ICTスキルとは?ICTスキルが求められる背景やICTスキルの習得方法

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ビジネスや業務を円滑におこなうために、ICTスキルが求められる場面も多くなってきています。

しかし、ICTスキルを明確に示せないことが多く、なかなか人材を集めにくい部分もあるかもしれません。

ICTスキルを持つ人材を育てるためには、ICTスキルの概要を把握し、どのようにすれば従業員がICTスキルを習得できるのか考える必要があります。

ICTスキルとは

ICTスキルとは、デジタルデバイスやデジタルツールといったテクノロジーを有効に活用するスキルのことです。

インターネットが発達した現代では、日常生活だけでなく、医療、教育、工場などあらゆるシーンでICT化が進んでいます。

業務の効率化や生産性の向上など、ICTスキルを有する人材は、ビジネスシーンでも欠かせない存在となっています。

また、ビジネスシーンでもICT活用やICTスキルを求められる場面が増えたことで、ICTスキルを持つ必要性も高まっているといえるでしょう。

ICTスキルの種類

ICTスキルと一言でいっても、ビジネスで役に立つICTスキルの種類はさまざまです。

データを活用できるICTスキル、デバイスを正確に扱えるICTスキルなど、ICTスキルの種類を確認しましょう。

データの収集・分析スキル

ICTスキルを代表するのが、データの収集や分析をおこなうスキルです。

消費者行動の多様化や、競合他社が増加しているなかで、マーケティング・営業活動では、データを有効に活用することが重要となりました。

インターネット上で、顧客の属性・行動・嗜好といったデータを収集し、ターゲットに最短で届けることが売上につながります。

自社のペルソナとなるターゲットを見つけ出すためにも、ICTツールを活用できるスキルが必要とされています。

デバイス・ツールを扱えるスキル

業務の生産性や効率性を向上させるためには、デバイスやツールを取り扱えるICTスキルが必要です。

PC、タブレット、スマートフォンといったデジタルデバイスだけでなく、専用のソフトウェアやアプリケーションなど、正しく使えないと業務に活用できません。

また、デジタル化IT化ペーパーレス化といった取り組みが進む中で、デバイス・ツールを正確に扱えるスキルが求められます。

プログラミングスキル

必須のICTスキルではありませんが、プログラミングスキルも注目されています。

プログラミングスキルがあると、論理的思考力や問題解決能力が養われ、その時々に合わせて柔軟な対応ができるようになります。

将来的なIT人材を確保する目的もありますが、プログラミング習得者の思考力もビジネスシーンに必要です。

ICTスキルが求められる背景

ICTスキルが企業の現場で求められているのは、どのような背景があるのでしょうか。

あらゆる観点から、ICTスキルが必要とされている理由を解説します。

業務の効率化

ICTスキルが求められている背景に、業務の効率化が挙げられます。

ICTのスキルでも解説したように、データを活用したマーケティングや、営業活動に重要とされています。

従来のアナログ的な方法では、正しいデータを習得しにくいだけでなく、データを取り扱うだけで多大な時間が必要でした。

ICTスキルを持つ人材がいると、デジタルテクノロジーを活用し、業務の効率化にもつながります。

さまざまな働き方の実現

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策や、働き方改革が進むなかで、テレワーク、在宅勤務などの働き方が注目されています。

しかしながら、オフィス同様に働けるようにするため、ICT環境を整備しなければなりません。

従業員がICTスキルを備えていなければ、ICTデバイスやツールを使いこなせず、業務に支障が出ることも考えられます。

時代に沿った働き方を実現するためにも、従業員がICTスキルを身につける必要性が高まっているでしょう

企業価値の向上

ICTスキルを有する人材が多くいることで、企業価値の向上につながります。

将来的にもインターネットを活用したビジネスが必要とされており、ICTスキルが必然的に求められるためです。

競合他社との優位性に立つためにも、ICTスキルを備えた人材を育てなければなりません。

多くの社員がICTスキルを持っていることで、IT活用という面だけでなく、多様な働き方や業務効率化も実現できるようになれば、働きやすい企業としての価値も高まるでしょう。

ICTスキルを習得する方法

ICTスキルを有する従業員が揃っていることで、企業全体にメリットを生み出します。

ICTスキルを身につけるために、必要な方法を解説します。

従業員向けの研修を実施する

ICTスキルを習得するには、従業員向けの研修を実施することが手段となります。

もちろん、従業員が独学でICTスキルを身につけることも可能ですが、自身で学習できない従業員にとって研修は重要な機会です。

とくに、これまでICTデバイス・ツールを扱ったことがない高齢者層や、苦手な従業員は、会社からのサポートが必要です。

全従業員がICTスキルを身に付けられるように、企業一丸となって取り組みましょう。

段階的にICTを導入する

一度にICT化をする前に、段階的に進めることで、従業員がICTに慣れやすい環境を作り出せます。

ICTスキルがない従業員にとって、一度にICT化を進めると、追いつけなくなる可能性があるためです。

まずは、ICTデバイスを整備し、段階的にICTツールやソフトウェアなどを導入しましょう。

他社の事例を参考にする

従業員がICTスキルを習得するためには、他社の事例を参考にすることも重要です。

業務でどのようにICT化を進めることを参考にし、自社に反映させることで、効率的にスキルを身に付けられるようになります。

たとえば、日常的なコミュニケーション機会を増やすために、チャットツールやWeb会議システムなどを導入し、従業員がICTツールを活用できる環境を用意しましょう。

ICTスキルを習得して生産性を高めよう

ビジネスチャット「Chatwork」は、従業員同士や上司との情報共有やコミュニケーションに便利なツールです。

チャット形式でコミュニケーションを交わせるため、ICTスキルを身につける初期段階の導入にも適しています。

また、Chatworkには、Web会議システムも搭載しており、テレワーク環境でのコミュニケーションも快適におこなえます。

ICTスキルを身につけるなかで、日常的に利用するコミュニケーションツールからの導入はハードルも低くなり、ICTに監視て質問をしやすい環境づくりにも、Chatworkの導入から始めてみてはいかがでしょうか。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

これからデジタル化を進めたい方へ
中小企業の「デジタル化」

デジタル化にはさまざまなメリットがあります。DX(デジタルトランスフォーメーション)に先立つ取り組みとしてもデジタル化の推進は重要です。

一方、デジタル化を進める具体的な取り組みは、各企業や組織によって異なります。自社が進めるべき「デジタル化」とは何か、質問リストで確認しましょう。

【主な内容】

  • 「デジタル化」の課題と目的
  • 「デジタル化」が可能な業務を知る質問リスト
  • 「デジタル化」の習慣を身につける

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事