タレントマネジメントの効果とは?目的や導入方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

人事施策として、タレントマネジメントが昨今注目を集めています。

企業の成長を促進し、生産性を高める人材を育成することは、非常に重要で、企業にとって欠かせない人事施策です。

タレントマネジメントが注目される背景や導入方法、効果について解説していきます。

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、タレント(従業員)のもつ能力やスキル、経験値などを、重要な経営資源として捉え、適切な人材配置や育成に活かすことで、組織や従業員のパフォーマンス最大化をはかるマネジメント手法のことです。

タレントマネジメントは、具体的に決まったやり方が定まっているわけではないため、企業ごとにタレントマネジメントの実践内容はさまざまです。

タレントマネジメントが注目される背景

タレントマネジメントが、近年注目を集めるようになった背景について見ていきましょう。

 

働き方の多様化

「仕事と家庭を両立したい」、「趣味の時間を大切にしたい」などの、従業員一人ひとりの価値観にあわせて、「フレックスタイム制」や「リモートワーク」など、働き方に多様性が生まれたことで、長時間労働の見直しが企業にとって重要課題となりました。

長時間労働を削減するためには、組織や個々人の生産性を向上させる必要があります。

このような背景から、生産性向上の方法として、個々人のパフォーマンス最大化をはかれるタレントマネジメントの手法が注目されるようになりました。

>多様な働き方とは?に関する記事はこちら

 

市場の変化

テクノロジーの進化で、あらゆる市場でDX化やグローバル化が進み、市場も日々激しく変化しています。

スピーディーかつ、多様なスキルが求められるようになったことで、従業員の能力やスキルを最大限に活かすための手法として、タレントマネジメントが注目されるようになりました。

 

労働人口の減少

少子化の影響により、人材の枯渇状態は深刻な問題となり、優秀な人材を採用することは年々難しくなっています。

このような環境のなかで、採用できた人材の能力を把握し、より大きな成果を出すための手法として、タレントマネジメントが重要視されています。

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントをおこなう最大の目的は、経営目標を達成することです。

企業としての売上アップや、事業の拡大などの経営目標を、人事戦略であるタレントマネジメントを通して実現を目指します。

また、従業員のスキルの見える化や後継者育成計画、サポートツールの導入などを目的として取り組むこともあります。

タレントマネジメントの項目

タレントマネジメントの項目として、「人材の調達」「人材の育成」「適材適所による成果の最大化」「人材の定着」などがあげられます。

各企業が見据えた経営目標に対して、どのようなタレントマネジメントの項目が当てはまるのかを整理し、実施するようにしましょう。

タレントマネジメントの導入方法

タレントマネジメントを導入する際は、いくつかのステップに分けて、導入を進めるようにしましょう。

 

目的を明確化する

タレントマネジメントを導入する際は、目的を明確にしてから導入するようにしましょう。

長期にわたる経営目標を達成するためには、どのような人材が、どのポジションに、どのくらい必要なのかなどの人材戦略を組み立てたうえで、タレントマネジメントを導入することで、効果を発揮しやすくなります。

 

タレント情報を把握する

タレント(従業員)のスキルや長所などの情報を把握し、可視化しましょう。

従業員の情報を把握することで、企業の現状や、課題を把握することができます。

また、従業員の情報を一元管理しておくことで、組織内で人材の組み換えなどを行う際などにも活用することができます。

 

タレントの採用

タレントマネジメントの計画に沿って、採用活動をおこないましょう。

新しく従業員を採用していく方法が中心になりますが、社内の人材から資質のある人材を見つけ出し教育する方法もあります。

また、経営目標の達成を目指すうえで、人材育成にかかる時間やコストはあらかじめ視野に入れておくことが大切です。

 

タレントの活用

採用したタレントを、適切な場所に配置しましょう。

タレントが能力をしっかりと発揮し、今以上に能力を伸ばして行けるポジションに配置することが大切です。

また、優秀な人材については、面談などを通して、本人の希望も取り入れながら、今後のキャリアビジョンを考え、活用することが望ましいです。

 

モニタリングをおこなう

計画から活用までの一連の成果を見るために、定期的にモニタリングをおこないましょう。

タレントマネジメントが成果につながっていない場合は、問題を突き止め、迅速に改善策を練る必要があります。

タレントマネジメントの効果

タレントマネジメントをすることでどのような効果が期待できるでしょうか。

タレントマネジメントによる効果について、具体的に見ていきましょう。

 

モチベーションや満足度の向上

タレントの特性やレベルに合わせて、配置や目標を設定するため、個々人の仕事に対するモチベーションが向上する効果があります。

自分にあったポジションに任命されることで、責任感を持つようになり、企業の目標達成に向けて尽力するタレントが増えます。

また、個々人のもつ能力が最大限発揮されることで、生産性の向上や業務効率改善につながり、会社からの評価を上げることもできます。

評価が上がることで、タレントのモチベーション向上の効果も期待できます。

>モチベーションが低下する原因に関する記事はこちら

 

企業への信頼度向上

タレントマネジメントを取り入れた人事施策を導入することで、きちんとタレント(従業員)のことを考えて人事配置をしていると感じてもらえやすく、企業への信頼度の向上につながる効果があります。

また、企業への信頼度が高まることで、タレント自身も企業を魅力的に感じ、ニーズに応えたいという想いが強まります。

企業とタレントがお互いに信頼し合うことで、互いが成長しあえる関係を構築することができるでしょう。

>エンゲージメントを高める方法とは?に関する記事はこちら

 

顧客満足度の向上

タレントマネジメントには、顧客満足度の向上にも効果があります。

タレントが適切に配置された業務にコミットした結果、長期的な顧客との関係性を構築することができるためです。

顧客満足度の向上は、直接的に企業の業績向上に結びつくため、施策を考えるうえでも重要視するようにしましょう。

また、タレントが配置された環境下で育成され、スキルが向上することにより、仕事の質が高まることも、顧客満足度の向上に関わってきます。

タレントマネジメントの注意点

タレントマネジメントは、導入するだけで効果がでるものではないため、導入する際の注意点を把握したうえで、導入を検討しましょう。

 

目的を明確にする

タレントマネジメントを導入する際は、目的を明確にしましょう。

長期的なスパンで経営戦略を考えた時に、なぜタレントマネジメントを導入し、どのタイミングでどんな目的を達成し、どういう未来を実現したいかまで考えられると効果を発揮しやすいです。

逆に、タレントマネジメントを導入することが目的になってしまった場合、効果を発揮できずに、終わってしまう可能性もあります。

「タレントマネジメントを導入する」という手段が、目的になってしまわないように注意しましょう。

 

マネジメント状況を見直す

現状の人事施策を把握した上で、タレントマネジメントを導入しましょう。

現状社内にどのような課題があり、人事配置はどうなっているのか、どのような人材がいるのかまで把握をしておくことで、タレントマネジメントをスムーズに導入することができます。

タレントマネジメントを導入することで、全ての人事施策が一新するのではなく、もともとの人事施策を見直すことも、タレントマネジメントの手法のひとつだということを念頭においておきましょう。

 

システムが煩雑になる

タレントマネジメントを導入することで、システムが煩雑になる可能性があります。

社内に活用できる情報やリソースがあったとしても、うまく社内連携が取れていないことやルール化されていないことで、管理が煩雑になりがちです。

社内のリソースや人材を最大限に活用するためには、ルール化を徹底しておくことが重要です。

タレントマネジメントの効果を最大化するためには、情報の一元管理も求められるため、導入前にルール化を徹底するようにしましょう。

タレントマネジメントシステムの選び方

タレントマネジメントに特化したシステムを導入することで、スムーズに運用できるようになります。

タレントマネジメントシステムは、特定の分野に特化したタイプなど、さまざまな種類があるため、自社の達成したい目的や課題などを軸に、適切なシステムを選ぶようにしましょう。

タレントマネジメントを正しく理解して活用しましょう

タレントマネジメントの導入は、企業を目標達成に導くだけではなく、タレント自身の満足度や働きやすさの改善にも効果があります。

人事に関わる取り組みは、単発的なものは少なく、長期スパンで見るべきものがほとんどのため、目的を明確にしたうえで実施し、定期的なモニタリングで、効果を確認するようにしましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上で気軽にチャットのやりとりができるため、円滑な人間関係の構築や情報共有にも役立ちます。

タレントマネジメントをスムーズにおこなうために「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事