DXの例とは?DXの身近な例や成功した取り組み事例とポイント

働き方改革
AWAY

目次

社内でDXに取り組んでいるけれど、「期待していたほどの効果を得られなかった」、「成果を得られずに失敗してしまった」といった課題を抱えている担当者の方も多いのではないでしょうか。

DXを積極的に推進していながらも、導入の目的や方法を間違えてしまうと、DXのメリットを活かせない可能性があります。

DX化を失敗しないためにも、ほかの企業における成功事例やDXの例をチェックすることが大切です。

DX化に成功した身近な例を参考にしながら、自社での目的達成を目指しましょう。

DXの身近な例

これからDXを推進していく企業や、これまでにDXを導入したけれど結果が出ないという企業の担当者の方は、DXに成功した企業の事例を参考にしましょう。

人手不足、業務効率化、生産性の向上などを目的とした、さまざまな企業におけるDXの身近な例を紹介します。

マーケティングへの応用

消費者の行動が多様化するなかで、テレアポや紙媒体での宣伝といった、これまでのマーケティング活動が通じなくなってきました。

デジタル化はマーケティング業界にも及んでおり、マーケティングオートメーションツールや、顧客管理システム、営業最適化ツールを活用する必要が出ています。

たとえば、マーケティングオートメーションツールでは、潜在的な顧客に対するアプローチや、顧客に優先順位を付け、属性ごとに分類するなど、従来のマーケティング活動よりも省力化が可能となりました。

グローバル化も進み、競合他社が世界中に増え続けるという課題が出ている一方で、マーケティングのDX化を進め、競争力を高めることができます。

人的ミスの削減

人的ミスが頻発する課題を抱えている企業にとって、DXは効果的な施策となります。

日本国内における少子高齢化にともない、あらゆる業界で人手不足が目立つようになりました。

とくに、高度な作業を求められる環境では、専門的な人材が不足していることや、業務の負担が大きくなっていることで、人的ミスが発生しているケースも少なくありません。

DXを推進することで、システム上で管理が効率的におこなうことや、人間に代わって機械が作業をおこなうことで人的ミスの削減を期待できます。

DX化による業務の効率化

限られた人的リソースや時間のなかで、業務の効率化を図るためにもDXの身近な例を参考にしておきましょう。

たとえば、輸送業界では、日々渋滞が発生する道路を分析し、顧客のもとに荷物を届けるルートを最適化しています。

ほかにも、データ入力や集計業務といった細かい作業について、AIを活用し、自動化を進めている企業もあります。

DX環境構築のためにコストがかかるものの、業務フローが効率的になることで、コアの業務に打ち込んだり、残業時間の抑制にもつながったりする可能性を期待できます。

勤怠データの管理

新型コロナウイルス感染症の対策や働き方改革を受けて、多くの企業ではテレワークを導入しています。

しかし、オフィスに出勤しないことから、出退勤の打刻や残業の届け出などの勤怠データの管理が難しくなりました。

一方で、勤怠管理システムを各従業員が利用できるようにすることで、リモート環境でも簡単に勤怠の入力をおこなえます。

また、給与管理システムとの連携によって、給与計算も簡素化し、事務手続きの工数削減や負担の軽減につながります。

情報共有の強化

従業員の属性化やテレワークによって、社内における情報共有に課題を抱えている企業も少なくありません。

情報共有の課題を克服するDXの身近な例に、チャットツールや、Web動画ツールなどを用いた解決策が挙げられます。

たとえば、チャットツールを用いると、グループ内でのコミュニケーションが活性化し、業務の報告や悩みなどを相談しやすい環境が生まれます。

対面式で従業員同士が触れる機会が減少しているなかで、コミュニケーションツールの活用は、情報共有の課題解決に期待できます。

顧客満足度の向上

社内の課題を解決するだけでなく、顧客満足度を向上させる目的としてDXが推進されるケースもあります。

たとえば、カスタマーサポートセンターでは、AIによる自動音声システムでの回答や、問い合わせ内容を事前に分類し、適切なオペレーターにつなげるシステムが取り入れられています。

また、顧客の声をデータとしてシステムに残しておくことで、商品・サービスの改善にも役立ちます。

顧客を取り囲むためにも、DXによってマーケティング方法や、カスタマーサポートの仕組みに変化を持たせることが大切です。

身近な例からDXを成功するためのポイント

DXを適切に進めるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

身近な例を参考するのに加えて、どのようなポイントに注意するべきか解説します。

自社の課題を把握する

DXの推進は、自社の課題を把握することから始まります。

現時点で抱えている課題を明確にし、DXによって改善できるかを検討します。

また、このとき、経営者側の判断だけでなく、現場で働いている従業員から聞き取ることもポイントです。

課題を見つけた上で、DXでどのように解決するのか、身近な例を参考にするようにしましょう。

属人化にならない環境を構築する

社内でDXに取り組む際には、属人化にならない環境にします。

属人化とは、特定の従業員が担当している業務内容や進め方が、当人以外では分からなくなってしまう状態のことです。

属人化になっている社内環境だとDXを推進しても、情報共有をうまくおこなえないだけでなく、業務効率も向上しにくくなります。

社内体制を見直して、属人化が起きないように注意しましょう。

目的に適したITツールを導入する

DXでは、課題を解決できるようにITツールの導入が必要です。

たとえば、営業活動を効率化するためには、営業管理ツールや顧客管理システムを利用します。

また、ツールの選定では、対象となる人数分のプランを契約し、漏れがないように計画することも重要です。

DXの身近な例を参考にDX化を進めよう

DXの推進に行き詰まっている企業の担当者の方は、DXの身近な例を参考にし、自社での課題解決に取り組んでみてください。

試しにDX環境を体験してみたい場合には、無料で始められるビジネスチャット「Chatwork」の導入をご検討ください。

チャット形式でのメッセージのやりとりをおこなえるため、テレワーク環境でもコミュニケーションを活性化できます。

さらに、Chatworkのタスク管理機能を使えば、従業員ごとがやるべきことを可視化し、業務に漏れが出にくくなります。

進捗状況の把握や納期管理目的など、これまで課題となりやすかった部分の解決策としてChatworkをご活用ください。

DXとは何かもっと知りたい人へ

はじめてのDX

DXとは何かを改めて説明したうえで、社内でDXを進めるための具体的な手順をわかりやすく解説します。

DXに関する"よく聞く専門用語"を解説した「DX関連用語集」と合わせてご活用ください。

【主な内容】

  • DXとは? 〜 ビジネスを変革するデジタル戦略 〜
  • 自社のDX推進に欠かせない課題とDXの進め方
  • これだけは知っておきたい DX関連用語集

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事