経営資源とは?簡単に経営資源の意味やメリットを解説

働き方改革
AWAY

目次

企業の価値を高めるためには、経営資源が必要です。

しかし、経営資源と聞いても、具体的にどのような意味を持つのか分からない方も多いのではないでしょうか。

経営資源を活かして活動できるようにするためにも、6つの経営資源の意味や、メリットを簡単に解説しますので理解しておきましょう。

経営資源とは

経営資源とは、企業経営に必要となるリソースのことを指します。

「企業に利益をもたらす人材」、「事業を拡大するための資金」、「オフィスを豊かにするモノ」など、企業資源はさまざまです。

経営者は、経営資源を最大限に活用し、自社の優位性を高めるように運用することが求められます。

企業における6つの経営資源

企業が利用できる主な経営資源には、「人・モノ・資産・情報・時間・知的財産」の6つがあります。

6つの経営資源には、それぞれどのような特徴があるのか確認していきましょう。

経営資源①:人材

経営資源のなかでも、とくに重要なのが「人材」です。

企業活動になくてはならない存在であり、人の力がなければ、業務を遂行することができません。

少子高齢化にともない、労働人口が減少しているなかで、優秀な人材を確保することが優先事項となっています。

経営資源②:モノのリソース

経営資源における「モノ」とは、企業が生産する製品だけでなく、生産に必要な機械や設備なども含まれます。

また、従業員が業務を効率的におこなうためのオフィスツールも、経営資源におけるモノの1つです。

モノをどのように取り扱うのかが、企業の利益に大きく関連します。

経営資源③:企業の資産

企業活動を進めるためには、お金を意味する「企業の資産」を保有しなければなりません。

経営資源に含まれる、人材の採用やモノの購入にも、企業の資産を交換する必要があります。

資産額は、企業の体力にもつながることから、常にキャッシュフローを確認し、一定の資産を確保するようにします。

経営資源④:企業が持つ情報

「企業が持つ情報」とは、自社の顧客データ、これまで積み上げたノウハウといった無形資産を指します。

有形資産と異なり、容易に外部へ流出しやすいことから、取り扱いに気をつけなければなりません。

市場の競争が激しくなっているなかで、企業が持つ情報の価値は重要な役割を持ちます。

経営資源⑤:時間

経営資源における「時間」は、企業活動に関するあらゆる時間が含まれます。

具体的には、優秀な人材を確保するまでの時間、プロジェクトを成功にたどり着くまでの時間、製品を開発するまでの時間など、1つに限定されません。

限られた時間を最大限有効に活用するためにも、業務の効率化が浸透してきています。

経営資源⑥:知的財産

「知的財産」とは、企業が独自で有する特許や著作権、商標権といった法律で保護されている財産が該当します。

また、取引先のネットワーク、企業の組織力、ブランドの強さなど表面上では見えないような経営資源も知的財産に含まれます。

市場での競争力を高めるために欠かせない要素であり、時間をかけて構築されていきます。

経営資源を持つことによるメリット

企業が経営資源を持つことで、さまざまなメリットを得られます。

経営資源を形成する前に、経営資源によるメリットを確認しましょう。

自社の独自性を高められる

経営資源は、自社の独自性を高める効果があります。

たとえば、自社でしか作り出せない製品、自社でしか教育できない人材、自社でしか持っていない権利などを保有することで、他社にはない独自性を形成できます。

企業が独自性を持てるようになると、コアなファンを獲得しやすくなるほか、競合相手にも真似されない技術を生み出せます。

将来に渡って企業を発展させるためにも、自社の独自性を追求しましょう。

市場において競合他社の脅威となる

6つの経営資源を持つことで、市場における競争力を高められるようになります。

テクノロジーの発展やグローバル化にともない、あらゆる脅威に対して経営を進めなければならない時代となりました。

また、消費行動も多様化しており、市場の入れ替わりも活発化しています。

市場内での競争が激しくなっているなかで、自社の存在感を高めるためには、経営資源を最大限に活用することが求められます。

経営資源に厚みを持たせられるようになるほど、市場の変化に耐えやすくなり、自社の競争力を強化できます。

顧客に還元できる

市場で勝ち抜くためには、自社の力を高めるだけでなく、顧客にも還元できるような体制を整える必要があります。

顧客にとって魅力がなくなってしまうと、現時点で健全な経営を送っていても、将来的に衰退する可能性が高まるためです。

一方で、経営資源を豊富に持っていると、経営に余裕が生まれ、顧客のことを考えながら企業活動を進められるようになります。

顧客を優先とし、将来的な利益につながるような動きによって、永続的な経営を期待できます。

経営資源を管理する方法

経営資源を最大限に活かすためには、常に適切に管理しておくことが求められます。

経営資源の管理を徹底するためにも、何をおこなえばいいのか紹介します。

定期的な人材教育

経営資源の核となる人材を管理するためには、定期的な教育を実施するようにしましょう。

業務に必要なスキルを身に付けたり、専門的な能力を磨くことで、人材としての価値を高められるようになります。

また、従業員が自身の価値を活かせるように、最適なポジションに配置することも大切です。

組織に足りないスキルを補強し、そのスキルを活かせられるように企業側で工夫する必要があります。

情報セキュリティの強化

企業にとって重要な財産となる情報を守るためには、セキュリティ対策を強化しなければなりません。

とくに、近年では企業内でのデジタル化が進んでおり、情報漏洩のリスクが高まっています。

具体的な対策としては、最新のセキュリティソフトを導入することや、現場で働く従業員に対して、ITリテラシーに関する教育をおこなうことが挙げられます。

情報の流出だけでなく、外部からの信頼性の低下を防ぐためにも、セキュリティ対策の強化は必要不可欠です。

業務効率の意識を高める

限られた時間を有効に活用するには、企業が効率性を意識する必要があります。

たとえば、情報共有の方法を工夫したり、ペーパーレス化を導入するなどし、なるべく手間がかからないように進めます。

また、業務効率への意識を高めるために、日常的な目標として、数値化していくことも重要です。

明確な目標を設定することで、業務効率の意識が高まり、時間を無駄なく使えるようになります。

企業の価値を高めるためには経営資源が重要

企業における6つの経営資源は、人材やモノなどに加え、情報、時間など多岐に渡ります。

経営資源を持つことで自社の競争力を高められるようになり、将来的な経営力の向上につながります。

経営資源を適切に管理するためには、企業での工夫が必要です。

たとえば、時間の節約には、「Chatwork」を使った情報共有が効果的でしょう。

Chatworkを利用することで、円滑なコミュニケーションや情報共有を実現できるので、時間の節約だけでなく、企業活動において大きなメリットをることができます。

経営資源を活用する環境を構築するためにも、Chatworkの導入をご検討ください。

企業の労務担当者におすすめの資料

企業資産を守る「労務管理」のIT活用

労務管理の効率化に着手できていない企業の経営者・労務管理責任者の方のために労務管理に関する課題解決に役立つITツールの活用方法を紹介します。

【主な内容】

  • 改めて「労務管理」とは?
  • 労務管理のさまざまな課題

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事