リソースとは?ビジネスにおける意味や種類、管理方法をわかりやすく解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ビジネスをにおいてリソースという言葉には、どのような意味があるのでしょうか。

リソースとは、幅広い意味を持っており、ビジネスにおいても使い分けられています。

社内でリソースを最大限に活用できるようにするためにも、リソースの意味を把握しましょう。

ビジネスシーンで使われるリソースの種類やリソースを管理する方法を解説します。

ビジネスシーンにおけるリソースの意味とは

リソースとは、英語の「Resources」を由来とする外来語で、コンピューター用語としてPCの性能を意味するほか、あらゆる資源全般を指します。

一般的に、ビジネスシーンにおけるリソースは、後者の資源全般のことで、お金や人、情報などを含みます。

たとえば、現場の人手不足が課題となっているときには、「ヒューマンリソースが足りない」という形で使われます。

企業ごとにリソースの種類は異なるものの、経営を進める上で欠かせない要素です。

>人材育成に必要なスキルとは?に関する記事はこちら

リソースの種類

リソースと言っても、ビジネスシーンで使われるリソースには、さまざまな種類があります。

ビジネスパーソンとしても知っておきたい、代表的な3つのリソースを紹介します。

ヒューマンリソース

ヒューマンリソースは、人的リソースとも言われ、会社で働く従業員を意味します。

企業のリソースにおいて最重要項目であり、人がいなければ事業も進めないどころか、お金を作ることもできません。

また、一部の企業では「ヒューマンリソース(HR)」として組織化し、人材の採用や育成、管理などをおこなう専門的な部署もあります。

経営リソース

経営リソースとは、会社が経営に必要とする資源のことで、上記で挙げた人に加え、時間、情報、お金、知的財産などを含みます。

適切に会社経営を進めるためには、経営リソースを適切に活用することがポイントです。

また、経営の根幹を担う要素でもあるため、セキュリティ対策を含め、高度な管理体制を維持する必要があります。

たとえば、情報漏洩が起きると、会社の信用が傷つくだけでなく、今後の経営にも大きなダメージを与えることとなります。

外部リソース

ビジネスにおけるリソースの3つ目は、外部リソースです。

ヒューマンリソース、経営リソースは、主に会社内部のリソースでしたが、外部リソースは会社の外にあるリソースを意味します。

具体的には、アウトソーシング(業務委託)が、外部リソースに当てはまります。

企業経営を最適化するためにも、社外の人材やサービスなどを活用する必要もあります。

>経営資源の意味やメリットに関する記事はこちら

リソース不足による問題点

リソースが不足している状態が続くと、企業全体に問題が起こる可能性があります。

企業経営にもダメージが出る可能性があることから、リソース不足の影響を把握しましょう。

従業員の離職率が上がる

ヒューマンリソースの不足は、結果として従業員の離職につながる可能性が高まります。

職場に人手が足りない状況を意味し、それぞれの従業員の負担が大きくなるためです。

また、ヒューマンリソースを軽視することで、人材育成や人事評価に不満を持つ従業員も現れます。

企業活動に欠かせないヒューマンリソースの不足は、経営全体にもダメージとなるため注意が必要です。

>離職率が高い職場の特徴に関する記事はこちら

生産性の低下

リソースの不足は、生産性の低下を招く可能性も考えられます。

まず、ヒューマンリソースが足りないことで、人手不足が目立ち、必然的に生産性が低下します。

また、ITツールやデバイスといった経営リソースが揃っていない職場環境でも、各従業員の業務に負担がかかるため、生産性が下がる恐れがあります。

従業員のパフォーマンスを向上させるためにも、経営リソースを活用できる環境が必要です。

市場における競争力の低下

グローバル化やテクノロジーの進化にともない、市場における競争力が求められるようになりました。

たとえば、経営ソースにおける情報が足りないと、市場でのマーケティング戦略や、海外進出などに影響が出るため、競争力が低下する恐れがあります。

情報だけでなく、市場を拡大させるためのお金や、顧客を育てる時間といったリソースも必要です。

リソース不足は、経営の拡大を進めるのが難しくなり、競争力の低下を招きます。

>人材育成とは?に関する記事はこちら

リソースの管理方法

企業経営に必要不可欠なリソースは、適切な管理体制を維持することが重要です。

リソース不足に陥らないようにするためにも、どのようなリソース管理をおこなうべきか解説します。

適材適所を徹底する

リソースを管理するための方法として、適材適所で人材を活用することが挙げられます。

たとえば、コミュニケーションスキルが優れている従業員であれば営業に就かせたり、企画が得意な従業員はマーケティングに属したりと、各々のスキルを発揮できるポジションに配置します。

適材適所に人材を置けていない企業では、従業員のモチベーションが低下するだけでなく、生産性にも悪影響を及ぼしかねません。

定期的に従業員と相談しながら、どの分野に配置するかを考えてみましょう。

社内で規定を設ける

リソースの管理は、社内で規定を設けることも大切です。

仮に、情報リソースの管理が不十分である場合、情報漏洩を招く恐れがあります。

情報だけでなく、お金の管理、ツールの管理、知的財産の管理といった管理に関する規定を作ることで、安全性を持たせられます。

とくに、経営リソースは、企業経営の基盤でもあることから、徹底的な管理が必要です。

コミュニケーションを深める

リソースの管理で意識したいのが、コミュニケーションを深めることです。

コミュニケーションに不安を抱えている状態だと、従業員の管理だけでなく、社内規定を徹底することも難しくなります。

また、アウトソーシングとして外部リソースを活用している場合にも、いい関係性を維持するために、コミュニケーションが必要です。

リソースを最大限に活用できるように、職場での意思疎通を徹底しましょう。

>リソース管理とは?に関する記事はこちら

企業のリソース管理にはChatworkを役立てよう

ビジネスシーンにおけるリソースは、人材や情報、お金、知的財産といったさまざまな意味があります。

それぞれのリソースを最大限に活用できるように、企業での管理方法に工夫を持たせることが大切です。

とくに、コミュニケーションの活性化は、どのリソースを管理する際にも大切な要素です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、従業員同士のスムーズなやりとりに活用できます。

Chatworkを利用して、社内コミュニケーションの活性化や情報共有の円滑化を実現し、リソース管理に役立ててください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

企業の労務担当者におすすめの資料
企業資産を守る「労務管理」のIT活用

労務管理の効率化に着手できていない企業の経営者・労務管理責任者の方のために労務管理に関する課題解決に役立つITツールの活用方法を紹介します。

【主な内容】

  • 改めて「労務管理」とは?
  • 労務管理のさまざまな課題

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事