情報セキュリティ対策とは?重要性と企業がすべき情報セキュリティ対策を解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
情報セキュリティ対策とは?重要性と企業がすべき情報セキュリティ対策を解説

目次

ネットワークやシステムが発展するなかで、個人情報などのデータを守ることが求められています。

サイバー攻撃などで情報漏洩した場合、社会的損失や顧客との信頼関係に大きなダメージを与えてしまうことがあるためです。

情報セキュリティ対策を講じることで、しっかりとサイバー攻撃から情報を守っていくことができます。

どのような情報セキュリティ対策が効果的なのか、具体的な事例や対策方法をご紹介します。

情報セキュリティ対策とは

情報セキュリティ対策とは、不正アクセスなどの攻撃や、外部へデータなどの情報が漏洩する上で急所となるシステムを守ることです。

ITが発展するなかで、企業が保持する顧客情報や、機密情報をインターネット上で管理することが多くなりました。

しかし、セキュリティ対策が十分でないと、第三者へ情報が流出したり、ときには企業経営に影響を与えたりするほどの損害を被る危険性もあります。

情報の流出だけでなく、経営的なリスクを防ぐためにも、情報セキュリティ対策が求められます。

>セキュリティを重視しChatworkを導入した企業の事例はこちら

情報セキュリティ対策に取り組む必要性

情報セキュリティ対策に取り組む必要性は、企業の信頼性を維持するためです。

企業の機密情報が流出することで、金銭的な損害が発生するのはもちろんですが、社会的な信頼を失うリスクも存在します。

また、取引先企業との信頼関係にも影響を及ぼし、最終的に経営が困難になることも考えられます。

情報管理が企業の課題となる現代において、徹底した情報セキュリティ対策を講じなければなりません。

>情報漏洩の原因と対策に関する記事はこちら

情報セキュリティ対策を怠ることによる脅威

情報セキュリティ対策を怠ることで、さまざまな脅威に晒されてしまうリスクがあります。

企業が被るリスクを防ぐためにも、どのような脅威がつきまとうかを確認しましょう。

意図的脅威(第三者からの攻撃)

外部からの攻撃は、意図的脅威とも言われており、第三者がウイルス感染で改ざんを引き起こしてデータを抜き取る方法があります。

また、内部による攻撃に関して、機密情報を外部に持ち出して金銭に換えるなどの行為も、人間の意図的な行動として意図的脅威に該当します。

規模の大きい被害となってしまうことが多く、システムへセキュリティソフトの導入や社員教育をおこなうなどの対策が必要です。

偶発的脅威(人為的なミス)

偶発的脅威は、人為的なミスによって引き起こされる脅威です。

たとえば、従業員が、社内規定を破って外部へ持ち出したデータを入れたUSBが盗まれるケースや、デジタル機器での操作ミスによって機密情報を漏洩させてしまった場合が当てはまります。

ヒューマンエラーはどの企業でも起こりますが、故意でなくても損失を被る点に気を付けなければなりません。

情報セキュリティ対策として、チェック体制の強化を実施することが求められます。

環境的脅威(予期せぬ災害)

環境的脅威とは、通常時では起こりにくい異常気象によって企業が被害を被るケースです。

とくに、停電はどの企業にとっても大きな脅威で、機器の故障や、サーバーのダウンなどを引き起こします。

また、大地震や津波のような予期せぬ災害も環境的脅威に当てはまり、企業に甚大な被害を与えます。

補助電力装置の設置や、従来の天災を超える規模の災害を想定し、常に危機管理体制を構築することが重要です。

>情報セキュリティの目的と必要性に関する記事はこちら

情報セキュリティ対策の方法

情報セキュリティ対策を実施する際には、システム対策を講じるだけでなく、社員に対しても意識付けをおこなうことが重要です。

具体例を含めながら、どのように情報セキュリティ対策に取り組んでいくか解説します。

情報セキュリティの理解

情報セキュリティ対策を行うためには、情報セキュリティ自体の意味を理解する必要があります。

「なぜ情報漏洩が起こってしまうのか」、「情報セキュリティ対策を徹底する理由」などを考えることで、対策方法を見出しやすくなります。

IT分野における大企業でも、情報漏洩や自社サービスの障害が目立つようになりました。

企業の規模を問わず、情報セキュリティに対しての理解を深め、しっかりとした対策を構築することが重要です。

IT人材の育成

第三者の攻撃や内部社員のヒューマンエラーなどを防ぐために、社内でIT人材を育成する必要があります。

ビジネスシーンでも、ITツールやデジタル機器の活用が増加している一方で、使い方に慣れていない従業員も多いのが現状です。

十分な知識がないままITツールを使用すると、操作を誤ってしまい、機密情報を外部に漏らしてしまう、システムのエラーにつながったりするようなトラブルを招く可能性があります。

定期的に従業員に対してITリテラシーを高める研修を開くことはもちろん、従業員が主体的にITを学べる機会や、資格を取得できるような教育環境を整えましょう。

情報セキュリティポリシーの策定

常に高水準の情報セキュリティを保つためには、社内で規定を定めることが大切です。

脅威によるトラブルを未然に防げるような情報セキュリティポリシーを定め、従業員に対して周知を徹底します。

また、簡単に規定が破られないようにするためにも、故意でルール外の行為をした従業員に対して、罰則を設けることも必要となります。

企業で実現可能な範囲での情報セキュリティポリシーを策定し、従業員が緊張感を持って取り組めるようにしましょう。

IT機器の使用に関するルール作り

情報セキュリティポリシーを策定するだけでなく、IT機器の使用に関するルールも作りましょう。

たとえば、ノートPCの持ち出し制限や、社内のPCにインストール可能なソフトウェアの制限などを設けることで、リスクへの対策が可能となります。

また、ITツールの取り扱いについても、同時に注意しなければなりません。

システム更新やメンテナンスなどの作業では、手順の確認、複数人によるチェック、動作後の異常確認などのマニュアルを作り、ヒューマンエラーを防ぐ工夫が必要です。

最新のセキュリティソフトを導入

変化を続ける第三者からの攻撃に対して、最新のセキュリティソフトを導入し対策しましょう。

コンピュターウイルスは常に進化をしているため、古いセキュリティソフトでは対応しきれないことも少なくありません。

また、セキュリティソフトを導入することで、人間では確認しにくいマルチウェアの感染状況をいち早く検知し、すぐに悪意のあるプログラムを駆除できます。

社内ネットワークの安全性を維持するためにも、最新状態のセキュリティ環境を構築する必要があります。

>情報セキュリティの3要素に関する記事はこちら

脅威に向けて情報セキュリティ対策を強化しよう

さまざまな脅威が増え続けるなかで、情報セキュリティ対策のさらなる強化が求められる時代となりました。

リスクに対する情報セキュリティ対策を万全な状態でおこない、企業を守らなければなりません。

社内でルールを設けることはもちろん、セキュリティソフトのアップグレードや、信頼できるITツールを選定することが大切です。

ビジネス向けチャットツールの「Chatwork」は、高度なセキュリティ機能を搭載しており、従業員同士や社外とのやりとりを安全におこなえます。

データの暗号化をおこなうことによって、第三者による情報漏洩を防げるため、情報セキュリティ対策を実現できます。

常に付きまとうリスクに対して、情報セキュリティ対策を実施しましょう。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

社内の情報セキュリティを守る方におすすめの資料
攻めの情報セキュリティ
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事