スペシャリストとは?ゼネラリストとの違い、採用のメリット・方法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
スペシャリストとは?ゼネラリストとの違い、採用のメリット・方法を解説

目次

スペシャリストとは、特定の分野における技術をもつ人をいいます。

一方、ゼネラリストは、広範囲の分野に関わる技術をもつ人を指します。

現代社会では、雇用制度の変化や技術発展により、専門性が高い技術をもつ人材が求められています。

企業側が優秀な人材を確保するためにも、スペシャリストとゼネラリストとの違い、採用のメリットと方法について解説します。

スペシャリストとは?

スペシャリストとは、特定の分野において、高い専門性をもった人をいいます。

国家資格を活かして働く人や、特殊な技術、高度な知見をもって働く人が当てはまります。

スペシャリストは、特定の分野における課題を解消できる専門家として活躍しています。

スペシャリストとゼネラリストの違い

スペシャリストは、狭く深い範囲に精通している人や技術者を指す言葉です。

一方、ゼネラリストとは、広範囲の分野に精通している人を指します。

ゼネラリストの職業として、主に総合職やプロデューサーなどが当てはまるでしょう。

ジョブローテーションでさまざまな部署を経験させ、社員にゼネラリストを目指してもらう取り組みを実施する企業も多くあります。

スペシャリストは狭く深い範囲、ゼネラリストは広範囲の分野に詳しい人という点で違います。

>ゼネラリストに関する記事はこちら

スペシャリストが求められる背景

さまざまなことに対応できるゼネラリストの方が、企業にとって融通が効くようにも感じますが、近年では専門性の高いスペシャリストにもスポットが当たっています。

なぜスペシャリストが求められるのか、背景について解説します。

雇用制度や転職市場が変化している

雇用制度が変化した現代では、終身雇用や年功序列が当たり前の時代ではなくなりました。

少子高齢化の背景もあり、企業の将来を担える即戦力となる人材が求められています。

広く浅い技術を身につけている人材よりも、深く狭い技術を求めるスペシャリストが重宝される時代になったのです。

転職市場においても、将来のキャリアを考えたときに、就職先として高い技術を磨ける企業が注目される傾向にあります。

AI・IT技術が発展している

現代社会は、AIやITの技術が発展しており、人の代わりにロボットの技術を使っての作業も増えてきました。

テクノロジーの技術に精通しているスペシャリストは、大元の技術をメンテナンスできる人材として、多くの企業から重宝されています。

スペシャリストと似ている言葉の違い

スペシャリストと似ている意味をもつ言葉として、以下のような用語が挙げられます。

同じ意味として捉えている人も多いので、それぞれの違いをしっかりと把握しておくと良いです。

  • プロフェッショナル
  • エキスパート
  • 玄人・ベテラン

それぞれの意味を詳しく解説していきます。

プロフェッショナル

プロフェッショナルとは、専門家という意味がある言葉です。

ほかの人よりも秀でた技術や才能があり、能力を活かして生計を立てている人を指します。

スペシャリストと意味合いはほとんど同じですが、プロフェッショナルはより広い範囲を意味する場合があります。

たとえば、スポーツで優れた人をプロ選手と呼びます。

その中でも特定のスキルが秀でている人に対してスペシャリストと表現する場合があります。

「プロバスケットボール選手の彼はスリーポイントシュートのスペシャリストだ」のような使い分けができます。

高い知識や技術をもつ人材に対して、成果をベースにした給与支払いをおこなう「高度プロフェッショナル制度」は、働き方改革の一環として導入されるケースが増えており、企業においてもプロフェッショナルへの関心が高まっています。

>高度プロフェッショナル制度に関する記事はこちら

エキスパート

エキスパートとは、豊富な知識と経験を積み、高い技術や能力を保有している人を指す言葉で、熟練者、専門家という意味があります。

スペシャリストとエキスパートは、基本的に同じような意味合いです。

日本のビジネスシーンにおいては、スペシャリストを極めた存在をエキスパートと呼称するケースが多いです。

玄人・ベテラン

玄人やベテランとは、技術が熟練している人を指す言葉です。

仕事を始め、趣味の技術力が高い人を表現するときに使われます。

一方、スペシャリストの場合、仕事に関わる専門家として使われることが一般的です。

スペシャリストを採用するメリット

従来日本では、終身雇用のもとで従業員にさまざまな経験をさせてから役職に就かせるという流れが一般的でした。

しかし、近年では雇用制度や転職市場が変化している影響があり、スペシャリストの採用が注目されています。

企業がスペシャリストを採用するメリットを見ていきましょう。

即戦力の人材になってもらえる

スペシャリストは、高い技術力を保有しているので、即戦力が期待できます。

教育する手間が省けるため、採用後はすぐに業務になじんでもらえる可能性が高いです。

人材育成にかかるコストを最小限に抑えられるというメリットもあります。

事業の拡大に期待できる

企業に不足している人材を補うことで、事業の拡大に期待できます。

AIやITに強い人材を採用すれば、テクノロジーを活かした新しいサービスを展開できる可能性もあるでしょう。

また、スペシャリストの参画により、自社のノウハウを蓄積できるというメリットもあります。

事業を発展させるためにも、将来を見据えた採用が重要です。

スペシャリストを採用するデメリット

専門分野で活躍するスペシャリストを採用する際には、デメリットや注意点があることも念頭に置いておかなければなりません。

お互いにとってよい縁にするために、採用時には以下の点に注意しておくとよいでしょう。

配置転換が難しい

スペシャリストは、特定の分野の専門家のため、ほかの部署に異動させるのが難しいという課題があります。

将来的に管理職として、さまざまな経験を積ませたい企業だと、ミスマッチが起きてしまう可能性もあるでしょう。

キャリアアップの転職をする可能性がある

スペシャリストは、キャリアに対する意識が高いため、スキルアップを図る目的で転職する可能性があります。

スペシャリストである人材が、所属している企業において「学べるものがない」と判断した場合、せっかく採用しても、別の企業に転職してしまう確率が高くなるでしょう。

スペシャリストの能力を活かせるように、待遇や環境面を充実させる工夫が求められます。

スペシャリストを目指す方法とキャリアパス

スペシャリストを目指すことは、キャリアアップを図る手段になります。

目指す専門分野を突き詰めるとCTO(最高技術責任者)やCFO(最高財務責任者)など、経営に携わるポジションになる可能性もあるため、キャリアアップにも繋がりやすくなります。

スペシャリストを目指すには以下のような方法が挙げられます。

  • 最新の情報や業界の動向を追う
  • マネジメント職のポジションを目指す
  • プレイングマネージャーを目指す
  • ハイプレイヤーを目指す

どのように行動するとよいのか、詳しく解説していきます。

最新の情報や業界の動向を追う

スペシャリストは、常にその分野の最新トレンドに敏感である必要があります。

たとえば、新しいAIの技術が発表された場合、すぐに情報収集して勉強するといった姿勢が求められます。

同業者にコミュニケーションをとって、情報交換し合うなど、自らの積極的な情報収集が重要です。

マネジメント職のポジションを目指す

スペシャリストのキャリアパスとしては、マネジメント職を目指す方法があります。

現場を管理する側になることで、手当てがついて給料を安定させる効果が期待できます。

一方で、そのままスペシャリストとして活躍するのに向いている人もいるため、必ずしもマネジメント職が向いているかどうかはわかりません。

企業側を含めて、どのようなキャリアの適性があるのか見極めてポジションに就くことが大切です。

プレイングマネージャーを目指す

プレイングマネージャーとは、業務をおこなうプレイヤーと管理側のマネジメント業務の両方を担うポジションです。

両方の業務をおこなうため、現場の統制をとりやすいというメリットがあります。

一方で、両方の業務をこなす必要があるため、業務の負担が重くなったり、どちらかの業務に偏ったりする側面があるでしょう。

プレイングマネージャー職は、全体を見渡しながら業務のバランスが取れる人に向いています。

ハイプレイヤーを目指す

ハイプレイヤーとは、現場や業界の先頭で活躍する人をいいます。

特定の分野における技術を磨き続けることで、高い技術力をもつ人材に成長できます。

管理職やマネジメント業務以外の立場で活躍したい人に向いています。

スペシャリストを採用・育成する際のポイント

企業にとって、スペシャリストがいることで得られるメリットは多くあります。

スペシャリストは社外から採用する方法と、社内で育てていく方法があります。

スペシャリストを採用・育成する際のポイントを見ていきましょう。

  • 職種別採用をおこなう
  • スキルに見合う待遇を準備する
  • キャリアパスを充実させる

職種別採用をおこなう

職種別採用とは、採用の段階で決まった職種に就かせる採用方法です。

過去の採用方法では、新入社員を採用する場合、個人の適性を判断した配置が一般的でした。

近年では、先に職種を決めてから採用する企業が増えています。

たとえば「技術職のエンジニア」という採用枠を設けることで、プロフェッショナルの人材を集めやすくなります。

スキルに見合う待遇を準備する

スペシャリストを採用後、長く続けてもらうには、スキルに見合った待遇の準備が大切です。

高いスキルを持った人材の採用は、企業にとって恩恵が多い一方、人材側もそれなりの待遇を求めてきます。

競合他社のほうが待遇面で魅力的な場合、人材がそちらに流れるというリスクもあるでしょう。

ほかの企業の採用情報を参考にしながら、スペシャリストのスキルに見合う待遇を整える必要があります。

キャリアパスを充実させる

スペシャリストを獲得できるように、自社のキャリアパスを充実させることも重要です。

たとえば、マネジメント職のポジションからハイプレイヤーとしてのポジションまで、なるべく幅広くキャリアパスを形成できるような環境を準備しましょう。

スペシャリストの人材は企業の成長にも重要

スペシャリストは即戦力になるので、企業の事業活動を拡大してくれる人材として重宝されます。

企業側は、長期的な経営を続けるためにも、スペシャリストの人材育成や採用を進めておくことが大切です。

また、採用活動をおこなうときは、内定者と連絡がとれるツールを準備しておきましょう。

ビジネスシーンにおける連絡ツールとしてはメールやビジネスチャットがあげられます。

中でも、スマートフォンやPCから使えるアプリとして、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

内定後、入社に関わる情報共有をスムーズに進められます。

「Chatwork」は通知設定が可能なので、内定者や採用担当者が連絡を見落とさずに済むメリットもあります。

>Chatworkの機能についてはこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使い始めることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

採用活動に関わるやり取りには、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事