企業のボランティアにとりくむ意義とは?メリットや注意点、企業事例を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

企業がボランティア活動にとりくむことで、企業のイメージアップや従業員の満足度を高められることが期待できます。

具体的には、募金・寄付活動や自然保全、災害支援の活動などがあげられるでしょう。

企業のボランティアにとりくむ意義、注意点と企業事例を解説します。

企業がボランティアにとりくむ意義とは

企業の事業内容や資金力を活かしボランティアにとりくむことは、社会貢献のひとつにつながります。

事業活動の継続には、自社の利益を追求するだけでなく、環境や人々への配慮が欠かせません。

事業活動に加えて、ボランティアにとりくむことで、社会全体の発展に役立つでしょう。

また、企業が無償で人々の暮らしのサポートや手助けをすることで、さまざまな人の暮らしを豊かにすることにつながるため、感謝される機会が増えたり、企業イメージの向上につながったりするといった魅力もあります。

企業がボランティアを実施するメリット

企業がボランティアにとりくむと、どのような恩恵を受けられるのでしょうか。

詳細について解説します。

企業のイメージアップにつながる

ボランティアにとりくむ企業は、社会的なイメージアップを図りやすくなります。

自社のホームページで活動を紹介したり、情報メディアで活動がとりあげられたりすると、世間に自社の存在を知らせる機会につながるでしょう。

また、採用活動においては、求職者に企業のことをアピールする材料にできるため、企業によいイメージをもってもらいやすくなり、人材を獲得する機会も増やしやすくなります。

従業員の人材開発に活かせる

企業がボランティアにとりくむことで、業務のスキル向上に役立ちます。

たとえば、海外のNPO法人のボランティアに派遣されることで、現地の人々と交流する機会ができるため、語学力を磨くチャンスにつながるでしょう。

また、業務以外で社内の人と接する機会もできるので、社内全体のコミュニケーションを活性化させる効果も期待できます。

>人材開発に関する記事はこちら

従業員満足度やモチベーションの向上

ボランティアにとりくむことで、従業員が仕事に対する意義を再発見しやすくなります。

たとえば、ボランティアで地域住民と交流するイベントを設けることで、通常の業務とは違う新しい経験を積めるでしょう。

また、社会貢献の活動をとおして、地域住民から感謝の言葉をもらえることがあるかもしれません。

ボランティア活動は「自分の行動が役立つ」という充実感を得やすいので、参加した従業員は満足感を得られます。

その結果、「企業の活動に意味がある」と感じられるようになり、仕事においてのモチベーション向上も期待できます。

企業がボランティアにとりくむ方法

企業がボランティアにとりくむ方法を解説します。

ボランティアの内容を検討する

まずはどのようなボランティアを実施するのか、社内で内容を検討しましょう。

企業全体で実施するのか、各部署で実施するのかなど、企画内容とともに参加者の人数の目安を決めていきます。

内容が思い浮かばないときは、ほかの企業が実施している事例を参考にしながら、自社の事業活動に合うものを選んでみてください。

参加者を募って社内周知する

ボランティアの企画内容を決めたあとは、社内周知して参加者を募集します。

活動日時、実施内容、場所、必要な持ち物など、基本的な情報を記載しましょう。

部署ごとに掲示板に貼って告知するなど、できる限り参加者を集められるように工夫します。

企業のボランティアの例

企業ができるボランティアの例について解説します。

募金・寄付活動

企業のボランティアには、自社の製品を各地に寄付するという方法があります。

たとえば、教育機関に備品を寄付することで、子どもたちの教育に関わる支援を実施することが可能です。

また、国や各団体が実施する企業募金に賛同して、寄付するという方法もあります。

自然保全に関わる活動

企業のボランティア活動において、海や川、森林や動植物など、自然保全に関わる活動を実施する方法もあります。

たとえば、地域社会のゴミ拾いに参加することで、人々が暮らしやすい街づくりや自然環境の保全につながるでしょう。

ほかにも、植林活動で自然を増やす働きかけにとりくむなど、企業ごとにさまざまな内容が実施されています。

教育に関するサポート活動

教育に関わるボランティアでは、企業の社員が教育機関に向けて授業をおこなう、といった活動があります。

授業は事業内容に関わるものが適切で、生徒たちの立場や理解度に合わせた内容を提案しましょう。

災害支援の活動

企業のボランティア活動には、自然災害が発生した地域の支援が含まれます。

たとえば、被災地に自社の商品を支援物資として支給するというとりくみがあげられます。

また、現地に社員を派遣してボランティア活動に参加するなど、現地の復興に関わるさまざまな支援があります。

企業がボランティアにとりくむときの注意点

ボランティアはあくまでも自主性が重要になるので、強制参加の雰囲気をつくらないようにしましょう。

また、勤務時間内におこなう内容なのかどうかを検討し、業務に支障が出ないよう調節することも大切です。

事業活動が忙しくない時期に参加を募ったり、参加者の仕事をサポートできるように配慮したりするなど、管理職が現場を調整してサポートするようにしましょう。

ボランティアにとりくむ企業事例

ボランティアにとりくむ企業事例について解説します。

電気機器事業の事例

電気機器事業の事例では、世界各地に事業を展開している背景もあり、海外に関わるボランティア活動を多くとりくんでいます。

電力に関する支援をおこない、現地に社員を派遣して活用状況を報告するなど、社内全体で支援活動を実施している事例です。

消費財化学メーカーの事例

消費財化学メーカーの事例では、社内にボランティアに関する倶楽部をつくることで、社内全体に支援活動の意識を広めていきました。

小学校に対する出張授業を始め、被災地の支援に関する活動など、社内全体で多くのとりくみを実施している事例です。

企業のボランティアは社会貢献につながる

企業がボランティア活動にとりくむことで、地域社会や世界に向けた社会貢献活動につながります。

また、ボランティアを実施することで、従業員が新しい経験を積む機会ができて、人材開発の効果も期待できるでしょう。

まずは、自社の事業内容から何ができるのか、検討するところから始めましょう。

本記事で紹介した、企業がボランティアにとりくむ方法のうち、ボランティアの企画内容を報せたり、参加者を募るなどの社内周知の際には、ビジネスチャットを活用すると円滑に進めることができるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、電話やメールなどの従来のビジネスコミュニケーションの方法と比べて、チャット形式で気軽にやりとりができるため、円滑なコミュニケーションが実現できます。

たとえば、グループチャットを全社員に向けた情報発信の場として、ボランティアの目的や企画内容をメッセージとして伝えていくことで、会社内で一丸となってとりくむ文化の醸成にもつながるでしょう。

>グループチャットに関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

ボランティアにとりくむ際の社内情報発信手段として、また、円滑なコミュニケーションの実現手段として、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事