コンプライアンスの重要性とは?コンプライアンスの重要性を理解するための取り組み

働き方改革
AWAY

目次

ニュースや新聞などで、企業のコンプライアンス違反を目にする機会が増加しています。

しかし、従業員がコンプライアンスを守るためには、企業で何をするべきなのでしょうか。

コンプライアンスを正しく理解するためにも、コンプライアンスの重要性を理解しましょう。

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは、企業や組織が法令を遵守することや、社会的なルールに沿って企業活動を行うことです。

さらに、法律を守ることはもちろんのこと、社内ルールや規則を守ることなど、幅広い範囲がコンプライアンスに該当します。

日本国内では、1990年代以降、偽造事件や粉飾決算、違法な労働形態などの不祥事が明るみになったことから、コンプライアンスの重要性が高まるようになりました。

コンプライアンスの重要性とは

それでは、どのような背景から、コンプライアンスを遵守することの重要性が高まっているのでしょうか。

企業や従業員がコンプライアンスを守るべき理由や、社会的な重要性について紹介します。

社会的な信用を得るため

コンプライアンスは、企業の社会的な信用を得るために欠かせません。

企業では、「CSR(Corporate Social Responsibility)」と呼ばれる企業の社会的責任を果たす必要があります。

つまり、企業がコンプライアンスを遵守せずに事業を行うと、一般消費者だけでなく、取引先から不評を受けることとなります。

最終的に、企業経営にもダメージを与え、事業の存続が困難になる可能性も避けられません。

従業員のモチベーション強化

コンプライアンスは、従業員が健全に、モチベーションを維持しながら働くためにも、重要な役割を持ちます。

近年、働き方改革が進んでいるように、従業員が働きやすい環境整備が求められるようになりました。

しかし、いまだにサービス残業や、従業員の安全を無視した労働環境など、コンプライアンスを遵守できない企業も存在します。

コンプライアンスを遵守できないままだと、従業員のエンゲージメントが下がったり、離職率が高まったりするといった恐れがあります。

企業に競争力を付けるため

グローバル化や消費者の多様化に伴い、企業に競争力が必要とされるようになりました。

しかし、他社との差別化を図るために、コンプライアンスを無視する企業も少なくありません。

一時的には企業の競争力が向上するものの、コンプライアンスを無視し続けることで、社会的な信用がなくなり、従業員からも見放されることとなります。

また、近年では、コンプライアンスを遵守する企業に対する投資も活発化しており、長期的な戦略で企業活動を行う必要があります。

コンプライアンスの重要性を認識させる違反事例

コンプライアンスは、企業活動にとって必要不可欠なものです。

しかし、コンプライアンスを無視した事例も多くあり、社会的にも大きく取り上げられてきました。

コンプライアンスの重要性を再認識するためにも、過去の違反事例をチェックしましょう。

労働規則の違反

コンプライアンスの違反で目立つのが、労働規則の違反です。

法律で定められた上限時間を越えての労働や、時間外労働に対する残業代の未払いなどが問題となっています。

また、労働規則の違反は、従業員の心身不調にもつながることが多く、企業側にもデメリットにもなり得ます。

従業員側からの訴訟問題にも発展するケースも増加しており、社会的な信用を失う可能性があります。

不正行為

企業の不正行為は、ニュースや新聞などの媒体でも取り上げられるコンプライアンス違反です。

会計書類を不正に改ざんする「不正会計」、助成金や補助金を騙し取る「不正受給」、産地を偽装して販売する「不正表示」など多岐に渡ります。

このような不正行為を続けていると、社会的な信用に影響を与えるだけでなく、刑事事件として立件されたり、厳しい行政処分を受けたりする恐れもあります。

企業の経営陣はもちろんこと、従業員による不正行為も多発していることから、コンプライアンスの徹底が求められます。

情報セキュリティの不備

インターネットの普及に伴い、情報セキュリティに関するコンプライアンス違反も目立つようになりました。

たとえば、企業にとって重要なデータを社外に持ち出したり、第三者に機密情報を送信したりなど、故意的な違反も多く発生しています。

とくに、テレワーク時代を迎えている現在では、従業員の管理が難しくなったことから、情報セキュリティのコンプライアンス違反に注意が必要です。

コンプライアンスの重要性の理解を深めるための取り組み

コンプライアンスの重要性を理解するためには、会社が中心となって取り組むことが大切です。

具体的にどのような取り組みを行えばよいのか、3つの施策を紹介します。

コンプライアンス遵守のための規則策定

コンプライアンスに関する規則を設けることで、コンプライアンスに対する重要性の理解につながります。

劣悪な労働環境、業務の不正行為、情報セキュリティの違反など、コンプライアンスを起こさないようにルールを設けます。

また、コンプライアンスの規則を設ける際には、従業員からもヒアリングを実施し、さまざまな意見を集約することが大切です。

コンプライアンスが徹底されるように、企業全体で真剣に取り組んでいることを外部に公表するのもおすすめです。

コンプライアンスの研修

コンプライアンスの意識を持つためには、定期的な研修を実施しましょう。

研修では、コンプライアンスの概要や、なぜコンプライアンスを守る必要があるのか、違反事例などを一から学びます。

また、従業員がイメージしやすいように、日常業務においてコンプライアンス違反になるケースを紹介することも重要です。

社内でコンプライアンス違反を見つけたときの対処法も説明し、客観的な目線でコンプライアンスを理解できるようにします。

会社の組織力を強化する

会社全体でコンプライアンスの重要性を拡散するために、組織全体の強化も実施しましょう。

コンプライアンスに関する専門の部署・チームを構築し、従業員に対する教育や意識調査などを行える体制を作ります。

そして、万が一、コンプライアンスが発生した場合、従業員が相談できるような窓口となり、適切に対処することが求められます。

このように、コンプライアンスと向き合うことで、社内でのコンプライアンス違反の防止につながります。

組織を強化してコンプライアンスを守ろう

コンプライアンスを軽視すると、社会的な信用が低下するほか、企業経営の存続にも影響を及ぼします。

従業員や経営陣がコンプライアンスの重要性を理解し、組織全体で取り組むことが求められます。

企業全体でコンプライアンスを強化するためには、コンプライアンス専用のチームを構成し、気軽に相談しやすい環境を構築してみましょう。

また、コンプライアンス違反を発見した従業員が報告しやすいように、Chatworkの活用も検討してみてください。

経営者必見!就業規則を見直そう
リスク回避のために! 小さな会社の就業規則の作り方

常時10人以上の労働者を雇用する職場は、就業規則を定めることが義務付けられています。

就業規則を作成することで、使用者の義務を果たすだけではなく、労使間のトラブルを解決する協力な武器を得ることにもなります。そのため就業規則は、たとえ労働者の数が少ない中小企業であっても定めておきましょう。

本資料では、就業規則の作成の進め方について、労務の専門家が複雑なルールを分かりやすく解説します。

就業規則の作成を一歩前に進めるヒントとしてお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事