残業が多い会社になる原因と残業が多い会社の問題を改善する方法

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
残業が多い会社になる原因と残業が多い会社の問題を改善する方法

目次

残業時間が多い問題は、社員が働きづらい環境につながるため、経営者側から改善策を取り入れる必要があります。

しかし、現実問題としては、残業をする状況が当たり前になって残業が多い会社のまま放置されてしまっている場合も少なくありません。

社員が長く働きやすい環境を実現するために、残業が多い会社はどのような取り組みを実施して改善をすればよいのでしょうか。

残業が多い会社になる原因と残業が多い会社の問題を改善する方法を解説します。

残業が多い会社が改善を目指したい理由

事業を継続するには社員の力が必要になるため、長く働きやすい環境を社員に提供する努力が経営者に求められます。

しかし、実際の現場で残業が多い状態が改善されず、当たり前のようになってしまうと、会社と社員の両方にとっても悪循環を招いてしまいます。

残業が多い会社ということは、人手不足である、業務の進め方に問題がある、業務量が多いといった問題を抱えている可能性が高いでしょう。

これらの問題を改善しないことで、残業が多くなるといった状態に陥っているのかもしれません。

多くの問題や課題を抱えているから、残業が多い会社になっているということを認識しなければ、社員の離職やトラブルなどが増えてしまう結果につながってしまうでしょう。

残業が多い会社になる原因

仕事量が多すぎる場合や環境面の問題から、残業が増えてしまう要因につながります。

残業が多い会社になる原因を見ていきましょう。

繁忙期の時期が定期的に来る

業界によっては、定期的に訪れる繁忙期の時期があり、残業時間がどうしても増えてしまう場合もあるかもしれません。

仕事が一気に集中してしまう時期になるため、通常の社員だけでは処理が追いつかずに多くの部署で残業が発生する状況が起こるのです。

残業が多い会社になる原因には、業界の取引が活発になる繁忙期の時期で人手不足や処理が追いつかないことがあげられます。

業務体制が整っていない

業務の流れを安定化させる仕組みが不十分だと、仕事の処理に時間がかかって残業時間が増える場合もあります。

たとえば、確認作業が多すぎて先に進まないこと、業務の工程で無駄なポイントが多いことなどが例にあげられるでしょう。

業務体制に改善の余地が大きい場合は、仕事のミスやトラブルが起こりやすくなる点でも、残業が多い会社になる原因につながります。

業務量と社員人数のバランスが取れていない

最低限の従業員のみを雇用している場合、仕事の処理が人数不足で追いつかないパターンも考えられます。

また、人数を増やしたい場合も新入社員の定着化が図れずに、仕事量の負担が減らないケースもあるかもしれません。

残業が多い会社になる原因には、仕事量と社員人数のバランスが取れずに残業が必要になる事例があげられます。

定時に帰りにくい雰囲気がある

職場の雰囲気や経営陣の価値観によっては、社員の残業が常識になっている場合も考えられます。

定時であがりづらい雰囲気があると、明日の処理でも間に合う仕事を定時以降に対処しなければいけない状況につながるのです。

仕事の評価に影響が出てしまうことを考慮すると、定時あがりができない雰囲気ができてしまい、残業が多い会社になる原因につながります。

残業が多い会社の問題を放置するリスクと悪影響

社員の残業時間を減らす取り組みを実施しないと、会社の事業継続が困難になる状況を抱えやすくなります。

残業が多い会社の問題を放置するリスクと悪影響を見ていきましょう。

社内の離職率があがる

残業の多い会社は、社員にとって長く働きづらい環境につながるリスクを抱えます。

新入社員を教育しても途中で辞めてしまうと、残された社員の負担が軽くならずに残業が増える悪循環につながるでしょう。

残業が多い会社の問題を放置すると、会社が事業内容を継続できる環境ではなくなってしまい、従業員が定着化しないリスクや悪影響につながります。

社員の過労につながり心や体に不調を抱える

人間が働ける労働時間には限界があるため、働きづめが続くと過労でストレスがかかり体と心が病んでしまうリスクを抱えます。

本人が気づかないうちに病気につながっている可能性もあり、最悪の場合は休職や離職につながってしまうケースも少なくありません。

残業が多い会社の問題を放置して本来の仕事量を超えた作業を続けてしまうと、社員の人生にも悪影響を与える要因につながるのです。

社外で仕事を持ち帰って残業する

残業が多い会社が抱えるリスクには、社員の仕事とプライベートの境界がなくなってしまい、会社以外の場所でも仕事を継続してしまう状況が発生しやすくなります。

社員が自主的に仕事を持ち帰って残業を続けることも少なくないため、経営陣側から介入して仕事を減らす取り組みを実施する体制の見直しが求められるでしょう。

残業が多い会社の問題を放置するリスクと悪影響には、業務時間外や社外でも仕事を続けてしまい、残業が常態化して改善されない状況があげられます。

残業が多い会社の問題を改善する方法

会社の残業時間を減らすには、経営陣側から体制を整えて根本的な改革を進める必要があります。

残業が多い会社の問題を改善する方法を見ていきましょう。

定時で帰れるノー残業デーの日を設ける

会社が残業に対する意識改革を進めるには、社員が定時で帰宅できる「ノー残業デー」の実施があげられます。

たとえば、毎週水曜日をノー残業デーに指定しておくと、仕事が残っている日でも定時にあがってよいという習慣づくりにつながるのです。

形だけの実施にならないように、ほかの残業対策と並行しながら進めることで、残業が多い会社の問題を改善する方法につながります。

コンサルタントに指示をあおぐ

自社の経営陣との意見交換のみでは、改善の見込みが難しいと感じられる場合は、第三者の視点でコンサルタントから指示をあおいで体制を見直す方法があげられます。

  • どのような方法で残業時間の短縮を目指せるのか
  • 会社の未来につながる戦略はどのような内容があるのか
  • 残業時間の削減に取り入れたいツールやIT技術はどんな内容があるのか

など、長期から中期、短期的な目標や視点であらためて会社の運営方法に介入し、改善策を提案してもらう流れで残業が多い会社の問題を改善する方法につなげられます。

繁忙期の人手不足にはアルバイトや派遣を雇用

特定の時期に残業時間が増えると把握している場合は、短期間のアルバイトや派遣社員を雇う形で対応する方法も考えられます。

コストカットを図りたいときにも有効活用できて、正社員の雇用が難しい場合の対応につなげられる方法です。

アルバイトや派遣社員が仕事に馴染みやすいように仕事のマニュアルを作成しておくなど、繁忙期の時期に向けて準備を進めておくとスムーズに採用から現場の教育と指導につなげられます。

業務を委託する

社員の仕事を減らす方法には、ルーティンの業務を第三者に業務委託する方法があげられます。

業務委託のメリットとしては、専門分野に特化したフリーランスや企業に依頼することで、社員の仕事量や負荷を軽減できる点があげられるでしょう。

アルバイトや派遣社員の雇用と違い、一件単位の仕事から発注しやすいメリットもあるのでコストカットを図りながら、残業が多い会社の問題を改善する方法につなげられます。

ビジネスチャットを使って業務連絡

仕事における残業時間が多い会社では、社員同士のコミュニケーションコストを削減するためにも、ビジネスチャットの導入が効果的です。

たとえば、電話やFAX、メールを使った対応で細かいルールや指示が多すぎる場合は、思い切ってビジネスチャットを導入して作業工程を簡略化してみましょう。

ビジネスチャットでデータや文章のやりとりを検討すると、不要な対応をなくすきっかけにつなげられて、会社の残業時間を削減できる改善方法につながります。

残業が多い会社は問題を抱えている

残業が多い会社ということは、何かしらの問題や課題を抱えていると認識したほうがいいでしょう。

残業削減や業務効率化を考える必要性はもちろんですが、残業が多い会社ということはどちらも実現できていないということですので、問題があるといえます。

まずは、残業が多い会社となってしまっている原因を特定し、適切な改善に取り組むことが求められます。

業務効率化や生産性向上を実現するためには、残業が多いことは大きな問題ですので、適切な取り組みをおこない、改善していきましょう。

メールが1/3に減少!カンタン業務連絡なら「Chatwork」


働き方改革の「そもそも」を知りたい方へ
マンガでわかる!「働き方改革」

「働き方改革」は、そもそもなぜ必要なのでしょうか。働き方改革の本質や法制度の概要を漫画で解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事