ミス防止の対策の具体例を対策すべきミスの種類と合わせて解説

業務効率化
AWAY

目次

仕事のミス防止対策は、作業効率化や生産性をあげるために取り入れる必要があります。

ミスが多い現場は、取引先や顧客からのクレームが届く原因になるため、改善策を検討することが重要です。

まずは、作業中に起きやすいミスの種類を知ると、対策を取り入れやすくなるでしょう。

従業員の能力を引き出せる環境づくりを進めるためにも、企業が取り組めるミス防止の対策を解説します。

防止すべきミスの種類

職場で起きやすいミスには、いくつかのパターンがあります。

社内で対策を打つためにも、職場で防止すべきミスの種類を見ていきましょう。

確認不足・作業ミス

仕事の慣れや不注意で確認を怠ってしまうと、内容や数字の間違いが起きやすくなります。

また、作業内容を理解しているときも、操作方法や進め方でうっかりミスが起きる場面も出てくるでしょう。

確認不足や作業ミスは、社内で起こりやすいミスの種類に当てはまるため、体制を整えて防止する対策が求められます。

スキル不足・思い込みによるミス

入社したばかりの従業員は、業界の経験や知識が不足すると、仕事を進める上で必要な能力が足りずにミスにつながる場面が出てきます。

また、上司からの指示の意図を間違えて解釈してしまい、仕事の進め方でミスが発生する場合もあるでしょう。

スキル不足や思い込みによるミスの種類は、現場の教育体制や業務体制が整っていないときに起こりやすくなるため、作業効率化のためにも防止する改善策が必要です。

疲労によるミス

仕事に集中力がなくなり注意散漫になると、慣れている作業でもミスが発生しやすくなります。

  • 営業時間外の労働が続いて過労になっている
  • 休憩時間を取らずに作業を進めている
  • 上司の高圧的な態度に緊張や疲れを感じている

職場の人間関係にストレスを感じていたり、仕事時間の適度な休憩が不足したりするとミスが起きる原因になるでしょう。

疲労から起きるミスの種類は、職場全体の業務体制を見直して負担が偏り過ぎないように配慮する対策が求められます。

コミュニケーション不足によるミス

従業員の報連相がとどこおって意思疎通がスムーズに進まないときは、ミスが起きやすくなります。

たとえば、締切や指示の変更を共有できておらず、周りが知っている前提で進めてしまうと、再度対応が必要な原因につながるでしょう。

コミュニケーション不足から起きるミスの種類は、職場内の連絡系統や指示体制を見直す必要があります。

ミス防止対策の例:確認不足・作業ミスへの対策

職場で再確認する体制を整えると、確認不足や作業ミスによるトラブルを防ぎやすくなります。

具体例としてどのように取り入れるのか、方法を見ていきましょう。

ダブルチェックを取り入れる

担当者が仕事を完了したときは、送信や納品前に段階を踏んで別の担当者にチェックを進めてもらいましょう。

ひとりだけの確認で気づかなかった部分も、別の従業員に確認してもらうことで、事前にミスを発見しやすくなってトラブルを防げます。

ダブルチェックのルールを決めてマニュアルを作成しておき、チェックした担当者のサインを書き込む方法がおすすめです。

作業工程で取りこぼしやミスが発生しないように、確認ミスや作業ミスの防止策としてダブルチェックを取り入れてみてください。

ミス防止対策の例:スキル不足・思い込みによるミスへの対策

現場の教育体制が整っていると意思疎通がスムーズになり、安心して仕事に取り組みやすくなります。

ミス防止対策の具体例として、どのような進め方を取り入れるとよいのでしょうか。

マニュアルを作成・教育体制を整える

従業員のスキルを確実に伸ばせるように、職場の制度を整えて継続的に教育する体制を整えます。

OJTやメンター制度を取り入れると、新入社員の疑問や不安を解消しながら、段階を踏んで成長できる機会につながるでしょう。

現場の作業効率化を図るには、ルーティン業務のマニュアルを作成しておくと、ミス防止や思い込みによる作業ミスを減らす工夫にできます。

スキル不足や思い込みによるミスを防止する対策には、現場で仕事の指導や教育を適切に進められる体制を整えましょう。

ミス防止対策の具体例:疲労によるミスへの対策

仕事の疲労が重なると、従業員の不調やケガにつながる可能性があるため、適度に休憩や休息を取り入れる必要があります。

疲労からミスにつなげないためにも、職場で取り組める防止対策の具体例を見ていきましょう。

休憩時間と作業時間のメリハリをつける

仕事時間に適度な休憩を取り入れると、モチベーションの維持や集中力の持続につながります。

昼休憩のまとまった休み時間は、基本的に仕事に取り組まないようにするなど、作業時間とメリハリをつけてリラックスの時間を意識しましょう。

ミス防止対策の考え方として、企業側から作業時間と休憩時間をわけて考えるように従業員に再度伝えます。

現場の管理職から働きかけて職場に考え方を広めるなど、職場内で声をかけてコミュニケーションを取りながら、疲労によるミスを防止する工夫につなげてみてください。

ミス防止対策の具体例:コミュニケーション不足によるミスへの対策

職場の報連相や情報共有の機会が不足すると、意思疎通ができなくなってミスが起きやすくなります。

社内のコミュニケーション不足から起きるミス防止の対策を見ていきましょう。

報連相を徹底する

職場のミスをなくす基本として、報告と連絡を意識してコミュニケーションの流れをつくることが大切です。

作業工程で気になるポイントがあるときは、上司に確認するとミスに気づくきっかけにつながります。

また、職場や仕事に関する悩みがあるときは、上司や先輩社員に相談して共有しておくと、頭のなかを整理できて本業に集中しやすくなるでしょう。

社内の報連相を徹底すると、コミュニケーション不足から起きるミスを防止する対策につながります。

社内の情報共有を活性化させる

社内の意見交換や情報共有の活性化には、ビジネスチャットの導入でやりとりを進める対策がおすすめです。

  • 仕事の進捗状況をスムーズに伝えられる
  • ミスが起きやすい作業工程を共有できる
  • タスク管理の機能をダブルチェックの確認に活用できる

社内で共有しておきたいポイントをスムーズ確認できて、作業効率化や生産性をあげる取り組みにつながるでしょう。

コミュニケーション不足から起きるミス防止の対策には、ビジネスチャットを使って情報共有を活性化させる工夫を取り入れてみてください。

仕事のミス防止の対策にChatwork

企業が取り組めるミス防止の対策を解説してきました。

確認不足や作業ミスの防止対策には、ダブルチェックを取り入れて未然にトラブルを防ぐ方法を取り入れましょう。

スキル不足や思い込みによるミスには、マニュアル作成や教育体制を整えて対応すると、従業員の成長をうながす方法につながります。

休憩時間と作業時間のメリハリをつけることで、疲労によるミスの防止対策にできるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、コミュニケーション不足によるミスを減らす対策につながります。

社内の報連相や情報共有を活性化させる工夫として、ビジネスチャットを取り入れるのも方法の一つです。

Chatworkは無料アカウント登録し使っていただけます。スマートフォンでも使っていただけますので、ぜひご検討ください。

上手にタスク管理するために必要なプロセスがわかる!
すぐに使える!タスク管理を極める5つのプロセス

日々の業務を効率よくこなすためには、タスク管理を上手におこなうことが必要不可欠です。タスク管理をするためのノウハウを一冊にまとめました。

これを読めば、タスク管理をするプロセスが詳細に分かります。

また、タスク管理をする方法には、紙や付箋などのアナログツールだけではなく、タスク管理向けのソフトウエアなどデジタルツールも存在します。それぞれの利点や使い分け方を理解することで、タスク管理の効率化にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事