Chatwork(チャットワーク)のコンタクト申請・承認・拒否の方法

Chatworkの使い方
AWAY

目次

Chatwork(チャットワーク)でやりとりをするためには、やりとりをしたい相手に対して、コンタクト追加の申請を送り、相手からコンタクトの承認をされることが必要です。

Chatwrokで、コンタクト申請を送る方法と送られたコンタクト申請を承認または拒否する方法を解説します。

Chatworkのコンタクト申請とは

Chatwork上でやりとりするためには、やりとりをしたい相手のコンタクトが「コンタクト一覧」に追加されていなければなりません。

フリープランを利用している場合、Chatworkに登録した直後は、コンタクト一覧に何も登録がされていないため、やりとりをしたい相手に対して、コンタクト追加をするための「コンタクト申請」を送る必要があります。

「コンタクト申請」が相手から承認されると、相手のコンタクトが「コンタクト一覧」に追加されます。

Chatworkのコンタクト申請を送る方法

コンタクト申請を送るためには、コンタクト管理を開き、追加したいユーザーを検索します。

01_Chatworkのコンタクト申請とは.png

「コンタクトに追加」をクリックすると、コンタクト承認依頼(コンタクト申請)を送信する画面がポップアップで表示されます。

02_Chatworkのコンタクト申請とは.png

承認依頼にはメッセージを添えることもできます。メッセージの入力は任意です。

「送信」をクリックすると、コンタクト申請が相手に送信されます。

Chatworkのコンタクト申請を承認または拒否する方法

コンタクト申請を受け取った側が、コンタクト申請を承認すると、双方のコンタクト一覧にコンタクトが追加されます。

コンタクト申請を受け取ったら、早急に申請を承認または拒否しましょう。

コンタクト申請を受け取ると、Chatworkの画面右上に通知が届きます。

03_Chatworkのコンタクト申請を承認または拒否する方法.png

通知を受け取ったら、コンタクト管理の「未承認」タブに、コンタクト申請を送信したユーザーが表示されています。

04_Chatworkのコンタクト申請を承認または拒否する方法.png

コンタクト申請を送ったユーザーについて、申請を「承認する」または「拒否する」を選択します。

コンタクト申請を承認した場合

コンタクト申請を承認すると、申請をしたユーザーとのダイレクトチャットが自動で作成されます。

また、申請をしたユーザーのコンタクトが「コンタクト一覧」に追加されます。

コンタクト申請を拒否した場合

コンタクト申請を「拒否する」をクリックした場合、申請を拒否することを確認する画面が表示されます。

07_Chatworkのコンタクト申請を承認または拒否する方法.png

「OK」をクリックすると、コンタクト申請が拒否されます。

コンタクト申請を拒否した場合、申請をした側に拒否したことの通知はされません。

なおコンタクト申請を誤って拒否してしまった場合は、再度コンタクト申請を送信してもらうことで「承認する」を選択することができます。

Chatworkのコンタクト申請を取り下げる方法

見知らぬユーザーに対してコンタクト申請を誤送信してしまった場合は、コンタクト申請を取り下げることができます。

コンタクト申請を送信した後にコンタクト管理を開くと、「承認依頼中」のタブが表示されています。

08_Chatworkのコンタクト申請を承認または拒否する方法.png

コンタクト申請を送信したユーザーについて、「承認依頼を取り下げる」をクリックすると、コンタクト申請を取り下げることができます。 

コンタクト申請でのトラブルを避けるポイント

コンタクト追加をしようとする場合に、送信したコンタクト申請が拒否されてしまったり、見知らぬユーザーに対して誤ってコンタクト申請を送信してしまうなどのトラブルが発生することがあります。

コンタクト申請でのトラブルを避けるためには、いくつかのポイントをおさえておきましょう。

自分のプロフィールを充実させる

まずは、コンタクト申請を受け取ったユーザーが、その申請があなたからのものであることが分かるよう、プロフィールを充実させましょう。

たとえば、表示名にビジネスネームを使用するだけではなく、所属組織や役職を明記しておくことで、コンタクト申請を受け取ったユーザーは、安心して申請を承認することができます。

コンタクト申請にメッセージを添える

コンタクト申請には、申請の承認を依頼するメッセージを添えることができます。

メッセージなくてもコンタクト申請はできますが、メッセージがあると、そのコンタクト申請が誰からのものであるかをより特定しやすくなるでしょう。

ビジネスマナーの観点からも、コンタクト申請にはメッセージを添えることをおすすめします。

Chatwork IDを活用する

コンタクト申請の誤送信を避けるためには、コンタクト申請を送信しようとする相手のコンタクトを検索した際、それが意図したコンタクトであることを特定する必要があります。

コンタクト検索には、相手の表示名、相手のログインメールアドレス、相手のChatwork IDを選ぶことができますが、このときChatwork IDで検索すると、特定が簡単になるため便利です。

誤送信を避けるためには、Chatwork IDでの検索をおすすめします。

Chatworkでコンタクト申請をする場合は慎重に

Chatwork上でやりとりをするためには、やりとりをしたい相手に「コンタクト申請」を送信することが必要です。

しかし、コンタクト申請や承認は、予期せぬトラブルの原因になることもあります。必ずポイントをおさえてChatworkを活用してください。

知らなかった!Chatworkの便利な活用ヒント集

Chatworkを10倍使いこなす!使い方のヒント

Chatwork(チャットワーク)使っているけど、チャット機能だけしか使っていない…なんてことはありませんか?

Chatworkで業務を進めているみなさまへ、Chatworkをより便利に使うためのヒントをお伝えします。

この資料一冊で、業務をより効率的に進めるためのChatworkの機能や活用方法がまるわかりです。

明日から使える具体的なヒントが満載ですので、ユーザーのみなさまはぜひ参考にしてください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事