リモートワーク(テレワーク)に必要なものとは?リモートワークの必需品を紹介

テレワーク
AWAY

目次

リモートワークで仕事をおこなうには、PCやネット回線といった機器や環境の準備が必要不可欠です。

リモートワークではオフィス以外の自宅などで問題なく仕事をおこなえるように考えて環境を整えていく必要があります。

最低限、リモートワークに必要なものがどのようなものかを理解し、より効率的で快適なリモートワークをおこなうためには何が必要かを考えていきましょう。

リモートワークに最低限必要なもの

リモートワークを始めるにあたって、最低限必要なものは「PC」「ネット回線」「ソフトウェア」の3点です。

それぞれがなぜリモートワークで仕事をするのに最低限必要なのかを解説します。

業務用のPC

日常的にPCを使う仕事であればリモートワークは難しいことではありません。

また、新たにリモートワークを始めるのであればPCに情報やデータを移行して仕事をする必要があるということもいえます。

いずれにせよ、リモートワークではPCを利用して仕事をおこなうことが基本といえますので、業務に使用することが問題のない性能を持っているPCを用意する必要があるでしょう。

業務に支障がないネット回線

リモートワークでは、インターネットを経由して連絡やファイルのやり取りをするので、安定したネット回線は必要不可欠です。

在宅ワークをする場合は光回線を固定で引く、出張やコワーキングスペースでの作業など外出先での仕事が増える場合はモバイル回線を契約するなど、業務に支障がなく安全に通信がおこなえるネット環境を用意しましょう。

業務に使う各種ソフトウェアやツール

リモートワークをする場合、会計ソフトやチャットツール、仕事用のファイルを操作するための文書ソフトなど、業務上必要なソフトウェアやツールの導入が必要です。

ソフトウェアやツールを利用することで、リモートワークであってもオフィスと変わらずに業務をおこなえるようになります。

ソフトウェアやツールの使い勝手は業務効率に大きく影響します。予算や目的に応じて導入するものを吟味しましょう。

在宅でのリモートワークに必要なもの

在宅環境でリモートワークに取り組む場合、仕事用のスペースに機能性の高い椅子やデスクをそろえたり、仕事で使うキーボードなどの周辺機器を充実させることで快適なリモートワーク環境にすることを意識しましょう。

作業の負担にならない椅子やデスク

リモートワークが始まると、長時間PCの前で過ごすことになります。

オフィスとは違って、PC作業に適している椅子ではなく家にある椅子では作業しにくかったり、無理な姿勢で体に負担がかかってしまうことがあります。

在宅でリモートワークをする場合は、腰や背中の負担が少なく作業に取り組みやすい椅子の用意が必要になるでしょう。

また、資料やPC、モニターを広げておけるデスクも必要です。

作業スペースが狭いとストレスを感じたり、作業しにくかったりと仕事の能率が下がりやすいので、ある程度の広さのデスクを用意する必要があります。

デスクや椅子を用意するということは、自宅に作業スペースを新たに設置することですので、スペースや配置など仕事はもちろん、生活にも支障が出ないように配慮する必要も出てきます。

作業を助けるキーボードなどの周辺機器

タイピングしやすく、長時間使っても疲れないキーボードを使えば、同じ量の作業を少ない疲労で終わらせることができます。

また、マウスなども疲労軽減機能があるものやヘッドレストやアームレストなど作業の補助になるツールも多くあります。

快適に仕事に取り組める機器を用意することで、仕事の効率や集中できる環境を作りだせるように工夫しましょう。

外出先でのリモートワークに必要なもの

リモートワークは自宅だけでおこなう働き方ではありません。

カフェやコワーキングスペースなど、外出先でもリモートワークであれば仕事をすることができます。

自宅ではない外出先でリモートワークをおこなうのに必要なものを見ていきましょう。

モバイルデバイスとモバイルネット回線

外出先でのリモートワークにはモバイルデバイスは必要不可欠です。

ノートPC・タブレット・タブレット型PCなどの中から、作業がおこなえる処理能力があるモデルを選びましょう。

高機能なモバイルデバイスなら、外出先だけでなく自宅で外部モニターにつないで使うこともできますので、自宅と外出先での作業を1台で済ますことも可能です。

しかし、モバイルデバイスを使い外出先で仕事をしようと思ってもネット回線がなければ、インターネット経由のデータの送信や情報収集の作業はできません。

共用のWi-Fiなどもありますが、セキュリティ面を考えると業務での使用は控えるべきです。

そのため、外出先のリモートワークには、モバイルネット回線が欠かせません。

デバイスだけでなくネット回線もモバイルで利用できるものを用意しておくと安全に好きな場所で業務をおこなえるようになるでしょう。

モバイルバッテリーと覗き防止フィルム

大容量のモバイルバッテリーがあれば、不意のバッテリー切れを予防することができます。

ただし、大きくて重いものは負担になるので、重量・価格・容量のバランスを考慮することが重要です。

また、外出先ではバッテリー切れ以外にも注意しておきたいことがあります。

第三者がいる場所で作業するのであれば、横や斜めからPCの画面が見えなくなる覗き見防止用フィルムの利用も情報漏えいのリスク回避のために必要となるでしょう。

リモートワークの効率化に役立つアイテム

リモートワークをさらに効率的に進めたい場合は、プリンターやスキャナーといった周辺機器も必要に応じて用意しておくといいかもしれません。

資料を印刷するプリンター

作業スペースにプリンターがあると、資料を印刷してレイアウトを確認することができます。

企画書などを印刷してチェックすることで、PCの画面上で見落としていた誤字脱字にも気づきやすくなるのもメリットです。

リモートワークであっても、紙の書類の印刷や郵送が必要になる場合もありますし、業務上必要な場合は用意しておくといいでしょう。

手元の資料をアップロードできるスキャナー

リモートワークであれば資料や書類はデータやファイルでやり取りすることが増えるはずです。

手元にある資料を思い立ったときにスキャンして電子化できるスキャナーは、文書の電子化や資料の共有の際に必要になるでしょう。

また、企業としてスキャナーを利用して、過去の資料や書類をデータとして取り込めば、ペーパーレス化にもつながります。

大画面で作業を進められる外部モニター

ノートPCなどのモバイルデバイスを利用している場合、大型の外部モニターを用意するだけで作業効率はアップします。

必要に応じてデュアルモニターやワイドディスプレイを取り入れて、自分にとって最適な作業環境を整えましょう。

耳栓・ノイズキャンセリングイヤホン

自宅や外出先で仕事をする際、出張先や移動中などに音をシャットアウトして集中しやすくする耳栓やノイズキャンセリングのイヤホン、ヘッドホンなどがあると便利です。

集中したいときや周りがうるさくて気が散ってしまう環境で作業をするのに外部の音を遮断できるイヤホンなどを用意しておくとストレスを軽減して業務をおこなうことができるでしょう。

リモートワークはセキュリティ対策も必要

リモートワークをする場合は、セキュリティ関連のソフトウェアの導入や勤務中のセキュリティ対策なども用意しておく必要があります。

PCを保護するセキュリティソフト

セキュリティソフトは、PCを悪意のあるウイルスから守るための商品です。

セキュリティの甘いPCをネットにつなぐと、短期間でログイン用のパスワードや個人情報が流出してしまう恐れがあるので、業務用のデバイスには必ずセキュリティソフトをイントールしましょう。

▶︎セキュリティソフト|ESET(イーセット)無料ダウンロードでウイルス対策

物理的な紛失・盗難防止用の忘れ物対策デバイス

PCやデバイスから一定の距離が離れたり、スマートフォンで操作したりすると音を出して場所教えてくれるグッズは、盗難対策としても優秀です。

盗難防止ワイヤーで物理的にPCなどのデバイスが持ち運ばれないようにしたり、セキュリティ研修などをおこないセキュリティ意識を高め、もし紛失してしまった場合の対処方法を周知しておくことも必要です。

リモートワークにはコミュニケーションの円滑化も重要

リモートワーク時、離れた場所で働く従業員のコミュニケーションは、オフィスに集まって仕事をしていた時と比べて、困難になります。そのような時に助けとなるツールがビジネスチャットです。

ビジネスチャットは次のように活用できます。

  • 話をしたい人と1対1や複数人でチャットができる
  • チームのメンバーでビデオ通話をする
  • 取引先の担当者とチャットしながらファイルのやり取りをする

状況に合わせてチャット・通話・ビデオ通話といった複数の連絡手段を使えるチャットツールは、リモートワークの必需品だといってもよいでしょう。

リモートワークでオフィスと同等、またはそれ以上の効率を発揮するためには、PCやネット回線だけでなく、PCの周辺機器やビジネスチャットなどにもこだわることが大切です。

とくに、コミュニケーションツール次第で仕事の能率は大きく変わります。

毎回同僚に電話をかけてメールでファイルをやり取りするより、ビジネスチャットですべての連絡と作業を一括管理したほうが離れた場所でのやりとりが格段にやりやすくなります。

Chatworkなどのビジネスチャットはリモートワークに活用できるので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料

はじめてのテレワーク

このお役立ち資料ではテレワーク導入のために企業がするべき準備をまとめました。

感染症の予防の観点から、テレワークを推奨する動きが広がっている一方で、「まだ何も準備ができていない」、「どうやってはじめれば良いかわからない」などという声も聞かれます。

  • なぜ今テレワークが必要なのか
  • テレワーク導入のために企業がするべき準備は何なのか
  • Chatworkがテレワーク企業に選ばれる理由

などを解説します。貴社のテレワーク導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事