デファクト・スタンダードとは?メリットとデメリット、事例を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

デファクト・スタンダードとは、市場競争を勝ち抜いた企業の製品が、事実上業界の標準になることを指します。

デファクト・スタンダードは、翻訳すると「事実上の標準」という意味をもちます。

安定的に市場で優位になれるだけでなく、特許料で利益を獲得できる魅力があるでしょう。

デファクト・スタンダードとは何か、メリットとデメリット、各事例を解説します。

デファクト・スタンダードとは

デファクト・スタンダードとは、市場競争を勝ち抜いた企業の製品が、事実上業界の標準になることを指します。

デファクト・スタンダードは、翻訳すると「事実上の標準」という意味をもちます。

公的な機関の規格を採用しているわけではありませんが、事実上の規格として広まっているものを指します。

対義語のデジュールスタンダード

デジュールスタンダードとは、機関が定める「規格」のことです。

通常の製品においては、JIS(日本産業規格)やISO(国際標準化機構)など、機関が定める「規格」があります。

デファクト・スタンダードは、事実上の規格になるので、公式で決まったわけではなく、デジュールスタンダードの対義語に当てはまります。

デファクト・スタンダードが必要な理由

デファクト・スタンダードが必要な理由としては、市場における技術革新の変化が激しいことがあげられます。

また、公的な規格が認証されるまでに時間がかかるため、デファクト・スタンダードのほうがスピーディーに「事実上の標準」として業界内で認められやすいメリットがあるでしょう。

デファクト・スタンダードとして認められることで、消費者の多様なニーズや市場の変化に対応できるようになり、市場競争において有利な立場を保つことができます。

デファクト・スタンダードのメリット

デファクト・スタンダードとして認められた場合のメリットをみていきましょう。

安定的に市場で優位になれる

デファクト・スタンダードとして認められると、一定の顧客層を獲得できるので、市場における優位性を確保できます。

市場における知名度が高いため、関連商品を販売できるなど、ヒットした商品を足がかりに次の商品開発を進めやすくなるでしょう。

デファクト・スタンダードで市場優位になることで、経営を安定化させる効果が期待できます。

企業同士で協力体制を整えられる

デファクト・スタンダードは、市場競争に勝ち抜くケースもあれば、企業同士で協力して実現することもあります。

協力体制をとる理由として、自社以外の技術をかけ合わせることで、新しい商品開発ができるメリットがあるでしょう。

他社のノウハウを知る機会にもつながります。

特許を使用する際の利益を獲得できる

デファクト・スタンダードが認められることで、ほかの企業からパテント料を獲得できます。

パテント料とは、企業が保有する特許権について、ほかの企業からお金を受けとり特許を使用する許可を与えることを指します。

安定的に市場で優位になれるだけでなく、特許料で利益を獲得できる魅力があるでしょう。

コスト削減になる

デファクト・スタンダードで商品の認知度が高まると、宣伝費などを削減する効果が期待できます。

また、商品を購入した顧客層を分析することで、一からマーケティング分析をかける必要がなくなり、市場調整にかかる費用の削減につながるでしょう。

コスト削減できた分の経費は、新商品の開発にかけられるなど、企業の投資として活用できるメリットがあります。

デファクト・スタンダードのデメリット

デファクト・スタンダードとして認められた場合のデメリットをみていきましょう。

市場独占で問題になることがある

市場を独占してしまうと、独占禁止法に触れてしまう可能性があります。

公正な取引や市場競争の促進につながらないと判断されてしまうと、競合他社から批判される可能性もあるでしょう。

ほかにも、報道機関によって情報発信されることで、顧客から見た企業のイメージが悪くなる可能性も考えられます。

>独占禁止法に関する記事はこちら

消費者には有益でないことがある

デファクト・スタンダードは、必ずしも消費者にとって有益ではないことがあります。

市場で認められているとしても、技術的に優れているかどうかは、デファクト・スタンダードの条件に当てはまりません。

利便性や機能性の面で課題が残ってしまう可能性があるなど、消費者にとって「使いづらい」と感じる商品が出回ることもあります。

デファクト・スタンダードの事例

身近なデファクト・スタンダードの事例をみていきましょう。

DVD・ブルーレイ

テレビ番組など、大容量の映像を録画するときは、DVDやブルーレイを使用する方も多いのではないでしょうか。

過去には、ビデオテープが使用されていましたが、現在はDVDやブルーレイが使用されています。

また、近年では、動画配信サービスの流れに以降しており、時代の流れとともに映像の録画・視聴方法が変化している現状があります。

USB端子

USB端子は、電気関係の機器において、周辺機器をつなぐものとして使われています。

「Type-A」「Type-B」「Type-C」などの形状があり、PCやスマートフォン、モバイルバッテリーなど、日常生活におけるさまざまな機器に活用されている内容です。

時代の流れに合わせて、新しいUSB端子や規格が開発されています。

Windows OS

WindowsのOSは、世界的に使用されており、多くの企業でも導入されています。

関連商品として、オフィスワークの現場に欠かせないMicrosoft officeのWordやExcelなどを販売しており、今でも変わらずに安定的な市場を獲得している事例です。

QWERTY配列

QWERTY(クワーティ)配列とは、PCなどのキーボード配列の種類です。

タイプライター用として配列が採用されたのがきっかけで、そのままPCのキーボード配列にも採用された経緯があります。

現在のキーボード配列においても、QWERTY配列は、デファクト・スタンダードとして採用されています。

デファクト・スタンダードは企業同士の協力が重要

デファクト・スタンダードは、企業同士で協力して開発をおこなうことで、市場競争の争いを避けられるメリットがあります。

また、お互いにノウハウを共有できる機会につながり、新しい商品を開発できるでしょう。

市場独占や消費者の利益につながらない開発を避けるよう注意することも大切です。

デファクト・スタンダードで企業同士の協力体制を図るときは、コミュニケーション手段として、ビジネスチャット「Chatwork」を導入すると便利です。

「Chatwork」のグループチャット機能を使うことで、プロジェクトの進捗や情報共有のやりとりを効率化することが可能です。

> Chatworkのグループチャットに関する記事はこちら

円滑に社外の人とコミュニケーションを図りたいときは、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

Chatworkの社外連携の効果とは?
社外の相手をChatworkに招待する 〜社外連携のすごい効果〜

Chatworkを活用すると、社外の方とのコミュニケーションが簡単に実現します。

招待や登録のプロセスが不要なので、業務効率化にもつながるでしょう。

それでは一体、社外連携をした場合にどのような効果があるのでしょうか?Chatworkを導入している企業が、実際に社外連携をしてみて、どのような効果を実感しているのかについてご紹介します。

社外連携による効果を理解し、ビジネスチャットの更なる活用にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事