デジタルリテラシーとは?デジタルリテラシーの必要性や高めるコツ

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

業務効率や働き方改革に伴い、デジタルテクノロジーの必要性が高まっています。

また、デジタルリテラシーを備えていないと、業務に悪影響を及ぼす可能性があります。

それでは、どのようにして、デジタルリテラシーを身に付ければよいのでしょうか。

従業員がデジタルリテラシーを身に付けることによるメリット・デメリットに加え、デジタルリテラシーを高めるコツを解説します。

デジタルリテラシーとは

デジタルリテラシーとは、最新のテクノロジーを業務に活かす能力のことを指します。

パソコン、スマートフォン、タブレットといったデジタルデバイスや、ソフトウェアを使って、業務の目的を達成するためのスキルです。

とくに、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが重要とされているなかで、デジタルリテラシーは必須とも言えます。

組織全体でデジタル化を進めるためにも、現場で働く従業員だけでなく、経営層もデジタルリテラシーを身に付ける必要があります。

デジタルリテラシーの必要性が高まっている背景

デジタルリテラシーは、デジタル化が進む現代に必要な能力です。

職場環境の変化も進んでいるなかで、デジタルリテラシーが求められている背景を確認しましょう。

デジタルデバイスの利用が必須

デジタルリテラシーの必要性が高まっている背景に、職場におけるデジタルデバイスの普及が挙げられます。

パソコンでの事務作業、外出先でタブレットを使った営業活動など、デジタルデバイスは欠かせない存在となりました。

しかし、デジタルデバイスの使い方を把握し、有効に活用できなければ意味がありません。

デジタルリテラシーは、デジタルデバイスの機能を最大限に活かすためにも必要な能力です。

効率性が重視されている

人手不足や職場環境の改善を行うにあたり、業務の効率性が重視されています。

効率性を高めるためには、デジタルデバイスやソフトウェアを活用できるようにデジタルリテラシーが必要です。

また、業界ごとに、専用のデジタルツールを用いていることも多く、使いこなせるスキルが求められます。

働き方改革の促進に必要

働き方改革が進むなかで、従業員はデジタルリテラシーを身に付けなければなりません。

とくに、テレワークを取り入れている企業では、自宅でもオフィス同様にデジタルツールを使えるように環境を整える必要があります。

デジタルリテラシーが身に付いていないと、環境構築が難しくなるだけでなく、情報セキュリティのリスクや、生産性の低下を招きかねません。

オフィスからプライベートな環境で働けるようになった現代では、デジタルリテラシーは必須とも言えます。

デジタルリテラシーの欠如によるデメリット

デジタルリテラシーが欠如していることで、さまざまなデメリットが生じる恐れがあります。

以下の例を踏まえて、自社におけるデメリットをイメージしましょう。

従業員のパフォーマンス低下

デジタルリテラシーの欠如は、従業員のパフォーマンスを低下させる場合があります。

手書きや、紙を使った作業が中心となることから、業務の負担が増加するためです。

また、デジタルリテラシーがを欠如していると、働き方改革も進まずに、ワークライフバランスの低下にもつながります。

従業員のモチベーション管理のためにも、デジタルリテラシーが求められます。

競争力が弱まる

デジタルリテラシーが欠如している企業は、競争力が低下する可能性があります。

消費者の選択が広がっているなかで、デジタルツールで消費動向を分析し、マーケティングを進めなければなりません。

デジタルツールを有効に活用できない環境では、競合他社との優位性が下がり、経営的にも課題を抱えることとなります。

情報共有のミスにつながる

業務の効率化や、生産性を向上させるためには、組織全体での情報共有が必要です。

しかし、デジタルリテラシーが備わっていないと、情報伝達にミスが生じる危険性があります。

チャットツールや、WEB会議ツールなどを活用しきれないため、コミュニケーションに支障が出るためです。

デジタルツールを使ったコミュニケーションが必要とされているなかで、適切に使いこなせるスキルが求められます。

デジタルリテラシーを高めるコツ

自社で目的を共有したり、継続的に教育機会を設けたりするなど、デジタルリテラシーを高める工夫を考えてみましょう。

デジタルリテラシー向上に欠かせないコツを紹介します。

デジタルリテラシーを備える目的を共有する

デジタルリテラシーを高めるには、従業員に対して目的を共有することが大切です。

なぜデジタルリテラシーを高める必要があるのかを共有し、理解を深める必要があります。

具体的には、業務の効率性を高めることや、働き方の改革といった目的を挙げていきます。

日常業務に欠かせないことを説明し、従業員自身が積極的にデジタルリテラシーに関心を持てるようにしましょう。

デジタルスキルを評価対象にする

デジタル関連のスキルを人事評価の対象し、デジタルリテラシーを高めることも重要です。

たとえば、デジタルツールの活用、セキュリティに関する知識、ソーシャルメディアを使った業務などを評価として可視化します。

また、評価項目ごとにランク付けをし、従業員同士に競争心を植え付けましょう。

人事評価に反映させることで、従業員のモチベーション向上につながり、周りへの波及効果をできます。

継続的な教育機会を設ける

デジタルリテラシーを業務に活かすためには、継続的な教育機会を設けるようにしましょう。

外部の講師や専門家から直接教わる機会を作り、デジタルリテラシーへの意識を高めます。

また、一度きりの教育機会にするのではなく、継続的に実施することが重要です。

社内でも従業員同士でデジタルデバイスや、ソフトウェアの使い方、機能、業務への応用の仕方などを教育する機会を作ってみてください。

効率性を高めるためにもデジタルリテラシーは必須

人手不足による効率性の改善や、リモート環境での働き方を実現するために、デジタルリテラシーは欠かせない要素です。

また、デジタルリテラシーを欠如していると、情報共有にもトラブルを抱える可能性があります。

ビジネス向けチャットツール「Chatwork」は、オンライン上でコミュニケーションを取ることができます。

最新のテクノロジーを活用しながら、デジタルリテラシーを身に付けましょう。

中小企業の「DX」がわかる!
マンガでわかる!「DX」

最近よく耳にするようになった「DX」。なんとなく意味は分かるけれど、DXの必要性や進め方が分からない方も多いのではないでしょうか。

DXの効果や進め方のイメージを、ある中小企業において、DXによる働き方改革を実現するストーリーを通し見ていきましょう。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事