視座とは?高める方法や高めるメリット、視野や視点などの類語との違いを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
視座とは?高める方法や高めるメリット、視野や視点などの類語との違いを解説

目次

「視座を高める」という言葉を聞いたり、使った経験があったりする人は多いのではないでしょうか。

「視座」とは、「物事を見る姿勢や把握する時の立場」を意味し、視座を高めると、さまざまなメリットが期待できます。

では、視座を高めるためには、どのような取り組みをすればいいのでしょうか。

視座を高める方法や高めるメリットを紹介します。

「視座が高い」とは

「視座」とは、「物事を見る姿勢や把握する時の立場」を指し、「視座が高い」とは、「いまの自分の立場よりも上の立場から物事を見る状態」を意味します。

たとえば、上司から指示があった場合に、指示された内容以外の上司の意図や背景を押さえたアウトプットは、「視座が高い行動」といえるでしょう。

本来の立ち位置とは異なる目線で物事をとらえられるようになると、上の立場の人の期待に応えられる立ち振る舞いができるようになります。

視座と視点・視野との違い

視座に似た言葉に、「視点」「視野」という言葉がありますが、それぞれ異なる意味をもつ言葉です。

混同して使わないように、言葉の意味を確認していきましょう。

視座 物事を見る姿勢・立場
視点 物を見るために向けた視線が注がれる点(特定の場所)
視野 物事を見る範囲

「視座」は、物事を見る姿勢や立場を指すのに対し、視点は、「物を見るために向けた視線が注がれる点」という意味があります。

また、視野は「物事を見る範囲」を指し、どの範囲で見るのかを意味します。

それぞれ違う意味をもつ3つの言葉の意味を理解し、適切に使い分けられるようになりましょう。

視座を高めるメリット

視座を高めると、いままで思いつかなかった視点で物事が考えられるようになったり、多角的な視点で物事が捉えられるようになったりします。

また、視座を高めると、以下のようなメリットが期待できます。

  • モチベーション向上
  • 生産性向上
  • アイデアの創出
  • 周囲からの信頼・協力の獲得
  • 目標達成意欲の向上

視座を高めるメリットについて、具体的に確認していきましょう。

モチベーション向上

視座が高くなると、俯瞰的な見方や物事の捉え方ができるようになるため、取り組んでいる仕事や業務への目的意識を向上できます。

取り組みの「意義」や「意味」をあらゆる視点から考えられるようになると、モチベーションを向上できるでしょう。

生産性の向上

視座を高め、物事を多角的に把握できるようになると、なにを優先して、なにを後回しにするかなど、仕事における優先順位が判断しやすくなります。

目の前の業務やタスクにがむしゃらに取り組むのではなく、仕事の全体像を把握したうえで進められるようになると、効率的に仕事を遂行できるでしょう。

業務を効率的に進められるようになると、結果として生産性の向上にもつながります。

アイデアが出やすくなる

視座が高くなると、あらゆる視点で物事をとらえられるようになるため、新しいアイデアが浮かびやすくなるメリットもあります。

たとえば、自分の立場がプロジェクトメンバーのひとりである場合、「プロジェクトリーダーだったらどんな考えをもつだろう」「先輩だったらどう考えるだろう」など、異なった立場から物事を捉えると、別のアイデアが浮かんでくるでしょう。

視座を高めることで、現在の立ち位置からは考えつかないような、新しいアイデアの創出が期待できます。

周囲からの信頼・協力獲得

視座を高めて物事を考えると、周囲からの共感や協力を得やすくなるメリットもあります。

たとえば、周囲に働きかける際に、「会社や組織にとってこんな利点があるから協力して欲しい」と伝えると、自分本位の行動ではない旨が伝わり、周囲からの信頼や協力が得やすくなるでしょう。

自分にとってのみではなく、周囲にとってもメリットになる旨を示すと、信頼や協力を得やすい状況を醸成できます。

物事を考える際や、意見を発信する際などは、さまざまな立場の人の視点に立ってみることを意識しましょう。

目標達成意欲が高まる

視座を高めると、目標達成に対する意欲も向上できるでしょう。

前述した通り、視座が高くなると、多角的に物事を捉えられるようになるため、取り組んでいる仕事や業務への目的意識を向上できます。

目的が意識できるようになれば、目標達成のためのこだわりも強まります。

たとえば、「目標達成にはどんなスケジュールを組むべきなのか」「なにに優先的に取り組むべきなのか」など、意識の向上が考えられます。

視座を高めることは、目標に向かい意欲的に取り組むための後押しになるでしょう。

リスク管理能力が高まる

リスク管理能力が高まることも、視座を高めるメリットのひとつです。

いち従業員としてではなく、管理職や経営陣の立場で物事を考える意識づけにより、リスクヘッジの能力や、トラブルが発生した時の対応能力を向上ができるでしょう。

>リスクマネジメントとは?に関する記事はこちら

視座を高める3つの方法

ここまで視座を高めることにより期待できるメリットを確認してきました。

では、視座が高い状態になるためには、どのような物事に取り組めばいいのでしょうか。

本記事では、視座を高める方法の一例として、3つの方法を紹介します。

  • ロールモデルを作る
  • 別の立場で考える癖をつける
  • コミュニティを広げる

自分にあった方法で、視座を高めてみましょう。

方法(1):ロールモデルを作る

ロールモデルの設定も、視座を高める方法のひとつです。

身近な先輩や上司、また尊敬できる人などをロールモデルに設定して、考え方や言動を観察してみましょう。

また、効率的に視座を高めるためには、ただ観察するだけではなく、ロールモデルとなる人の背後にある姿勢や思考法について、本人に聞いてみる取り組みもおすすめです。

どんな考えから、その言動をとっているのかを理解すると、ひとつ一つの言動に意味をもちながら、取り組めるようになるでしょう。

>ロールモデルの設定方法とメリットに関する記事はこちら

方法(2):別の立場で考える癖をつける

自分とは異なる立場や役割の人に視点で物事を考える癖をつけることも、視座を高める方法のひとつです。

たとえば、現在の自分の立場より2つ上の立場の人になったつもりで、「自分だったらどう考えて、なにをするのか」を想像してみましょう。

別の立場で考える習慣をつけると、自然と広い視野から組織を見渡せるようになります。

また、上司との関係性の改善にも役立つでしょう。

方法(3):コミュニティを広げる

コミュニティの拡大も、視座を高めることにつながります。

たとえば、社外の人とコミュニケーションをとったり、オンラインサロンやビジネススクールなどに参加したりして、これまで接点のなかった人と接すると、異なる考え方を学ぶことができるでしょう。

コミュニティを広げる際は、ただコミュニケーションをとって終わりにならないように、計画を立てておくことがおすすめです。

「こんな視座をもつ人と交流したい」「○○の業務に携わっている人の考え方を知りたい」など、具体的な対象をイメージして参加するとよいでしょう。

コミュニティが広がることで、視座の高い人と巡り合い、効率的に視座を高められます。

視座が高い人・低い人の違い

視座が高い人と低い人では、立ち振る舞いや発言などに違いがあります。

仕事をするうえで、両者にどのような違いがあるのか比較してみましょう。

仕事へのスタンス

視座が高い人は、組織全体の影響を考えて仕事に向き合える特徴があります。

一方で、視座が低い人は、目の前の仕事しか見えていないため、組織への影響などが理解できず、自分を中心に物事を考えてしまいがちです。

視座が高ければ、社会や組織の課題にも気づきやすく、新しいアイデアも生み出しやすいため、仕事の生産性の観点で違いが出てくるでしょう。

目標設定

視座が高い人は、将来を見据えた目標設定ができるのに対して、視座が低い人は、目の前の目標達成だけ精一杯になってしまう傾向があります。

たとえば、視座の高い人は、自分だけではなくチームの目標設定まで考えるのに対して、視座の低い人は自分の目標設定しか考えません。

組織としての生産性をアップさせるためには、チーム全体を見据えた目標設定が重要になります。

ビジネスコミュニケーションに「Chatwork」

視座を高めることは、自分のモチベーションや生産性向上につながるだけでなく、新しいアイデアの創出やリスク管理能力の高まりなど、周囲にも好影響を与えるものです。

視座を高める取り組みは、自分の意識づけではじめることもできるため、ぜひ自分にあった方法で、実践してみてください。

身近な先輩社員や上司など、ロールモデルとなる人の言動を意識的に観察するためには、密なコミュニケーションが欠かせません。

毎日のやり取りを綿密にスムーズに実現する方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式でやりとりができるビジネスツールで、離れた場所にいてもスムーズなやりとりを実現できます。

また、「Chatwork」には、「マイチャット」という自分だけのチャットスペースがあり、メモやタスク管理の場所として活用することができます。

たとえば、先輩や上司との会話のなかで参考になる点があったり、また、自分だったらこのように行動するなどのメモをマイチャットに残しておいたりすれば、後から振り返ることができるでしょう。

また、タスク管理機能を活用すれば、「いつまでに○○する」「○○の立場の人とコミュニケーションをとる」などの具体的な目標の管理を、簡単におこなうこともできます。

円滑なコミュニケーションだけでなく、目標管理のツールとしても使える「Chatwork」は、無料で使いはじめることができます。

ぜひ、「Chatwork」を活用して、視座を高める取り組みをはじめてみてください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

視座に関するQ&A

「視座が高い」とは?

「視座」は、物事を見る姿勢や把握する時の立場を意味し、「視座が高い」とは、「いまの自分の立場よりも上の立場から物事を見る状態」を指します。

関連記事