Iターン・Jターン・Uターンの違いとは?メリット・デメリット、企業の支援方法

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

Iターン・Jターン・Uターンは、都会・地方・地方都市を移動する人々を表現する言葉です。

Iターン・Jターン・Uターンの違いをはじめ、メリット・デメリット、企業の支援方法を解説します。

Iターン・Jターン・Uターンの違いとは?

Iターン・Jターン・Uターンについて、それぞれの違いを解説します。

Iターン

Iターンとは、都会の出身者が地方で就職・定住することです。

たとえば、就職先や転職先が地方にあるため、都会を離れて地方で暮らし始める人などが当てはまります。

地方の企業では、都会出身者の人材を獲得するために、Iターンに関わる支援をおこなうケースもあります。

Jターン

Jターンとは、地方から都会へ出た人が、故郷に近い地方都市で就職・定住することです。

たとえば、就職や転職をきっかけに都会に出たものの、慣れ親しんだ故郷に近い場所に戻る人などが当てはまります。

Uターン

Uターンとは、地方から都会に出た人が、再び地方に戻ることです。

たとえば、就職や転職をきっかけに都会に出たものの、故郷に戻ってきたケースなどが当てはまります。

親の介護が必要になった人や、地方に戻って子育てがしたい人など、さまざまな理由があげられます。

Iターン・Jターン・Uターンが増えている背景

Iターン・Jターン・Uターンが増えている背景についてみていきましょう。

仕事と私生活を両立させたい

地方や地方都市に移住することで、仕事とプライベートを両立できるメリットが期待できます。

たとえば、都会に比べて保育園に子どもを預けやすい傾向がある地方の場合、子育てと仕事を両立しやすい環境が整うでしょう。

ワークライフバランスを整えたい人にとっては、魅力のある選択肢といえます。

生活環境を変えて新しい場所で挑戦したい

生まれ育った出身地以外で暮らすことで、新しい人間関係を築いたり、仕事のスキルを磨いたりするチャンスがうまれます。

生活環境を変えて新しい場所で挑戦することで、新たな発見や視野を広げることにつなげられるため、Iターン・Jターン・Uターンを選択する人が増えているといえます。

Iターン・Jターン・Uターンのメリット

Iターン・Jターン・Uターンには、それぞれのメリットがあります。

メリットの詳細をみていきましょう。

静かな土地で過ごしやすい

地方に在住することで、静かな土地を選んで暮らせるメリットがあります。

都会に比べると自然が豊かで、密集しすぎていない住宅地などが多く、ゆとりをもって暮らしやすいでしょう。

人が多い場所で暮らすのが苦手な人や、周辺環境の音が気になる人などは、地方で暮らすことでストレスのない生活を送りやすくなります。

生活にかかる費用を抑えられる

都会に比べると、地方のほうが生活費や家賃など、生活全般にかかる支出を減らせます。

お金の面が安定すると、心にゆとりができるようになり、精神的なプレッシャーから解放されるメリットがあります。

育児・親の介護ができる

地方の出身者は、地元・地方都市に暮らすことで、親からの支援を受けやすくなります。

子どもが小さいうちは、親に頼って働きに出られるなど、育児面での負担を軽減できるでしょう。

また、親の介護や病気の治療が必要な場合も、近くにいることでいつでもサポートできる安心感がうまれます。

都会よりも満員電車を避けられる

都会の通勤ラッシュは、地方よりも満員電車の混雑具合が激しい傾向があります。

田舎の場合、車を持っている人は車で通勤できるため、交通機関を使って通勤するのが苦手な方にとってはメリットといえるでしょう。

Iターン・Jターン・Uターンのデメリット

Iターン・Jターン・Uターンには、デメリットもあります。

デメリットの詳細をみていきましょう。

都会よりも給料が低い傾向がある

仕事内容にもよりますが、地方の給料は、都会に比べると低い傾向にあります。

「スキルアップを図りながら安定した給料を稼ぎたい」という人にとって、地方に在住するということは、望みを叶えられない可能性があるかもしれません。

仕事に何を求めるのか再検討しながら、移住先を決めるといいでしょう。

希望する仕事が見つからないことがある

地方よりも都会のほうが、求人数や仕事の種類が多い傾向にあります。

業界や職種にもよりますが、地方や地方都市で希望する仕事が見つかるとは限りません。

ある程度の企業でスキルや実績を身につけたあとに、テレワークで働ける企業に転職するなど、何かしらの対策をとる必要があるでしょう。

都会よりも娯楽に関わる施設・交通手段が少ない

都会に比べると、地方や地方都市は、娯楽に関わる施設が少ないデメリットがあります。

場所によっては「交通手段が限られている」「周辺にスーパーやコンビニが少ない」など、生活面で不便に感じることが多くなるかもしれません。

娯楽施設や交通手段が少ないなど、生活面での不自由さを感じる人にとっては難しいでしょう。

企業がIターン・Jターン・Uターンを支援する方法

安定して人材を獲得するには、上述のメリット・デメリットを勘案したうえで、企業がIターン・Jターン・Uターンを支援することも大切です。

従業員にとって働きやすい環境を整えるためにも、企業が支援できる方法についてみていきましょう。

求人掲載でアピールする

地方や地方都市で暮らしたい人に向けて、求人広告に「Iターン・Jターン・Uターンができる」という内容を記載しておきましょう。

求職者が地方に在住したい気持ちがある場合に、「応募してみよう」と思えるきっかけになる可能性があります。

採用方法・基準を見直す

採用方法を見直すことで、多くの人材を獲得しやすくなる可能性があります。

たとえば、採用方法にオンライン面接を導入することで、全国各地にいる人材を獲得できるチャンスにつながります。

また、採用基準や制度を見直して、地方に在住して働くことを了承する体制を整えることも大切です。

そうすることで、優秀な人材を獲得する機会に恵まれやすくなります。

支援制度を整える

Iターン・Jターン・Uターンを推進するためにも、企業内で支援制度を導入しましょう。

たとえば、下記のような内容があげられます。

  • 補助金(引っ越し代金など)
  • ワーケーション
  • 週末移住
  • テレワーク

ワーケーションは、観光地やリゾート地などの場所で働く方法です。

週末移住とは、休みの日だけ別の場所で暮らす方法を指します。

また、場所や時間にとらわれない働き方としては、テレワークを推進する方法がおすすめです。

地方や地方都市に在住できる働き方を推進するためにも、従業員にヒアリングしながら制度を整えていきましょう。

>ワーケーションに関する記事はこちら

>テレワークに関する記事はこちら

Iターン・Jターン・Uターンの支援で人材獲得

地方や地方都市に在住して働きたい人を支援することで、企業は幅広い人材の獲得チャンスにつなげられます。

優秀な人材を獲得するためにも、ワーケーションや週末移住、補助金など、自由な働き方を選択できる制度を整えていきましょう。

Iターン・Jターン・Uターンを推進するには、テレワークの導入もおすすめです。

ビジネスチャット「Chatwork」は、テレワークを導入するときの連絡手段として活用できます。

「Chatwork」はメールや電話に比べて、チャット形式で気軽にやりとりができるうえ、ビデオ通話機能も備わっているので、離れていても臨機応変にコミュニケーションをとることができます。

テレワークの導入に、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事