中小企業がDXを推進するための課題と中小企業がDXを推進する方法

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

中小企業の経営側として働く方は、DX(デジタルトランスフォーメーション)の言葉を耳にする機会が多いのではないでしょうか。

DXを事業活動に落とし込みたいものの、どのように進めるべきか頭を抱える場合も少なくありません。

まずは、中小企業がDXを推進するためにどのような課題があるのかを知って、具体的な取り組みにつなげましょう。

中小企業がDXを推進するべき理由と方法を解説します。

そもそもDXとは?

IT技術が社会の発展や豊かさにつながるという考え方は、DX(デジタルトランスフォーメーション)と呼ばれます。

企業のビジネスにおいてのDXは、事業活動の競争力をIT技術で向上、強化させるために多くの中小企業が取り入れている内容です。

DXはデジタルの技術やデータを活用した仕組みを事業活動に取り入れて、社内全体の経営体制や顧客のニーズを掴む戦略、製品やサービスの開発など、経営全般の変革をうながします。

中小企業がDXを推進するべき理由

中小企業が抱える課題は、DXに絡んでいるものが多くあげられます。

改善を取り入れると企業にどのようなメリットが期待できるのか、中小企業がDXを推進するべき理由とともに見ていきましょう。

業務の効率化が実現できる

DXの流れを推進するには、書類の業務をなくしてデジタル化する流れが必要です。

たとえば、書類作業の押印や資料を電子化できると、やりとりや管理がオンライン上で進められて、従業員の作業量を減らす取り組みにつながります。

社内のデジタル化は作業効率化の意図があり、企業の競争力をIT技術で向上させるDXの推進に欠かせません。

中小企業がDXを取り入れたい理由には、書類作業をなくして作業効率化が図れることで、人手不足や仕事量の調整につながることがあげられます。

全体のコストカットにつながる

DXの価値観を取り入れるときは、業務体制を見直して社内全体の無駄を省けるように工夫します。

たとえば、ルーティーンの業務はオンラインのやりとりで業務委託を進めると、人件費の削減につながるでしょう。

また、書類作業をなくしてデータで情報共有や管理ができると、書類を保管せずに済んでオフィス縮小でコストカットを図れます。

社内全体の仕組みをスマートにできるとコストカットにつながる点は、中小企業がDXを推進するべき理由につながるでしょう。

質の高いサービスが提供できる

DXは企業が生き残るための競争力を向上させるため、仕事の生産性があがって事業活動にもよい影響が期待できます。

市場調査や自社で培ったデータを分析し、顧客のニーズを掴んだ戦略を考えて製品やサービスの開発と改善を検討できるからです。

DXを推進すべき理由として、中小企業が最新の技術を使って顧客が抱える課題を解決できると、顧客に質の高いサービスを提供できる点があげられます。

市場を広げられる

最新の技術からマーケティングを取り入れられると、世間の流行やニーズを素早く掴みやすくなります。

中小企業が生き残るために新規事業を立ちあげるときも、社会の動向を分析しながら先を読んだ戦略が立てやすくなるのです。

時代の流れに合わせた対策を取り入れるには、DXを踏まえた市場の開拓や戦略を取り入れる必要性がある意味でも推進すべき理由につながります。

中小企業がDXを推進するための課題

社内全体の流れをスムーズに進められないと、業務の無駄を省けずに従業員が生産性をあげられなくなります。

中小企業がDXを推進するための課題を見ていきましょう。

ペーパーレス化ができていない

デジタル技術やデータを活用した取り組みが難しいときは、ペーパーレス化が進んでいない課題があげられます。

書類の押印が仕事に必要だったり、FAXを使って書類でやりとりを進めたりするなど、社内の作業をオンラインで電子化できていない点が特徴です。

ペーパーレス化ができていないと、中小企業のDXが推進できず、従業員が仕事の処理や対応に時間がかかる課題が残ります。

デジタル化を進めるツールが導入できていない

職場の生産性を向上させるには、仕事のやりとりや処理をオンラインで進められるツールの存在が必要不可欠です。

たとえば、デジタルのソフトやツールの導入が遅れてしまうと、部署間の業務連絡や進捗状況をデータで見える化できない弊害が出てくるでしょう。

作業効率化を図れるデジタルのツールが導入できていない課題があると、顧客や取引先にスムーズな対応ができず、中小企業がDXを推進できない状況につながります。

経営陣の知識不足

現場の従業員がDXの推奨を求めていても、経営陣にDXの知識が乏しいケースも考えられます。

経営戦略の方向性や意思決定をするのは経営陣になるため、目の前の事業活動に注目するばかりの状況では、社内の対応が遅れる可能性もあるでしょう。

経営陣にDXの知識不足の課題があると、組織の成長に求められる新しい取り組みや変革が進められないリスクを抱えます。

対面で会う慣習を重視しすぎている

経営陣の価値観や社風によっては、取引先とのやりとりをオンラインでなく、対面で直接会う方法を中心に取り入れる場合もあります。

社内のコストカットや業務時間の削減には、オンライン会議システムやビジネスチャットを導入して、オンラインから商談に取り組む方法が便利です。

直接対面で話し合う方法は重要な場面もありますが、DXの推進から見たときに課題が残るポイントにつながります。

中小企業のDXを進める方法

小さなところから社内全体まで、DXに関わる取り組み内容をできるところから始めてみませんか。

中小企業がDXを進める方法を見ていきましょう。

DXに向けて新しい人材を雇用する

IT技術に関する人材が不足するときは、従業員の雇用や新規部署の設立を検討しましょう。

雇用が難しいときは、ITに関わる悩みを解消してくれる企業の相談サービスを利用し、社内に求められる対応や方法を模索していきます。

中小企業がDXを進めるときは、デジタル技術やデータの取り扱いの知識が豊富な従業員を雇用する方法があり、新しい視点から事業活動を展開する視野が広まるでしょう。

デジタル化を進める

社内でDXを推進するには、まずは業務をアナログからデジタルに変更する準備を進めましょう。

  • 押印の代わりになる電子契約を取り入れる
  • 経費の管理に電子帳簿、電子請求書などを使う
  • FAXの代わりにインターネットFAXを導入する

専用のクラウドサービスやソフトを活用することで、デジタル化で作業効率化を図りながら、社内全体のDXを進める方法につながります。

助成金を活用する

DXを推進したい企業に向けて、お金を支援してくれる助成金の制度があります。

たとえば、企業がITに関するツールを導入できる「IT導入補助金」や、ITに関する専門家の紹介とデジタル化の支援が受けられる「中小企業デジタル化応援隊事業」などがあげられるでしょう。

条件や時期に合わせてさまざまな助成金が活用できるため、DXの推進で資金不足を感じるときは、助成金を活用する方法を視野に入れてみてください。

オンライン会議や面談を取り入れる

社内の無駄を省く方法には、業務の時短やコストカットにつながるオンラインでの会議や面談がおすすめです。

商談に取り組むときには、交通費や時間をかけなくて済むため、お互いの手間や時間を奪わずに済むメリットがあるでしょう。

中小企業がDXを進めたいときに比較的取り入れやすい方法になり、幅広い用途に活用できて業務全体の課題解消につながります。

ビジネスチャットを導入する

業務のやりとりをオンラインからチャット式で進められるビジネスチャットは、社内のペーパーレス化やデジタルツールの導入につながります。

音声やビデオ通話の機能を使えば、電話の代わりにできてテレワーク導入時の活用にも便利です。

部署や取引先との連絡がスムーズになると社内全体の連携が取りやすくなり、生産性をあげる取り組みになってDXを進める方法につながります。

中小企業がDXを進める方法にChatwork

中小企業がDXを推進するべき理由と方法を解説してきました。

DXは企業が成長するために解消が必要な課題のひとつです。

DXを取り入れたい理由には、社内の書類作業の効率化が図れたり、時間や経費の削減につながったりするなど、事業活動の生産性をあげる意味があります。

中小企業のDXを進める方法には、DXに強い人材雇用や社内のデジタル化、助成金を活用する内容を取りあげました。

ビジネスチャット「Chatwork」は、DXの取り組みと相性がよいチャットやオンライン通話の機能が充実しています。

社内のDXを進めたいときは、オンライン会議や面談にも活用でき、さらに無料でアカウント登録できるChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkは、モバイル版アプリをダウンロードするとスマートフォンからも利用できます。DXとともに、テレワークの推進にも最適です。

DXとは何かもっと知りたい人へ
はじめてのDX

DXとは何かを改めて説明したうえで、社内でDXを進めるための具体的な手順をわかりやすく解説します。

DXに関する"よく聞く専門用語"を解説した「DX関連用語集」と合わせてご活用ください。

【主な内容】

  • DXとは? 〜 ビジネスを変革するデジタル戦略 〜
  • 自社のDX推進に欠かせない課題とDXの進め方
  • これだけは知っておきたい DX関連用語集

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事