「クリティカル」の意味とは?ビジネスシーンにおける使い方を解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「クリティカル」の意味とは?ビジネスシーンにおける使い方を解説

目次

「クリティカル」という言葉を、日常生活やビジネスシーンで活用したことはありますか。

「クリティカル」は、「批判的な」「危機的な」という意味をもつ言葉で、さまざまな業界で、クリティカルを活用した用語が多く存在しています。

今回は、クリティカルの意味や使い方、クリティカルに関する用語について、例文を交えながら解説します。

クリティカルの意味とは

「クリティカル」は、「批判的な」「危機的な」というふたつの意味がある言葉で、英語の「critical」が語源となっています。

たとえば、特定の物事や事象・人物を否定的な観点でみることを、「クリティカルな視点」と表したり、深刻な問題や致命的な問題を「クリティカルな問題」と表したりします。

ビジネスシーンにおけるクリティカル

ビジネスシーンにおけるクリティカルは、「危機的な」「重大な」という意味で主に使用されます。

たとえば、出来事や案件が切迫して解決すべき問題である状態を、「クリティカルな問題のため、早急に解決するべきだ」などと表現できます。

また、「重大な」という意味で、企業の未来を決定づけたり、取引額の大きかったりするような重要な案件を、「企業にとってクリティカルな案件」などと表すこともあります。

クリティカルは、「批判的な」という意味でも使用されますが、ビジネスシーンでは、客観的な物事を、正しくとらえるという意味で使用されるケースが多いです。

たとえば、「クリティカルに考える」「クリティカルに検討する」などという場合が、それに該当します。

クリティカルの使い方と例文

ビジネスシーンにおけるクリティカルは、前述した「重大な」という意味で使われる場合が多いです。

たとえば、会議や商談・案件などに対して、以下のように活用されます。

  • 本日おこなわれる昼過ぎからの商談は、企業の今後を左右するクリティカルな案件だ。
  • クリティカルな状況を打破して、このプロジェクトを成功に終わらせたい。

また、クリティカルには、「批判的な」という意味もありますが、これは、人事評価や経営会議、今後の目標を立てるときなど、客観的な視点が必要となる場面で活用されます。

  • 10年後の経営目標を立てるためには、現在の状況をクリティカルに判断する対応が欠かせない。
  • クリティカルな視点に立った人事評価は、社員への適正な利益還元につながる。

「クリティカルシンキング」という言葉があるように、物事を批判的な観点で捉え、判断する必要があるシーンなどで活用されると覚えておきましょう。

クリティカルに関する用語

「クリティカル」は、さまざまな業界の、幅広い用語で活用されています。

言葉への理解を深めるために、クリティカルに関する用語についてみていきましょう。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングは、「批判的に思考すること」を意味する用語で、この場合のクリティカルは、「批判的な」という意味で使用されています。

クリティカルシンキングは、物事や事象が正しいのかどうかについて、さまざまな観点から考える必要があるため、より客観的に適切な判断をくだすことができるようになります。

>クリティカルシンキングとは?に関する記事はこちら

クリティカルマス

クリティカルマスは、 製品・サービスが開発され、消費者に徐々に浸透するなかで、普及率が一気に跳ねあがる分岐点を指すマーケティング用語です。

この場合のクリティカルは、「批判的な」という意味で使用されています。

また、一番早く製品を使用するイノベーターと、その次に購入をおこなうアーリーアダプターをあわせると、16%の普及率となり、この確率をクリティカルマスと表現する場合もあります。

>アーリーアダプターとは?に関する記事はこちら

クリティカルケア

クリティカルケアは、医療業界で使用される用語で、危機的な状態である患者の治療をすることです。

この場合のクリティカルは、「危機的な」という意味です。

クリティカルエラー

クリティカルエラーとは、IT業界で使われる用語で、ソフトウェアやコンピューターにとっての危機的なエラーを指します。

この場合のクリティカルは、「危機的な」という意味で使用されます。

再起動できなかったり、復旧が困難であったりするほどの、危機的な状態に陥っているときに使用され、クリティカルエラーになると、復旧はほとんど不可能な状態といえるでしょう。

クリティカルポイント

クリティカルポイントには、ふたつの意味があります。

ひとつ目は、気体が液体に変わる際の体積と圧力を指す点を意味し、この意味が派生して、ふたつ目の意味ができました。

ひとつ目の意味が派生してできたふたつ目の意味は、ある物事が限界に達する時の部分を指す「限界点」を意味し、主にビジネスシーンで使用されています。

ビジネスシーンにおける「クリティカルポイント」は、システムの容量の空きがなくなる限界の部分や、ある倉庫に対して収容できる在庫の量の限界量を表すときなどがあります。

クリティカルヒット

クリティカルヒットとは、ビジネスシーンではネガティブな意味で使われるケースが多く、致命的なミスや、危機的なダメージという意味を表します。

また、RPGやゲームなどで、敵を倒すときに大きなダメージを与える攻撃を「クリティカルヒット」という場合もあり、こちらの方が一般的に知られている意味といえるでしょう。

「クリティカルヒット」は、会心の一撃や致命的な攻撃と言い換えることもできます。

ビジネスコミュニケーションには「Chatwork」

「重大な問題」や「危機的な問題」を指すクリティカルは、ややネガティブな意味と捉えられがちですが、ビジネスシーンにおいては、「客観的な物事を、正しくとらえる」という意味で使用されるケースが多いです。

そのため、「クリティカルな視点」や「クリティカルな問題」などの言葉を、ネガティブな意味に捉えず、前向きな気持ちでとらえるように意識してみましょう。

クリティカルな状況やクリティカルな問題を起こさないためには、従業員同士の密なコミュニケーションや、ミスコミュニケーションの排除が必要不可欠です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、離れた場所にいても、円滑なコミュニケーションを実現するビジネスツールで、近年、さまざまな企業に導入されています。

「Chatwork」は、電話やメール、FAXなどの従来のビジネスコミュニケーションの手段と比較して、スピーディに簡単にコミュニケーションがとれるメリットがあり、テレワークやリモートワーク中でも、ストレスの少ないやりとりが可能です。

>Chatworkの活用事例

「Chatwork」は、無料で使用を開始でき、システムが苦手な方や、はじめてビジネスチャットを使う方でも、簡単に扱えるシンプルな仕様です。

まずは、チームや部署などの単位から使いはじめ、コミュニケーションの変化や活性化を、ぜひ実感してみてください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事