プロセスエコノミーとは?マーケティングに活かすメリットや注意点を事例付きで解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
プロセスエコノミーとは?マーケティングに活かすメリットや注意点を事例付きで解説

目次

プロセスエコノミーとは、商品の制作過程を公開して、収益化を図る手法です。

商品独自のストーリーを届けられるので、競合他社との差別化を図りやすい魅力があります。

事例としては、クラウドファンディングやライブ配信などがあげられます。

事業活動に活かすためにも、プロセスエコノミーをマーケティングに活かすメリットや注意点を解説します。

プロセスエコノミーとは?

プロセスエコノミーとは、商品の制作過程を公開して、収益化を図る手法です。

通常のアプローチとは異なり、商品を販売するまでの過程で収益を獲得できるメリットがあります。

現代社会では、市場における商品の価値が高まり、競合他社との差別化が図りにくい時代になりました。

このような時代のなかで、「どのような商品を購入しても同じだ」と顧客に思われないためには、企業独自のストーリーを提供する必要があります。

プロセスエコノミーは、商品の制作過程を公開することで、競合他社の真似ではない価値を提供しやすくなり、自社の商品を選んでもらいやすくなる効果が期待できるとして、近年注目を集めている手法です。

メリットや注意点を詳しくみていきましょう。

アウトプットエコノミーとの違い

アウトプットエコノミーとは、「完成した商品から収益を獲得する」手法を指し、ビジネスにおいて、基本的な収益の獲得方法といえます。

一方で、プロセスエコノミーは、商品が完成するまでの「制作過程においても収益を獲得する」手法です。

プロセスエコノミーは、制作過程や完成後も収益を獲得できるため、プロジェクトの資金が不足しづらい傾向があります。

プロセスエコノミーが生まれた背景

近年では、応援消費や共感消費の需要があるため、制作過程のストーリーを公開することで、「この企業を応援したい」という顧客のニーズを満たせます。

また、SNSを使った情報発信が当たり前の時代になった背景もあり、価値のある情報は、多くの人に拡散されやすくなっています。

商品の制作について興味をもってもらえれば、多くの人に企業の存在を知ってもらえる機会を創出できるでしょう。

プロセスエコノミーのメリット

商品の制作過程の公開により、競合他社との差別化を図れるプロセスエコノミーは、そのほかにどのようなメリットがあるのでしょうか。

プロセスエコノミーに取り組むメリットを、3つ紹介します。

  • 新規顧客を開拓できる
  • 収益を安定させられる
  • 制作側のモチベーションを高められる

導入を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

新しい顧客を集めやすい

商品の制作過程の内容によっては、従来では獲得できなかった新しい顧客の開拓を期待できるでしょう。

顧客側は、制作過程に課金する形で応援ができるため、「自分も制作に関わるうちのひとりである」と認識でき、商品に対して愛着がわくでしょう。

また、顧客側が、制作に関わる人たちの人柄について知れると、親近感がわきやすくなり、制作側との距離感が縮まりやすくなります。

顧客側に、応援したいという気持ちが生まれると、継続的にファンを獲得しやすい利点もあります。

とくに、今後の消費の中心となっていくZ世代は、商品を購入するときに、「心の満足感」や「購入する意味」を軸にする傾向があります。

若い世代をターゲット層に商品を展開したいときは、プロセスエコノミーを活用して、独自ストーリーの提供により、若い世代の心を掴みやすくなるでしょう。

>Z世代の特徴や価値観に関する記事はこちら

収益を安定させやすくなる

制作過程で収益を獲得できるため、商品が完成するまでの収益を安定させやすくなります。

銀行や投資家からの融資や投資を受けられないときでも、継続的に資金を得られるメリットがあります。

また、商品が完成したあとは、さらに収益を獲得できるので、次の商品を作るための資金も獲得できるでしょう。

制作側のモチベーションを高められる

商品制作過程の公開により、第三者からの反応や評価を得られて、モチベーションを高めやすくなります。

たとえば、クリエイティブに関わる作品をひとりで制作している場合、完成までの道のりで、孤独や寂しさを感じてしまうケースは少なくありません。

しかし、制作過程の公開により、「だれかが応援してくれている」事実がわかると、作業のやる気を失わずに、商品を完成させられるでしょう。

プロセスエコノミーの事例

事業活動にとりいれるためにも、プロセスエコノミーの事例をみていきましょう。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネットをとおして、支援を企画したい人と支援したい人をつなぐサービスです。

制作過程を公開しながらプロジェクトに取り組むケースが一般的で、企画者の思いやストーリーを伝えながら、支援してくれる人が増えるように呼びかけていきます。

支援したい人は、気になるプロジェクトにお金の支援や投資ができるので、企画側が完成までに収益を得られるメリットがあります。

>クラウドファンディングとは?に関する記事はこちら

ライブ配信

ライブ配信とは、リアルタイムで動画や音声を配信できるサービスです。

インターネットのサービスを通じて、配信者とファンがコミュニケーションを取れる魅力があり、課金制で、配信者を応援できるサービスも多いです。

近年、さまざまな企業がライブ配信のサービスを提供しています。

オンラインサロン

オンラインサロンとは、インターネットのサイトやSNSにおける会員制のコミュニティです。

基本的には、月額の有料で運営されているケースが多いため、会員から安定的に収益を獲得しやすいメリットがあります。

主催者とコミュニケーションを図れるだけでなく、コミュニティ内において会員同士でのやりとりも可能です。

会員にならないと得られない情報が発信されている場合が多いので、主催者やメンバー同士の情報交換や勉強の場としても活用されています。

オーディション番組

オーディション番組とは、アイドルやタレントなどがデビューするまでの過程を配信した番組です。

視聴を通じてデビューまでの苦労や流れを追体験し、「応援してあげたい」という気持ちが生まれやすくなります。

また、デビュー前からファンを獲得しやすくなるので、デビュー後も安定的に収益化を図りやすいメリットがあります。

プロセスエコノミーの注意点

プロセスエコノミーを成功させるためには、注意しておくべきポイントが2つあります。

  • 競合に情報が知られてしまう
  • 目標・目的を見失わない

メリットを獲得するためにも、注意点をよく確認しておきましょう。

競合に情報が知られてしまう

プロセスエコノミーは、独自のストーリーを提供できるものの、競合他社に情報を知られてしまうデメリットがあります。

情報公開する内容によっては、競合他社に商品を模倣される可能性もゼロではありません。

どこまで情報を公開するのか、伝えるべき事柄と伝えない事柄について、事前の検討が大切です。

目標・目的を見失わない

プロセスエコノミーは、ファンの存在ありきで収益化を図れる一方で、ファンの意見を重視しすぎてしまい、本来の目標や目的を見失ってしまうケースもあります。

「ファンはどのようなことを求めているのか」を考える取り組みも大切ですが、企画の軸がぶれないように注意しましょう。

また、独自のストーリーを伝えたいあまり、おおげさに内容を伝えてしまうなど、倫理観から外れるような言動をしない姿勢も大切です。

プロセスエコノミーは新規顧客の獲得に活かせる

プロセスエコノミーは、制作過程を公開する手法になるため、興味をもってくれた新しい顧客を獲得しやすくなります。

新しいビジネスモデルを展開する際は、プロセスエコノミーの手法を検討してみてはいかがでしょうか。

また、プロセスエコノミーでは、さまざまな人々と関わりながら、プロジェクトを進めていくケースが一般的です。

ビジネスシーンのコミュニケーションを円滑に進める方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式でやりとりができるチャットツールで、1対1はもちろん、グループチャットを作成して、複数人でも簡単にやりとりができます。

たとえば、プロセスエコノミーのプロジェクト専用のグループチャットを作成すれば、作業に関わる情報を円滑に共有できるでしょう。

また、「Chatwork」は、社外の人とも活用できるため、社内外を交えたプロジェクトでも、円滑に情報共有できます。

ぜひ、ビジネスシーンのコミュニケーション円滑化に「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事