自己研鑽とは?意味や使い方、自己啓発との違いを解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
自己研鑽とは?意味や使い方、自己啓発との違いを解説

目次

自分のスキルや能力などを鍛え、磨きをかけることを「自己研鑽」といいます。

ビジネスパーソンが自己研鑽に取り組むと、視野を広げることができたり、キャリアの選択肢が広がったりなどのメリットがあります。

では、自己研鑽にはどのように取り組めばいいのでしょうか。

今回は、自己研鑽をおこなう方法や成功させるポイント、また自己啓発との違いなどを解説します。

自己研鑽の意味とは

「自己研鑽(じこけんさん)」は、自分のスキルや能力などを鍛え、磨きをかけることを意味する言葉です。

自己研鑽の「研鑽」は、「学問などを磨き、深めること」を意味する言葉で、「研鑽を積む」のように、「研鑽」単体でも使用できます。

自己研鑽は、主体的に能力向上を目指す取り組みにより、さまざまなメリットがあるとして、ビジネスシーンでも重要視されています。

自己研鑽の使い方

「自己研鑽」は、自分の能力を高めたいと思ったり、仕事への意欲をアピールしたりする際に適切な表現です。

スマートに使いこなせるように、使い方を確認しておきましょう。

「自己研鑽」は、下記の表現でよく使われます。

  • 自己研鑽に励む
  • 自己研鑽を積む
  • 自己研鑽を重ねる
  • 自己研鑽に取り組む

たとえば、上司から新たな仕事を任された際に、「自己研鑽に励み、プロジェクトの成功を目指します」などと返答すると、前向きに取り組む姿勢をアピールできるでしょう。

自己研鑽を使う際の注意点

自己研鑽は、他者が強要するものではなく、自分が主体的におこなう取り組みのため、他者に対して「自己研鑽」を使う際は注意が必要です。

「自己研鑽」は、自分の能力を鍛え、磨きをかける行為のため、自分に対して「自己研鑽に励む」や「自己研鑽を積む」と表現しても問題はありません。

しかし、他者に対して「自己研鑽しましょう」「自己研鑽が足りません」などと使うと、人によっては上から目線に感じられたり、過度なプレッシャーになったりして、不快な思いをさせる恐れがあります。

「○○さんは自己研鑽を重ねている」「○○さんは、日々自己研鑽に励んでいる」のように、他者の自己研鑽について触れる使い方は問題ありません。

自己研鑽と自己啓発の違い

自己研鑽と混同しやすい言葉として「自己啓発」があげられます。

「自己啓発」は、自分の能力を向上させたり、精神的な成長を目指したりする取り組みを意味する言葉です。

そのため、自己研鑽と自己啓発は、「自身の能力を向上させる」という意味合いは同じですが、自己啓発には「精神的な成長を目指す」取り組みも含まれている点に違いがあります。

「自己啓発のために自己研鑽を重ねる」と考えるとわかりやすいでしょう。

自己研鑽に取り組むメリット

自己研鑽への取り組みは、ビジネスシーンで役立つさまざまなメリットがあります。

  • 視野が広がる
  • 経験値が上がる
  • キャリア選択の幅が広がる

詳しくみていきましょう。

視野が広がる

自己研鑽に取り組み、スキルや能力が向上すると、視野が広がるため、仕事で活かせるアイデアや解決策を多く考えられるようになるでしょう。

視野が狭まっていたり、偏っていたりすると、一部の物事にしか目を向けられないため、柔軟な対応や考え方ができず、行き詰まる恐れがあります。

しかし、視野が広がれば、物事を多角的に考えられるようになり、窮地を脱する打開策や、革新的なアイデアを生み出せ、問題解決や生産性向上などにつながる可能性があります。

>アイデア出しの手法に関する記事はこちら

経験値が上がる

自己研鑽をおこなうと、スキルや能力が向上するため、任される仕事のレベルも上がると考えられます。

任される仕事のレベルが高まれば、新たな経験を積めたり、難易度の高い業務に挑戦できたりするため、自分の経験値を向上できるでしょう。

また、仕事のレベルが上がると、成長の機会を得られて、再度自己研鑽に取り組むという好循環もうみだせるかもしれません。

キャリア選択の幅が広がる

自己研鑽の積み重ねにより、スキルや能力を向上させられると、キャリアの選択肢が広がります。

たとえば、専門家として活動できるようになったり、未経験の業種でも通用したりして、目指していたキャリアを歩めるようになるかもしれません。

また、自己研鑽に励む姿勢は、意欲的な印象を周囲に与えるため、その点が評価され、新たなキャリアパスの提示も期待できるでしょう。

自己研鑽をおこなう方法

自己研鑽に励むと、視野やキャリアの選択肢が広がったり、経験値の向上が実践できたりします。

では、自己研鑽にはどのように取り組めばいいのでしょうか。

今回は、自己研鑽の方法の一例として、以下の3つの方法を紹介します。

  • 情報収集をおこなう
  • 資格を取得する
  • 勉強会やセミナーに参加する

自己研鑽は、スキマ時間でも実施が可能です。

自分にあった方法で自己研鑽に励んでみましょう。

情報収集をおこなう

インターネットや書籍などで、自分の能力向上につながる情報を収集しましょう。

とくにインターネットは、最新の情報がリアルタイムで掲載されるため、情報感度を高くして、ニュースやSNSをチェックすることをおすすめします。

情報収集は、通勤時間や家事の合間など、スキマ時間にもおこなえます。

時間を有効活用する意識をもち、日々自己研鑽に励みましょう。

>情報収集の方法と手順に関する記事はこちら

資格を取得する

資格取得に向けた学習も、自己研鑽のひとつです。

資格の取得を目標にすると、ゴールが明確になるため、意欲を保ち、継続的に学習できるようになるでしょう。

自己研鑽に励もうと思っても、目標がないと具体的になにをしていいかわからず、頓挫してしまう恐れがあります。

しかし、資格取得という目標があれば、やるべき事柄が明確に把握できたり、資格取得できた場合にスキルアップを実感できたりするため、モチベーション高く取り組めるでしょう。

勉強会やセミナーに参加する

勉強会やセミナーへの参加は、自分が知らなかった情報や知識を習得できたり、意欲の高い参加者とつながりをもてたりするため、スキルの向上と人脈の形成に効果的な方法です。

インターネットで検索すると、自分が能力を高めたい業界や、興味のある業界に関する勉強会やセミナーの開催情報を得られるでしょう。

近年は、オンラインでおこなわれるウェビナーも増えているため、移動時間や場所の制限をうけず、参加しやすいです。

>ウェビナーとは?に関する記事はこちら

自己研鑽を成功させる6つのポイント

自己研鑽に励みたいと思っても、意欲が途切れてしまったり、なかなか集中できなかったりなど、失敗してしまう人も多いでしょう。

自己研鑽を成功させるためには、いくつかのポイントをおさえておくことが重要です。

今回は自己研鑽を成功させるポイントを6つ紹介します。

  • 明確な目的をもつ
  • 基礎を大切にする
  • 自己分析を徹底する
  • 他人の意見を受け入れる
  • 失敗を恐れない
  • モチベーションを維持できる工夫をする

自己研鑽に取り組む際は、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント(1):明確な目的をもつ

自己研鑽をおこなう際は、明確な目的をもつことが大切です。

自分が高めたいスキルや、スキルの向上により成し遂げたい事柄などを明確にし、目標として設定しておくと、モチベーションを高く保ったまま、自己研鑽に取り組めるでしょう。

ポイント(2):基礎を大切にする

早く能力を向上させたいからといって、自分のレベルにあっていない資格の取得を目指したり、セミナーに参加したりしても、上手くいかない可能性が高いです。

まずは、自分が向上させたいスキルや能力の基礎を固めることを意識し、基礎が盤石になったところで、次のレベルに進んでいくようにしましょう。

ポイント(3):自己分析を徹底する

自分の能力やスキルを正しく把握するためにも、まずは自己分析に取り組みましょう。

目標やゴールの設定による意欲の向上は重要ですが、自分の現状を把握できない限り、なにから取り組むべきかを設定できません。

まずは、自己分析を徹底し、自分が力を入れて学習すべき能力の洗い出しをおこないましょう。

ポイント(4):他人の意見を受け入れる

自己研鑽を成功させるためには、他者の意見を素直にうけいれ、活かしていく行動もポイントです。

自分で考えて行動に移す行為は、主体的でよい取り組みですが、客観的に見ると効率のよい方法がほかにあったり、間違っていたりする可能性もあります。

そのため、他者からアドバイスや意見をもらった際には、素直に聞き入れ、取り組みに活かし、自己研鑽の効果を高めていきましょう。

ポイント(5):失敗を恐れない

失敗を恐れてばかりいると、なにも行動に移せず、自己成長の機会を逸してしまいます。

自己研鑽の方法のなかには、資格取得など、失敗する可能性があるものもありますが、課題への挑戦により自信につながったり、知識を得られたりします。

失敗は恥ずかしいことや恐れることではなく、自分の糧になる経験だと前向きにうけとめて、行動に移していくようにしましょう。

ポイント(6):モチベーションを維持できる工夫をする

達成したい目標が高すぎたり、そもそも目標がなかったりすると、モチベーションを維持できなくなる恐れがあります。

自己研鑽を継続するためには、達成可能な最終目標やゴールを設定し、所々にマイルストーンを置くと、モチベーションの維持につながりやすいです。

最終目標以外に、小さな目標やマイルストーンを設定し、達成により充実感や達成感を得られるため、モチベーションの維持につながり、最終目標まで意欲的に自己研鑽を重ねることができるでしょう。

>マイルストーンとは?に関する記事はこちら

自己研鑽の目標管理に「Chatwork」

自己研鑽とは、自分のスキルや能力を鍛え、磨きをかけていく取り組みをいい、視野が広がったり、経験値があがったりなどのメリットがあります。

自己研鑽を成功させるには、モチベーションを維持を目的とした小さな目標の設定や、達成の積み重ねが大切ですが、ビジネスチャット「Chatwork」の活用で、この目標管理を効率的に実施できます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、チャット形式でやりとりができるビジネスツールで、ビジネスシーンのコミュニケーション円滑化に便利に活用できます。

「Chatwork」には、チャット機能以外に、タスク管理機能やファイル管理機能などが搭載されているため、マイルストーンや達成期日を設定すれば、自分がいつまでになにをすればいいかを可視化でき、自己研鑽に取り組みやすいです。

また、マイルストーンを達成したときには、タスクを完了すると自分がもつタスクが減っていくため、最終目標達成に向けて一歩ずつ前進していることを実感できます。

業務でのコミュニケーションだけでなく、自己研鑽にも便利な「Chatwork」を、ぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

自己研鑽に関するQ&A

自己研鑽とは?

自己研鑽は、自分のスキルや能力などを鍛え、磨きをかけることを意味する言葉です。

自己研鑽を重ね、能力向上を目指すことで、視野を広げることができたり、キャリアの選択肢を広げることができたりするため、ビジネスシーンでも重要視されています。

自己研鑽を成功させる方法とは?

自己研鑽に励みたいと思っても、意欲が途切れてしまったり、なかなか集中できなかったりなど、失敗してしまう人も多いでしょう。

自己研鑽を成功させるためには、明確な目的をもったり、モチベーションを維持するための工夫をしたりなど、いくつかのポイントをおさえておくことが大切です。

関連記事