「承服」の意味とは?「承服しかねる」の使い方、類語を例文付きで解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「承服」の意味とは?「承服しかねる」の使い方、類語を例文付きで解説

目次

「承服」は、「相手の意見に納得して従う」という意味がある言葉で、「承服しかねる」という否定形での使用が一般的です。

円滑なコミュニケーションを実現するためにも、「承服」の意味と使い方、類語を例文付きで解説します。

「承服」の意味とは?

「承服(しょうふく)」は、「相手の意見に納得して従う」という意味をもつ言葉です。

「承」には、「相手の意見を受け入れる」という意味があり、「服」には「従う」という意味があります。

ビジネスシーンでは、相手の提案を了承する場面で多く使われています。

「承服しかねる」の使い方と例文

「承服」の言葉は、肯定形よりも、「承服しかねる」という否定形の使用が一般的です。

どのように活用するのかを知るためにも、「承服しかねる」の使い方を、例文を交えて見ていきましょう。

承服いたしかねます

相手の提案を受け入れられないときは、「承服いたしかねます」という使い方をします。

例文は、以下の通りです。

  • ご提案いただいた企画ですが、承服いたしかねます。
  • 契約後の解約については、承服いたしかねます。

ただし、否定の意味合いが強く、使いすぎると相手に不快な印象を与える可能性がありますので、何度も使わないように、注意しましょう。

承服しかねる

否定形で使う場合、「承服しかねる」という表現も使用できます。

  • 納期変更の件ですが、スケジュールの都合上、承服しかねる旨をお伝えいたします。
  • 上司にも相談いたしましたが、ご提案いただいた条件は承服しかねる内容でした。

「承服しかねる」は、「承服いたしかねます」よりも、否定の意思が強く現れた言い回しです。

そのため、印象を悪くしないためには「承服いたしかねます」のように、丁寧な表現を用いると、コミュニケーションを円滑に進められるでしょう。

「承服」を使う際の注意点

「承服」は、肯定形で使うことが少ない言葉です。

前述した通り、「承服いたしかねます」「承服しかねる」など、否定形での使用が多い点を覚えておきましょう。

また「承服」は、メールや文書などの文語(書き言葉)で使う事例が一般的で、口語(話し言葉)には適さない表現です。

ほかにも、「承服」はかしこまった場面で使いますが、上司との業務のやりとりなどには、使わない傾向があります。

ビジネスシーンで「承服」の旨を伝えたい際は、後述する言い換え表現をうまく使い、円滑なコミュニケーションを目指しましょう。

>話し言葉と書き言葉の違いとは?に関する記事はこちら

「承服」の類語と言い換え表現

前述した通り、「承服」は、やや活用シーンが限られる表現のため、類語や言い換え表現を覚えておくと、表現の幅が広がりコミュニケーションの質を高められます。

本記事では、「承服」の類語・言い換え表現として、以下の4つを紹介します。

  • 承知
  • 賛成
  • 承諾
  • 了承

例文付きで、それぞれの表現の意味を確認していきましょう。

承知

「承知」は、「相手の要求を聞き入れる」という意味があり、ビジネスシーンでは「相手の話を理解した」という場面で使用できます。

「承服」の場合、相手の提案を受け入れる意味がありますが、「承知」は内容を理解したものの、必ずしも提案を受け入れるわけではないという点で、意味が異なります。

「承知」は、取引先や上司など、目上の相手に対しても、問題なく使用できます。

  • 承知いたしました。○○にも変更の旨を申し伝えます。
  • 承知いたしました。来週の会議はx時に変更いたします。

>「承知いたしました」の正しい使い方に関する記事はこちら

賛成

「賛成」には、「人の言動を認めて、同意する」という意味があります。

「賛成」は、相手の意見を受け入れるときに使います。

「承服」は主に否定形で使われますが、「賛成」は一般的には肯定形で使われます。

  • ○○様の意見に賛成です。
  • 提案について、私は意見Aに賛成いたします。

承諾

「承諾」には、「相手の意見を聞いて、受け入れる」という意味があり、相手の提案を前向きに受け入れる場面で使われる表現です。

「承服」は否定形で使われる事例が多いですが、「承諾」は積極的に提案を受け入れるという意味で多く使われます。

  • ○○様から、承諾をいただきました。
  • A社の提案について、担当者から承諾が得られました。

了承

「了承」には、「事情をよく理解して納得する」という意味があり、相手の意見だけでなく、事情や立場など、背景を理解したうえで受け入れるという意味で使う表現です。

「承服」は、自分のほうが目下の場合、相手を立てる場面で使われますが、「了承」は相手よりも立場が上の場合に使う言葉です。

状況によっては、相手に不快な印象を与えてしまう恐れがあるため、立場にあわせて使うようにしましょう。

  • 次回の会議の日程ですが、x月x日で了承しました。
  • 先日お話しした件について、ご了承いただけますでしょうか。

「承服」の対義語

最後に、「承服」の対義語についてもみていきましょう。

不服

「不服」には、「納得ができず、不満に思う」という意味があります。

ネガティブな印象を与える言葉のため、ビジネスシーンにおける使用は避けましょう。

  • △△の件について、不服を口にした。
  • ○○さんは、不服そうな表情をしている。

拒否

「拒否」には、「要求や提案を聞き入れないで断る」という意味があります。

  • ○○さんの意見は、納得できないため、拒否した。
  • 相手の提案を拒否する。

ビジネスシーンで安易に使ってしまうと、相手との雰囲気が悪くなる恐れがあるため、使用する際は注意するようにしましょう。

ビジネスコミュニケーション円滑化に「Chatwork」

「承服」は、「承服しかねる」のように基本的には否定形で用いられる言葉です。

正しい意味を確認したうえで、適切な場面で使うようにしましょう。

また、「承服」は、やや堅苦しい印象を与える表現で、使える場面も限られるため、類語や言い換え表現を覚えて、円滑なコミュニケーションを実現できるようになりましょう。

ビジネスシーンのやりとりを、円滑にスピーディに進める方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用もおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式でやりとりができるビジネスツールで、1対1はもちろん、グループチャットを作成すれば、複数人や全社員でも簡単にコミュニケーションをとることができます。

たとえば、取引先とのやりとりに使ったり、全社員への情報共有に使ったりなど、ビジネスシーンのコミュニケーション円滑化に貢献します。

「Chatwork」は、無料で使いはじめることができます。

ぜひ、ビジネスコミュニケーション円滑化に、「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

Chatworkの使い方がこれ一冊でまるわかり
Chatworkまるわかりガイド

これからChatworkを使いたい方、すでにChatworkをご利用中のユーザーの方向けに、Chatworkの使い方を解説します。

この資料を見るだけで、Chatworkの基本機能と操作方法がまるわかりです。

社内向けの簡易マニュアルとしても利用いただけます。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

「承服」の意味に関するQ&A

「承服」の意味とは?

「承服(しょうふく)」は、「相手の意見に納得して従う」という意味をもつ言葉です。

「承」は「相手の意見を受け入れる」、「服」は「従う」の意味をもっています。

関連記事