エンゲージメントとは?ビジネス上の意味や高める方法、必要性を解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

会社のエンゲージメントとは、従業員が会社に対して愛着や貢献したいと思える気持ちがある意味を指します。

社内のコミュニケーション活性化や従業員の定着化につながるため、会社に対する思いであるエンゲージメントを高める工夫は重要です。

会社から押しつける形でなく、働く従業員の意思で愛着をもてる状態になることが重要なため、従業員が長く働きたいと思える職場づくりを意識してエンゲージメントを高める必要があるでしょう。

会社のエンゲージメントを高める必要性と方法を解説します。

会社におけるエンゲージメントとは?

エンゲージメントとは、働く従業員が会社に対して愛着の意味をあらわす言葉です。

エンゲージメントが高い職場では、事業内容や取り組みに共感しながら会社の経営陣と従業員同士のコミュニケーションや意見交換が取りやすく、信頼関係を築きながら仕事に取り組みやすい状態といえます。

従業員の意思で貢献したい気持ちや愛着を感じている状態は、エンゲージメントが高い状態といえるため、会社側が努力や工夫を取り入れてエンゲージメントを高められる環境を整える必要があるのです。

>ワーク・エンゲージメントとは?に関する記事はこちら

会社にエンゲージメントが必要な理由

働きやすい職場をつくるためにも、従業員が前向きに働ける環境を整えることが重要です。

会社にエンゲージメントが必要な理由を見ていきましょう。

従業員の定着化と離職率を低下させるため

会社の事業内容に対して愛着をもつ社員が多い職場では、場の雰囲気がよくなって長く働きたいと思える環境につながります。

働く上司や従業員全体のエンゲージメントが高い職場では、人間関係のトラブルが少なく問題が起きてもすぐに対処しやすい環境が整うでしょう。

会社にエンゲージメントが必要な理由には、従業員の定着化と離職率を低下させる意図があげられます。

信頼関係を築いて仕事の生産性をあげるため

仕事の作業効率化を図るには、社内で連携してチームワークを高める必要があります。

エンゲージメントが高い職場はコミュニケーションが活性化しやすいため、報連相が活発になり気軽に意見交換が進めやすいでしょう。

信頼関係を築いて仕事の生産性をあげることが会社にエンゲージメントが必要な理由といえます。

企業が長期的に経営を続けるため

従業員がいないと会社の事業は継続できないため、会社の経営陣から従業員に愛着をもってもらえる工夫を取り入れる必要があります。

私生活とプライベートが両立できる制度が充実していたり、仕事の環境で成長できる仕組みが整っていたりするなど、従業員にとって会社で働くメリットがあることが重要です。

会社にエンゲージメントが必要な理由として、企業の長期的な経営を続けるためにも従業員が満足できる職場づくりに取り組みましょう。

>離職率が高い原因を解消する方法に関する記事はこちら

会社のエンゲージメントを高める効果・メリット

会社の事業内容にやりがいや愛着をもてるようになると、会社や従業員にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

会社のエンゲージメントを育む効果を見ていきましょう。

組織と従業員がともに成長できる

エンゲージメントを高める取り組みは、会社の事業を通して組織と従業員の両方に恩恵があります。

職場がお金を稼ぐ場所だけでなく、社会貢献やスキルアップに取り組める場所として活用できて、従業員が仕事を通して人生を充実させるきっかけにつなげられるでしょう。

会社の経営陣にとっても事業活動を通して達成したい目標に到達しやすくなるなど、組織と従業員の両方が成長につながる場として、会社のエンゲージメントを育む効果が期待できます。

心理的安全性が確保できる

会社に貢献したい意識や愛着がある上司を軸にして、従業員同士のコミュニケーションが活性化できて職場の意見交換が進めやすくなります。

気軽に仕事の課題や問題に対する発信ができるため、仕事の進め方で気になる点があればすぐに改善して対応しやすくなるでしょう。

会社のエンゲージメントを育む効果には、社内の意見交換が気軽に進めやすい心理的安全性の確保につながる点があげられます。

>心理的安全性とは?に関する記事はこちら

従業員が長く働きやすい職場環境になる

エンゲージメントが高まると、職場のコミュニケーションが活性化できて無駄な取り組みをなくして仕事に取りかかりやすくなります。

従業員が会社にとっての利益や貢献活動につながる企画やアイデアを自ら実践したり、お互いに意見を出し合って社内制度を変えたりするなど、受け身でなく積極的に会社を動かせる人材に育つ機会につながるのです。

会社のエンゲージメントを育む効果には、従業員がお金を稼ぐだけではないやりがいを感じながら長く働きやすい職場環境づくりに取り組める点があげられます。

>心理的安全性の作り方に関する記事はこちら

会社のエンゲージメントを高める方法

従業員が愛着をもてる会社を目指すためにも、会社側や経営陣からさまざまな取り組みを実践することが重要です。

会社のエンゲージメントを高める方法を見ていきましょう。

横のつながりを大事にして交流や意見交換を意識する

エンゲージメントを高めるには、職場の上司や先輩にあたる立場の従業員から職場の雰囲気づくりを意識する必要があります。

縦のつながりでなく、お互いが仕事のやりとりで気持ちよく交流するためにも、配慮のある建設的な言葉や態度で接するように意識しましょう。

会社のエンゲージメントを高める方法には、横のつながりを大事にしながら従業員同士の交流や意見交換を日ごろから取り組んでいく姿勢が必要になります。

事業に関する社内イベントや表彰を実施する

会社に対する愛着や貢献の気持ちを高めるには、経営陣に仕事の評価を適切に示してもらう工夫を取り入れることが重要です。

事業に関する社内イベントを定期的に実施したり、成果や業績によって表彰したりするなど、仕事の努力が報われてモチベーションアップにつながる取り組みを実施しましょう。

将来のキャリアやビジョンを描きやすくなる機会につなげるためにも、仕事の社内イベントや表彰などの取り組みの実施が会社のエンゲージメントを高める方法につながります。

業務体制を見直して改善する

会社側や管理職から業務に対する進め方や体制が整うことで、仕事や人間関係にストレスや負担を感じる原因をなくす対策につながります。

たとえば、仕事の労働時間を見直して過労や負担が減らせれば、心のゆとりができて仕事に対する向き合い方を変える機会にできるでしょう。

会社のエンゲージメントを高める方法として、会社に感じるストレスをなくす取り組みの一環に業務体制の見直しや改善に取り組んでみてください。

仕事と私生活が両立できる職場環境をつくる

会社の仕事について考える時間とプライベートの両方が充実できれば、会社に貢献したい気持ちや愛着の気持ちを育みやすくなります。

たとえば、育児休暇や出産休暇、介護休暇などの制度を形だけでなく自由に使いやすい雰囲気や社風だと、ワークライフバランスが整いやすくなるでしょう。

ほかにもテレワークを社内全体で導入すると、通勤時間や準備時間を減らす取り組みができてさまざまな世代が働きやすい環境ができます。

会社のエンゲージメントを高める方法として、仕事と私生活が両立できる職場環境の取り組みを実践してみてください。

ビジネスチャットでコミュニケーションを活性化させる

仕事の作業効率化には、スムーズに情報交換ができて業務連絡が活性化できるビジネスチャットがおすすめです。

部署の社員同士でグループチャットを活用してタスク管理の機能を使えば、お互いのスケジュールを把握できて仕事の調整が進めやすくなります。

会社のエンゲージメントを高めるには、ビジネスチャットで社内の意見交換やコミュニケーション活性化につなげる方法をご検討ください。

>職場環境改善が必要な理由とは?に関する記事はこちら

会社のエンゲージメントを高める施策にChatwork

従業員が長く働きたいと思える会社を目指すためには、会社に愛着をもって働く思いを高める取り組みが重要です。

たとえば、仕事と私生活が両立できる職場環境づくりを始め、社内イベントや表彰の実施、横のつながりを大事に交流や意見交換に取り組む方法などを取り入れてみましょう。

また、ビジネスチャット「Chatwork」を使って、業務連絡やコミュニケーション活性化にさせることで風通しのよい職場につながりエンゲージメントを高めることができるでしょう。

会社のエンゲージメントを高める施策としても、ぜひChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事