単純接触効果(ザイオンス効果)とは?単純接触効果を活かした働き方

働き方改革
AWAY

目次

興味がなかったのに、毎日見ていると段々と興味が強くなってきたという経験などは、「単純接触効果(ザイオンス効果)」と呼ばれるものです。

また、人間関係や生活だけでなく、ビジネスシーンでも単純接触効果を狙った施策が採用されています。

単純接触効果をどのような場面で活かせるのか、働くうえで単純接触効果を高めるために実施するべきコツを解説します。

単純接触効果(ザイオンス効果)とは?

単純接触効果とは、元々興味がなかった物事や人物に対して、複数回接触を繰り返すことで、興味を持つようになる心理的現象です。

たとえば、CMに流れている曲を毎日聞いているうちに、自然と覚えて、歌ってしまうなどが単純接触効果に当てはまります。

1968年に、アメリカの心理学者であるロバート・ザイオンス氏によって、単純接触効果に関する論文が発表されており、名前を取って「ザイオンス効果」とも呼ばれています。

一見、日常生活だけのことに思える単純接触効果ですが、マーケティングや営業活動などにおいても、単純接触効果を用いた施策も取り入れられています。

ビジネスにおける単純接触効果(ザイオンス効果)の活用例

単純接触効果は、ビジネスでも積極的に活用されています。

どのような場面で単純接触効果が応用されているのか、企業でおこなわれている手法や施策を確認してみましょう。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去にアクセスしたWebサイトに関連した商品やサービスなどの広告を繰り返し配信する方法です。

過去にユーザーが訪問したということは、程度の大小を問わず、興味を持っていることを意味します。

リターゲティング広告の戦略は、動画サイトやWebサイトの広告枠に繰り返し配信を続け、ユーザーに親近感を持ってもらう施策です。

インターネット上での接触回数が増加し、次第に購買欲求を高める手法として単純接触効果を期待できます。

メールマガジンの送付

普段何気なく、企業やネットショップサイトから配信されるメールマガジンも、単純接触効果を狙ったマーケティング施策です。

たとえば、ネットショップでは、クーポンの有効期限が近づいているメールなどが配信されます。

最初は煩わしいと感じていても、有効期限が近づくにつれてメールの頻度が多くなると、購買欲が高まることがあります。

このように、有効期限を繰り返しアナウンスしていくことも、単純接触効果のひとつです。

複数回の営業訪問

単純接触効果は、インターネット上のマーケティング施策だけでなく、企業の営業活動にも効果があります。

これまでつながりもなかった企業を相手に、一から営業活動を始めても、すぐに結果が出る可能性は低いです。

しかし、定期的に顧客のもとに足を運び、新製品の紹介や、相手企業の悩みを聞いているうちに、次第に親近感を与えられます。

最初の訪問で印象が悪かったからといって諦めるのではなく、相手企業に繰り返し訪問することで、単純接触効果につながります。

単純接触効果(ザイオンス効果)を活用する際の注意点

単純接触効果は、消費者や顧客の購買欲求を高めるのに効果的です。

しかし、単純接触効果を活用する際には、十分に相手に配慮することが求められます。

マイナスの要素が出てしまわないように、単純接触効果の活用方法に注意しましょう。

相手に悪い印象を与えないようにする

単純接触効果を活用したマーケティング施策をおこなう際には、相手に悪い印象を与えないように注意します。

たとえば、相手が要求していないのに、しつこく訪問をしたり、メールを配信したりするといった施策は逆効果につながる危険性があります。

とくに、インターネット広告は、ユーザーが嫌悪感を抱く現任にもなるため、配信方法を十分に考慮しなければなりません。

売上を伸ばす施策であるものの、企業に対する悪いイメージにもつながる可能性があるため、活用方法を気をつけましょう。

なるべく期間を空けないようにする

単純接触効果では、接触する期間についても注意が必要です。

相手に気に入ってもらったり、購買欲求を高めたりするためには、繰り返し接触を続けなければなりません。

たとえば、インターネット広告であれば、1週間に1回程度配信では、十分な効果を得るのが難しくなります。

ただし、相手に不快感を与えないように、ユーザーの反応やデータを取りながら、配信頻度を調整しましょう。

無意味な接触をしない

マーケティングで単純接触効果をおこなう際には、相手が多少の興味を持っているかどうかに気を付けましょう。

たとえば、過去にPCの情報を収集したユーザーに対して、ファッション系の広告を配信しても、広告を見てもらえる可能性は低いです。

同時に、営業活動でも、相手が求めていない情報を繰り返し提供しても、単純接触効果を引き出すことができません。

相手に信頼感を与えるためにも、無意味な接触を繰り返すのは避けるようにします。

単純接触効果(ザイオンス効果)を高めるコツ

単純接触効果では、一定時間をかけて、じっくりと相手に購買欲が生まれるのを待つ必要があります。

また、単純接触効果の効果を最大限高めるためには、さまざまな工夫を心がけましょう。

良質な情報を提供する

マーケティングや営業活動で、単純接触効果を高めるには、相手に良質な情報を提供することが重要です。

相手にとって価値の低い情報を提供しても、期待していたほどの単純接触効果を得られない場合があります。

具体的には、ユーザーが興味を持っている商品についての詳細や、お得に購入できる方法などを提供しましょう。

ただ単に関連性のある情報を届けるのではなく、相手がさらに知りたいと思えるような情報が必要です。

親密な関係づくりを意識する

相手との関係性を親密にすることも、単純接触効果に欠かせないコツです。

たとえば、営業活動であれば、自社のことだけを紹介するのではなく、相手が知りたい情報や、自社と取引することによるメリットなどを話します。

また、オンライン上では、カスタマーサポートを強化したり、Webサイトを見やすくしたりするなどし、ユーザーへの配慮が必要です。

相手と良好な関係を構築することで、相手からの信頼性も高まり、単純接触効果を引き出せるようになります。

コミュニケーション方法を工夫する

相手との接触機会を増やすためには、コミュニケーションが重要です。

しかし、新型コロナウイルスの感染対策で、対面式での会話が難しくなった現在、接触方法を工夫する必要があります。

Web会議ツールやチャットツールは、顧客先に訪問しなくても、オンライン上でのコミュニケーションが可能です。

さまざまなツールを活用しながら、自社との接触機会を設けましょう。

単純接触効果(ザイオンス効果)ではコミュニケーションが重要

単純接触効果は、マーケティングや営業活動にも取り入れられており、顧客の購買欲につなげられます。

しかし、単純接触効果は、単純に相手との接触回数を増やすのではなく、コツを意識してみることが大切です。

コミュニケーション方法に不安がある場合は、ビジネスチャット「Chatwork」を利用してみましょう。

Chatworkを利用することで、チャットで気軽に相手とコミュニケーションを取れるため、単純接触効果を高められます。

また、ChatworkにはWeb会議システムを搭載しており、お互いの顔を見ながら話すことも可能です。

社内外に向けて単純接触効果を活かした取り組みや施策をおこなうためにも、Chatworkの導入をご検討ください。

これからデジタル化を進めたい方へ

中小企業の「デジタル化」

デジタル化にはさまざまなメリットがあります。DX(デジタルトランスフォーメーション)に先立つ取り組みとしてもデジタル化の推進は重要です。

一方、デジタル化を進める具体的な取り組みは、各企業や組織によって異なります。自社が進めるべき「デジタル化」とは何か、質問リストで確認しましょう。

【主な内容】

  • 「デジタル化」の課題と目的
  • 「デジタル化」が可能な業務を知る質問リスト
  • 「デジタル化」の習慣を身につける

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事