ハレーションとは?ビジネス上の意味と使い方、類語を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ハレーションとは?ビジネス上の意味と使い方、類語を解説

目次

「ハレーション」とは、写真や映像分野の専門用語として使われていた言葉ですが、意味が転じて、ビジネスシーンでも活用されるようになっています。

ハレーションは、医療やデザイン分野など、幅広い業界で使用される言葉ですが、業界により、意味の捉え方やニュアンスが異なる言葉のため、使用する際は注意が必要です。

ハレーションの意味や、ビジネスシーンでの使い方と例文、業界別の意味や、類語・言い換え表現を解説します。

ハレーションの意味とは

「ハレーション」は、英単語の「halation」が由来となっている言葉で、写真を撮ったときに時折生じる、強い光が当たった部分が白く濁ったり、部分的にぼやけたりする現象を指した言葉です。

とくに、太陽光を逆光で撮影をしたときに起こりやすく、移す方向やアングルを変更することで、ハレーションを防ぐことができます。

このように、ハレーションは、もともと、写真や映像の分野の専門用語として使われていた言葉ですが、「写真がダメになってしまう」という意味が転じて、近年はビジネスシーンでも使用されるようになりました。

ビジネスシーンにおけるハレーションの意味や使い方について、詳しくみていきましょう。

ビジネスシーンにおけるハレーションの意味

ビジネスシーンにおけるハレーションは、悪影響をもたらすという意味をもっています。

なにかしらのミスやトラブル、また強い言動などが、周囲に悪影響を及ぼすことを、「ハレーションを起こす」「ハレーションが生まれる」などの言い回しで表現されます。

たとえば、工場からの納品が遅れたことで、その後の工程にも遅れが生じ、結果として取引先への納品が遅れてしまうトラブルが発生したとします。

この場合、工場からの納品遅れというひとつのトラブルが影響して、取引先へのお詫びの対応や、納品処理のし直しなど、本来発生しなかった対応が必要になってしまいます。

このように、ひとつのミスやトラブルが影響して、周囲の人や仕事に悪影響を与える状態を、ビジネスシーンでは「ハレーション」と呼びます。

ビジネスシーンにおけるハレーションの使い方と例文

ビジネスシーンにおけるハレーションは、ある言動や事象によって、悪い影響が及ぼされた際に使用できます。

ビジネスシーンにおける「ハレーション」の使い方の例文は以下の通りです。

  • 昨日部内で起きたミスによるハレーションが、今日になっても続いている。
  • 外部イベントでの課長の発言によって、企業の業務にハレーションが起きている。
  • 課で起きた重要書類の紛失によるハレーションによって、今月の残業時間が先月度に比べて30%増加した。

ビジネスシーンにおける「ハレーション」の使い方は、本来の意味が転じてできた意味のため、英語に置き換えて使うことはできない点に注意しましょう。

業界別のハレーションの意味

ハレーションは、写真・映像業界以外にも、IT業界や医療業界、デザイン業界などで使用されています。

しかし、業界によって意味の捉え方が異なるため、使用する際は注意が必要です。

業界別のハレーションの意味についてみていきましょう。

IT業界におけるハレーション

IT業界におけるハレーションは、ひとつの操作やミスで生じる重大な悪影響のことを指します。

たとえば、些細なコードの誤記載によって、システムが正常に動かなくなったり、誤作動が起こったりすることが、ハレーションにあたります。

この些細なミスをリカバーして正常な状態に戻すには、ミスを探し出すための時間や、それにともなう人為的なコストなどもかかるため、システムの不備のみでなく、さまざまな場所に悪影響をもたらします。

ひとつの操作やミスが、大きな悪影響を及ぼす危険性があるIT業界においてハレーションは、より厳しいニュアンスが含まれています。

医療業界におけるハレーション

医療業界におけるハレーションは、MRIやCTなどの画像検査をおこなった際に、人体に埋め込まれている金属やボルトが反射して、光となり写り込んでしまう現象です。

とくに、参照したい部分にハレーションの現象が起きてしまうと、詳細を確認できなくなってしまいます。

正確な判定ができなくなってしまうため、防ぐべき現象です。

デザイン業界におけるハレーション

デザイン業界におけるハレーションは、特定の配色を組み合わせることによって、見た目に違和感が生じる現象のことです。

たとえば、真っ赤・真緑・黄色など、鮮やかな色を組み合わせたものをみて、目がチカチカして、見苦しさを感じたことはないでしょうか。

インパクトが出る配色ではありますが、人によっては不快感や違和感が生じる配色のため、注意すべきとされています。

また、アート業界においては、「ハレーション」をポジティブな意味で用いることもあります。

この場合、強い光によって引き起こされる写真の濁りやぼやけを、「神々しさ」や「眩しさ」として、ポジティブに捉える表現になるため、マイナスに捉えないよう注意が必要です。

ハレーションの類語・言い換え表現

様々な業界で用いられる「ハレーション」は、意味の捉え方を間違えないように、適宜類語や言い換え表現で言い換えて伝えるようにしましょう。

たとえば、写真や映像の撮影で起こるハレーションは、以下のように言い換えることができます。

  • 光暈
  • 光滲(イラジエーション)

光暈は、「こううん」と読み、強い光の周りにみることのできる、白い光のかさのことを指します。

光滲は、「こうしん」と読み、別名でイラジエーションとも呼ばれる、写真撮影によって強い光が当たった部分の周りが黒くなる現象のことです。

また、ひとつの事象が、周囲に悪影響を与えるという意味のビジネスシーンにおけるハレーションは、以下の言葉で言い換えることができます。

  • マイナス効果
  • 逆作用
  • 悪影響
  • 逆効果

複数の意味をもつ言葉は、ミスコミュニケーションのきっかけになる可能性があります。

円滑なコミュニケーションを実現するためにも、適切な類語や言い換え表現を覚えておくようにしましょう。

>ミスコミュニケーションの原因に関する記事はこちら

ハレーションの防止に「Chatwork」

ハレーションは、もともと写真や映像の専門用語として使われていたものですが、意味が転じて、ビジネスシーンでも使用されるようになりました。

業界によって、言葉の意味やニュアンスが異なる言葉のため、状況や利用シーンをよく考え、類語や言い換え表現を適宜活用しながら、使用するようにしましょう。

ビジネスシーンにおいては、さまざまな要因により、ハレーションが起こる危険が潜んでいます。

ひとつの情報共有漏れや納期切れが、後々の大きなハレーションを引き起こす可能性もあるため、日頃から防止にとりくむようにしましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、ハレーションの防止に効果的なビジネスツールです。

「Chatwork」は、チャット形式でやりとりができるため、電話やメールのような従来のビジネスコミュニケーションの手段と比較して、気軽にスピーディに情報共有をすることができます。

また、漏れのない情報共有や納期切れの防止には、担当や期限が設定できるタスク管理機能の活用がおすすめです。

コミュニケーションツールとタスク管理ツールが別の場合、タスク管理ツールを開き忘れてしまったり、気がつかなったりすることがありますが、「Chatwork」は、ひとつのツールで、コミュニケーションとタスク管理を実現することができます。

>Chatworkのタスク管理機能に関する記事はこちら

また、社内外問わずにやりとりができるため、プロジェクト管理などにも便利に活用することができます。

「Chatwork」は、無料で使いはじめることができるため、まずは、チームや部署などの単位から、業務効率化を実感してみてください。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

ハレーションの防止にも役立つ「Chatwork」を、ぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットを知りたい方におすすめの資料
ビジネスチャット完全ガイド
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事