生産性と従業員満足度を向上させる ワーケーションとは

働き方改革
AWAY

目次

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、テレワークが急速に広まりました。しかしワーケーションという言葉をご存じの方はまだ少ないかもしれません。

ワーケーションとは、観光地などでの休暇と組み合わせて仕事をする新しい働き方です。テレワークは、主に自宅から仕事をすることを指しますが、これをさらに発展させたものであるといえるでしょう。
今回の記事では、企業がワーケーションを認めるメリットやワーケーションが抱える課題について、説明します。

ワーケーションとは?

ワーケーションは、「ワーク」と「バケーション」が組み合わさった造語です。
オフィスに出社せず、自宅から離れた場所での休暇と組み合わせて働くことを想定しており、従業員はテレワークで働くことが前提となっています。

ワーケーションという言葉は、2000年代にすでにアメリカで広まっていたと言われています。その背景として、アメリカが日本と比較してITの分野で発展しており、さらに国土が広いために、テレワークが普及しやすい環境であったことが挙げられるでしょう。一方日本では、まだまだなじみのない概念のようです。

ワーケーションのメリットとは

ワーケーションをすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。従業員を雇用する企業、従業員自身と、地域・行政の三つの視点から説明します。

企業にとってのメリット

企業にとって最も大きなメリットといえるのは、従業員の生産性が高まる可能性があるという点です。ワーケーションをする従業員は、オフィスに拘束されることなく、自分で適した環境を選び、そこで仕事をすることができます。
また、普段一緒に過ごすことのできなかった家族との時間をとったり、環境そのものを楽しんだりすることで、仕事の合間に気分をリフレッシュさせることができます。

テレワークの普及以前、従業員は就業のためにオフィスに来ることが一般的でした。そのため企業側は、従業員の生産性や満足度を向上させるために、社員食堂を運営したり、リフレッシュルームなどの設備を整えるなど、オフィス環境の向上のために工夫をする必要がありました。

しかし、従業員にワーケーションを認めることができれば、就業環境を整えなくても、良好な環境で仕事をしてもらうことができます。つまり、ワーケーションを実施することで、コスト面でもメリットがあるといえるのです。

従業員のメリット

従業員側としては、休暇の使い方が大きく広がる点が挙げられます。

これまで、旅行などに使える休暇がとれなかったという人の中は、その理由に、定期的な会議があったり、上司や顧客からの連絡があることを挙げる人も多いでしょう。

遠隔地で休暇を取りながら仕事をすることが認められれば、本来出社しなければならなかったオフィスから遠く離れた場所に行くハードルが大きく下がります。これまでできなかった長期の旅行や帰省なども計画可能になり、これまでできなかったことに挑戦することもできるでしょう。

地域・行政のメリット

ワーケーションは地域や行政へのメリットもあります。ワーケーションが認められれば、前述のように休暇を旅行に使う人や、旅行のために休暇を使える人が増えるでしょう。そのため必然的に、観光地に多くの人を呼び込めるようになるのです。

そのメリットをふまえ、現在一般社団法人日本テレワーク協会が、ワーケーションの取り組みを支援しています。
日本テレワーク協会が運営するWebサイトでは、長野県や新潟県などでワーケーションを受け入れているリゾート地の検索ができます。それぞれの地域で、首都圏や都市部からアクセスがよく、自然の豊かな環境にある宿のオーナーと自治体が、備品の無償貸し出しをアピールしています。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりインバウンド需要は激減しました。しかし、今後、より多くのビジネスパーソンがワーケーションを実施することにより、地域は確実に活性化するでしょう。危機に瀕している観光業を、国内の需要によって盛り上げることができるかもしれません。

ワーケーションの課題

ワーケーションはメリットばかりに見える一方、乗り越えなければならない課題もあります。

環境整備が必要

オフィス外で仕事をするためには、ネットワーク環境やツールの整備など環境整備が必要です。また、社外から社内のサーバーにアクセスするためには、十分なセキュリティ対策もとる必要があります。

もちろん、業務に利用できるPCやスマートフォン、場合によってはポケットWi-Fiがあることも前提となります。すべてを一から整備しようとすると、大きなコストがかかるおそれがあるといえるでしょう。

従業員の就業状況が把握しづらい

ワーケーション中は、テレワークと同じように従業員の様子がわかりづらいという課題もあります。特に、従業員がきちんと就業しているかを把握したいと考えている企業の管理者はにとっては、ワーケーションやテレワークを認めるための大きな壁に感じるようです。

この課題に対しては、仕事を見える化をすることで対応することができます。例えば、コミュニケーションツール業務管理ツール上で業務の内容を十分に把握できれば、たとえ姿や顔が見えなくても、従業員が仕事をしているかが一目瞭然でしょう。

当然、ワーケーションをしている人は観光地にいるからといって、就業中に仕事をしていないわけではない、という認識を全員が共有しておく必要もあります。

従業員が休暇中に完全にリラックスできない

ワーケーションは休暇と組み合わせて就業するという働き方のため、リラックスした働き方ができることが特徴です。しかし、逆に「休暇中なのに十分に休めない」と感じる人もいるようです。

たしかに、上司や顧客などからいつ電話がかかってくるかわからない、という状態は、リラックスできたものではないと感じる場合もあるでしょう。

この課題に対しては、ワーケーション中の「休暇」と「就業」を区別することで対応することができます。
ワーケーションは「休暇と組み合わせて働く」働き方であるとはいえ、両者を混同してしまうとかえって生産性が落ちたり、リラックスができないと感じてしまいます。

遠隔地にいるとはいえ、仕事をする時間と休みをとる時間は区別し、社内、社外の関係者にもそれを伝えるようにしましょう。

まとめ

ワーケーションをおこなうことで、生産性の向上や従業員の勤務環境の向上だけでなく、地域や行政へのメリットも期待できます。ただし、ワーケーションを実現するためには、テレワーク環境の整備が必要不可欠です。また、遠隔地にいても従業員の就業状況を把握したいと思う場合、コミュニケーションツールや業務管理ツールを導入することをおすすめします。

ビジネスチャットは、リアルタイムでのコミュニケーションやデータのやり取りができるツールです。ビジネスチャットのひとつであるChatworkはさらにタスク管理機能によって、仕事の依頼や進捗の確認も簡単にできます。新時代の新しい働き方を導入検討をする場合に、ぜひ一緒に検討することをおすすめします。

テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料

はじめてのテレワーク

このお役立ち資料ではテレワーク導入のために企業がするべき準備をまとめました。

感染症の予防の観点から、テレワークを推奨する動きが広がっている一方で、「まだ何も準備ができていない」、「どうやってはじめれば良いかわからない」などという声も聞かれます。

  • なぜ今テレワークが必要なのか
  • テレワーク導入のために企業がするべき準備は何なのか
  • Chatworkがテレワーク企業に選ばれる理由

などを解説します。貴社のテレワーク導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事