の正しい使い方

ビジネスシーンで「拝見」を正しく使う方法をみていきましょう。

資料やメールを見たとき

会議や打ち合わせ、商談の場面では、説明の資料を受けとることがあります。

相手が目上の人や上司の場合は、「ありがとうございます、拝見します」と伝えましょう。

また、取引先や顧客からのメールで、資料や内容を確認したときは「〇〇の件(資料やメールの内容)について拝見しました」と伝えることができます。

取引先や顧客に会うとき

「拝見する」という言葉は、人物に会うときにも使えます。

たとえば、取引先の人に会う機会があるときは「〇〇様の元気なお姿を拝見できてうれしく思います」といった使い方ができます。

「拝見」を使うことで、会えてうれしいという気持ちを丁寧に表現できるでしょう。

拝見の間違った使い方

「拝見」の間違った使い方をみていきましょう。

二重敬語になっている

「拝見させていただきます」は間違いです。

「拝見」と「させていただく」は、どちらも謙譲語になるので、二重敬語の表現に当てはまります。

ただ、実際のビジネスシーンでは「拝見いたします」が浸透している場合もあります。

正しくは「拝見します」「拝見しました」ですが、相手によっては失礼だと感じる方も一定数いるそうです。

状況に合わせて使いわけるようにしながらも、本来は「拝見します」の言い方が正しいということを頭に入れておきましょう。

>二重敬語に関する記事はこちら

相手が主体のときは使わない

「拝見」は、自分主体のときに使うため、相手が主体のときに使うのは間違いです。

たとえば、間違った使い方の例として「拝見してください」などがあげられます。

相手が主体になるときは「ご覧になる」が正しい使い方です。

拝見を使うときは、自分主体の動作のときだけにしましょう。

拝見を使った例文

ビジネスシーンで、「拝見」を使うときの例文をみていきましょう。

・先日いただいた資料を拝見しました
・先ほどいただいたメールについて、拝見しました
・貴社のインタビュー記事を拝見し、ご連絡いたしました
・内容を拝見したところ、いくつか修正いただきたい部分がございます
・自社の〇〇支店について拝見しました

目上の人や上司に対して、自分主体の動作のときは「拝見」の言葉を使いましょう。

拝見は自分主体でへりくだるときに使おう

「拝見」は、あくまでも自分主体の動作で使うため、相手主体の動作に使うのは間違いです。

言い換え表現には、「確認いたします」「拝読しました」といった言い方があります。

「拝読」は、資料やメールを見たときに使えるので、覚えておくとビジネスシーンの多くの場面で役立つでしょう。

正しい言葉遣いを身につけて、スムーズなコミュニケーションを実現させましょう。

メールが1/3に減少!カンタン業務連絡なら「Chatwork」


テレワーク下でのコミュニケーションを最適化するには
テレワークがデキる人の 「非同期コミュニケーション」

テレワークやリモートワークなどの環境下では、ツールをつかったコミュニケーションが業務の中心になります。

この資料では、電話やWeb会議などの「同期型コミュニケーション」とメールやビジネスチャットなどの「非同期型コミュニケーション」 を区別し使い分けることで、新しい働き方でコミュニケーションを活性化・効率化する方法を解説します。

【主な内容】

  • テレワークの環境とコミュニケーション
  • コミュニケーションをツールで進化させる
  • 社内コミュニケーションから取り組む

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事