営業電話がうざい・しつこい・迷惑と思われない方法と電話以外の営業手段

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
営業電話がうざい・しつこい・迷惑と思われない方法と電話以外の営業手段

目次

営業電話でうざい・しつこい・迷惑と思われたくないという悩みは、営業電話をした経験がある方なら誰しもが持ったことがあるのではないでしょうか。

営業電話がしつこいと思われると成約率が下がるだけでなく、企業のイメージにも悪影響を与えます。

営業電話でうざいと思われない方法や、営業電話のしつこいイメージや迷惑な印象を軽減するために電話以外の営業手段の活用方法を解説していきます。

うざい・しつこい・迷惑と思われる営業電話

なぜ営業電話はうざい・しつこい・迷惑と思われてしまうのでしょうか。

うざい・しつこい・迷惑な営業電話と思われてしまう理由に当てはまっていないか、改善できる部分はないかという意識で確認していきましょう。

担当者に変わるまで要件を話さない

営業電話をしたときに、相手方の担当者に代わってほしいと伝えることは多いかと思います。

しかし、要件を伝えないまま担当者への取り次ぎをお願いすると、相手は不信感を持ち、「迷惑でしつこい営業電話なのではないか」と思われてしまいます。

なぜなら、要件を話さずにすぐに担当者につなげようとする営業電話は、営業電話であることを隠して電話していると感じられてしまうからです。

営業電話の場合は、断るという方針を持った企業や担当者であった場合に、営業電話であることを隠して取り次いだとしても、マイナスの印象を与えるだけになるでしょう。

時間を一方的に奪ってしまう

相手の時間を奪ってしまうことは電話全般層ではありますが、営業電話がうざい・しつこい・迷惑と思われる原因です。

なかなか本題に入らずに顧客の状況についてたくさんの質問をしたり、雑談がメインの話しかしないようであれば、相手は早く電話を終わらせたいと考えるでしょう。

また、「せっかくだからこれも紹介しておこう」と考えて複数の商品・サービスを紹介したり、一度断られたのにもかかわらず何度も電話してしまうことも相手の時間を奪います。

営業電話とわかった段階で、興味がなければ相手は早く終わらせたいと考えるものですので、ただの営業電話だったなと思われるようであれば、少なからずマイナスの印象を与えてしまう可能性は高いでしょう。

一方的に話してしまっている

相手の話を聞かずに一方的に話してしまう営業電話は、うざいと思われる原因となります。

電話営業は訪問営業とは異なり、相手の顔が見えません。

そのため、相手に話すタイミングを与えなければ押し売り感が出てしまい、顧客を第一に考えていない迷惑な営業電話だと思われてしまいます。

相手が電話に出たら、まくしたてるように話して相手が話す真を与えないような営業電話は、手法のひとつなのかもしれませんが、内容も入ってこないだけでなく印象は悪くなりやすいでしょう。

営業電話でうざい・しつこい・迷惑と思われないためには?

うざい・しつこい・迷惑と思われてしまうと、そこからの成約が難しくなるだけでなく、企業やサービスへの印象も悪くさせかねません。

うざい・しつこい・迷惑と思われないためにはどのような営業電話をするべきでしょうか。

先に要点を伝える

要点を最初に伝える営業電話は、うざい・しつこい・迷惑とは思われず、むしろ顧客に一定の安心感を与えることができるでしょう。

「要点を先に伝えると営業であることがわかり、電話を切られてしまう」と思う方も多いかと思いますが、そもそも信頼を得られなければその後の取引にはつながりません。

まずは会社名や名前、今回紹介したい商品・サービスなどについて簡潔に伝えるようにしましょう。

落ち着いた話し方をする

電話では声のトーンも重要なポイントです。

営業電話ではお互いの顔が見られないため、顧客は声のトーンや区長などの雰囲気で相手の様子や印象を判断することになります。

そのため、焦って早口で話していたり暗いトーンで話していたりすると、相手に不信感を持たれてしまいます。

明るい声を意識し聞き取りやすく丁寧に話すことで、相手の話を聞く姿勢に持っていくことが重要です。

忙しい時間帯には控える

相手が対応してくれそうな時間帯に営業電話をかけることも重要なポイントです。

職種にもよりますが、月初・月末や顧客の始業時間前や終業間際など、バタバタしがちな時間帯にかけると、迷惑だと感じる顧客も少なくありません。

一般に、始業時間から1時間以内であれば社員が自席を離れたり外出したりすることが少なく、電話がつながりやすい傾向にあります。

担当者が確実に在社している時間かつ忙しくない時間を見計らって電話をすることで、話を聞いてもらえる可能性は高くなるでしょう。

何度も繰り返し電話をしない

何度も繰り返しかける営業電話は、顧客が最もしつこいと感じやすい行為ともいえるかもしれません。

一回目の電話でしっかりと次の約束を取り付けて直接訪問するか、電話でうまく行かなかった場合は別のアプローチを取った方が成約率が高くなります。

そのためには、一回目で断られた場合にどのように対応するかを事前に考えておくことも必要です。

営業電話がうざい・しつこい・迷惑と感じられる悪影響

営業電話は顧客に不快感を与えてしまうだけではありません。

不適切な営業電話が原因で、うざい・しつこい・迷惑と感じられてしまった場合は、企業への印象や企業活動に悪影響を与える可能性があります。

社内で情報を共有されて悪いイメージを持たれる

何度も営業電話をかけてくる企業の情報を社内で共有する場合も多いです。

そのため、営業電話が原因で企業全体にマイナスなイメージを持たれてしまうことがあります。

これにより、成約率が下がるだけでなく、商品やサービスを選ぶ際の選択肢に入れてもらえなくなる可能性があるので注意が必要です。

着信拒否されて電話がつながらなくなる

「もう二度と電話しないでほしい」と思われてしまい、着信拒否される場合もあります。

また、着信拒否されるということは、企業に対してすでに悪いイメージを持たれているため、メールなどを送っても読んでもらえないことがほとんどです。

このような状況になってしまうと、同じ顧客に営業を続けることは難しくなります。

違法行為として訴えられる

最悪の場合、違反行為として訴えられてしまう可能性もあります。

特定商取引法では、営業電話で相手が売買契約しない意思を示した場合、企業はさらに勧誘を続けたり、あらためて勧誘の電話をしたりしてはいけないことになっています。

そのため、一度断られてしまった相手に対して短期間のうちに何度も電話をかけるのはリスクがあるといえるでしょう。

営業電話以外の手段でうざい・しつこい・迷惑を回避

営業電話は適切におこなわなければ悪い印象を持たれやすい営業手法ともいえます。

営業電話をすることで、うざい・しつこい・迷惑という印象を与えることを避けるには、電話以外の手段を営業に導入することです。

それぞれ営業電話に代わる手段の特徴を見ていきましょう。

メールを活用する

まず挙げられるのが、メールを活用する方法です。

顧客が企業の製品やサービスについて興味を持ってくれるかどうかは、何かしらの方法で一度アプローチをとってみないとわかりません。

メールであれば一度にたくさんの顧客に送信できるほか、送ったメールに対して反応のあった顧客から商談を進められ、営業活動の効率化も図れます。

しかし、メールも迷惑と思われる場合がありますので、送信頻度や内容に注意をする必要性はあります。

FAXやDMを送信する

FAXやDM(ダイレクトメール)も有効な手段といえるでしょう。

FAXやDMは開封率が高いとされていますが、特にDMに関しては、デザイン性を考えて送信することでさらなる開封率アップも狙えます。

メールと同様に、一度に多くの人に送信できるのもメリットです。

しかし、FAXは相手の用紙やインクを消耗するので迷惑と感じられてしまう場合もありますし、DMも不要であればゴミになるので、停止要求などに素早く対応することも求められます。

ビジネスチャットを活用する

ビジネスチャットは、社内の連絡ツールだけでなく営業ツールとしても使えます。

スピード感を持ってメッセージの送信ができるほか、スマートフォンでも通知を受けられるため、外出先でもすばやく確認・対応できるのが特徴です。

メールと同様にメッセージの履歴がすべて残るため、顧客とのトラブルも回避できます。

また、ビジネスチャットの場合、コンタクトが取れた相手としかやりとりができませんので、顧客または顧客となる可能性と高い相手としかやりとりができないという点も、不特定多数や興味がない層と接触を避けられるという点でもメリットでしょう。

そもそも興味を持ちつながりがある相手とのやりとりになるので、迷惑と感じられる要素は少ないと考えられます。

営業電話以外にビジネスチャットも活用しよう

営業電話でうざい・しつこい・迷惑と思われないためには、営業電話の方法の改善はもちろん、別の手段やツール、手法の活用も重要になってきます。

営業電話の代替手段として、ビジネスチャットが効果的です。

ビジネスチャットは、文面でやりとりするという意味ではメールと似ていますが、ビジネスチャットの特性上、メールで必要とされるような定型的な文面作成の手間が省けます。

また、FAXやDMも効果的であるものの、顧客の反応をスピード感を持って確認できるという点ではビジネスチャットが優れています。

営業電話の代替手段や新たなツールとして、Chatworkなどのビジネスチャットも検討してみてはいかがでしょうか。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

営業・マーケテイング担当者におすすめの資料
顧客エンゲージメントを高める!ビジネスチャット活用のススメ

売上を高めるためには、顧客への細やかなフォロー、適切な情報提供をおこない顧客エンゲージメントを獲得することが重要です。ビジネスチャット活用法を紹介します。

【主な内容】

  • ビジネスの「土台」を固める方法
  • 顧客の「信頼」を醸成する方法
  • コミュニケーションの「品質」を保つ方法

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事