情報収集で気をつけることとは?情報収集で大切なことや情報源の種類も解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
情報収集で気をつけることとは?情報収集で大切なことや情報源の種類も解説

目次

情報収集では、客観的な視点で偏りのない意見を集めながら、情報源を明確にわかりやすく伝える工夫が欠かせません。

とくに伝える相手がいるときは、情報発信の内容に責任がもてるように根拠のある内容を集める必要があります。

どのようなポイントに気を配りながら、情報収集をし発信すると伝えたい意図を明確に届けられるのでしょうか。

情報収集で気をつけることや情報収集に大切なことを解説します。

情報収集で気をつけることは?

客観性を大切にしながら情報源の大元を明記しておくと、情報発信の丁寧な伝え方につながります。

情報収集で気をつけることには、何があるのかを見ていきましょう。

偏りのない意見から客観的に集める

書籍やインターネットなどの情報源を参考にしながら、公平に情報を取捨選択して収集する必要があります。

作成者がどのような内容を参考に発信したものか、意見や見方の偏りがないかを慎重に検討します。

情報収集で気をつけることには、主観的な意見にとらわれずに客観的事実が確認できる内容を選ぶ必要があるのです。

文章の引用部分や引用元を明確にする

情報収集した内容を発信するときは、情報を自身でまとめ直した内容なのか、文章をそのまま使用しているのかを明確に記載しましょう。

引用した書籍があるときは、本のタイトルや引用部分のページ数と内容などを記載しておきます。

インターネットから記事を引用したときは、情報源のURLリンクと記事の名前やサイト名を一緒に記載しましょう。

誰の意見がどこまで反映されているのか区別がつけられるため、受け取り手が公平な視点で情報を精査できます。

情報収集した文章の引用部分や引用元を明確にするように気をつけると、法律や情報提供者の権利を守りながら情報収集の参考に使えるのです。

参考文献や資料を記載する

情報収集した内容を公開するときは、書籍やインターネットで参考にした資料、取材によるリサーチ内容など、参考元の情報源を記載すると丁寧です。

語る内容に信憑性が出て情報の根拠が明確になるため、情報の受け取り側が納得しながら内容を確認できます。

集めた情報を取り扱うときに気をつけることには、参考文献や資料を記載するように配慮しましょう。

必要な情報を絞って調査する

仕事で情報収集するときは、テーマと目的を決めて時間の兼ね合いを考えながら的を絞って調べましょう。

広範囲の内容まで足を広げてしまうと、すべての情報を活用できないまま、無駄に時間がかかってまとめられない懸念があるからです。

慣れない情報を集めるときは、必要な情報を絞って調査するように気をつけると、時間内で簡潔に内容がまとめられます。

>情報収集の方法12選に関する記事はこちら

情報収集で大切なことは?

情報を集めるときは、正確な内容を相手にわかりやすく伝える工夫を取り入れる必要があります。

情報収集で大切なことには、何があるのかを見ていきましょう。

正確な一次・二次情報を集める

情報には質があり、できる限り根拠や信憑性の高い一次・二次情報のデータを使って集める必要があります。

一次情報とは、実体験や自身で調査、実験した根拠のある情報源です。

二次情報とは、書籍や論文、インタビューなど、他者から集めた情報源を指しています。

情報の受け取り手が知らない知識を提供するには、正確な情報源を選んで集めることが大切です。

デジタル以外の書籍からも情報収集する

インターネットの情報源は簡単に検索がかけられるメリットはありますが、情報を深堀りしたいときは書籍での情報収集がおすすめです。

書籍のデータは、出版社の編集者や監修、参考文献や論文のデータをもとに第三者の目を含んだ正確なデータが手に入れやすいでしょう。

地域にある図書館を使えば無料で閲覧できるので、大量の情報を得たいときは書籍に目を通して学ぶ姿勢も大切です。

情報を整理してわかりやすくまとめる

情報収集して第三者に伝えるときは、重要部分を取捨選択して簡潔にまとめましょう。

受け取り手に合わせて情報のポイントを絞ると、そのまま情報を使うよりもスムーズに知識が理解しやすくなります。

情報収集で大切なことは、すべての情報を使うのではなく、整理してわかりやすくまとめると伝わりやすいでしょう。

>情報収集がうまい人の特徴に関する記事はこちら

疑問が残らないように情報を集める

情報収集の途中で疑問に感じる点は、基本的に疑問が解消するまで掘り下げると丁寧に情報が集められます。

自分が疑問に感じる点は、伝える相手に疑問が残りやすい部分にもなるため、わかりやすい情報を伝える上で注目したいポイントです。

自分や伝える相手の立場になりながら、わかりづらい点を丁寧に調査する姿勢が情報収集に大切といえます。

情報収集に使えるツールと方法

インターネットや書籍などのツールをうまく活用しながら、効率よく情報を集めましょう。

情報収集に使えるツールと方法を解説します。

メモを使って情報をまとめておく

インターネットで情報収集するときは、ポイントを整理しながらメモ帳を使って書き留める方法がおすすめです。

自身が購入した書籍を参考に読み進めるときは、気になるページにふせんを貼ったり、書き込んだりする方法と並行すると、効率よく情報がまとめられます。

情報収集に取り組むときは、メモ帳のツールを使って必要な情報を振り返れるように工夫しておくと便利です。

>個人的なメモに活用できる「マイチャット」とは?に関する記事はこちら

対面やオンラインで取材する

質の高い情報を探すときは、専門家やプロに直接対面やオンラインで取材する方法があげられます。

インターネットだけでは得られないリアルで信憑性の高い意見が聞けるため、新鮮な情報を届けられるメリットがあるでしょう。

リアルな情報を集めたいときは、情報収集のためにSNSやサービスを使って対面やオンライン取材の方法から自身で情報を集めにいく姿勢も大切です。

新聞やニュースサイトを使う

最新の情報や変化の流れが早い情報を掴むときは、新聞やインターネットのニュースサイトを参考にしましょう。

さまざまなジャンルの内容が閲覧できるため、図書館などを利用すれば、情報収集の内容に合わせて過去から現在まで多くの情報に触れられます。

公式から無料で閲覧できる新聞やニュース情報が掲載されているケースもあるでしょう。

できる限り新鮮な情報を集めることも大切なので、情報収集で流れの早い情報を探したいときは、新聞やニュースサイトのツールを参考にしてください。

書籍から情報収集する

分野に特化した情報で量を集めたいときは、書籍を読む方法が効率的です。

書籍の執筆には資料や論文、参考文献などの情報が使われている場合が多く、ひとりで情報を集めるよりも素早く概要を掴みやすいメリットがあります。

専門知識が多く詰め込まれた書籍のツールを使い、根拠を明確にしながら情報収集することも大切です。

インターネットの検索エンジンを使う

幅広い意見を素早く集めたいときは、インターネットの検索エンジンやSNSを使って情報収集する方法が便利です。

日常生活で多くの方が使っているツールになるため、口コミや評判の情報を調べるときも便利に活用できます。

気軽に検索しやすい分、情報収集者の判断が問われる内容も多いため、できる限り公的な情報源を参考に調べるほうが無難です。

情報収集に使えるツールとして、PCやスマートフォンを使ってインターネットの検索エンジンやSNSから気になる情報を掘り下げてみてください。

>情報収集スキルを高める方法に関する記事はこちら

情報源別のメリット・デメリット

インターネットやテレビ、新聞など、情報を収集する方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。

情報源は、収集したい情報に応じて、メリットとデメリットを加味しながら選ぶようにしましょう。

 

新聞・書籍のメリット・デメリット

新聞や書籍から情報収集する場合は、情報源が明確であることから、信頼性が高く、専門性の高い情報を得る点がメリットです。

一方で、テレビやインターネットに比べて速報性や情報の鮮度が低かったり、情報量が多いため、情報を読みとることに時間がかかったりするといったデメリットがあります。

 

テレビのメリット・デメリット

テレビを情報源とする場合、映像をみることが情報収集の方法となるため、新聞や書籍などの活字による情報と比較すると、理解しやすいというメリットがあるでしょう。

しかし、情報を手元においておくためには、録画をしたりテキストに起こしたりなどの手間が発生することや、テレビ局によって、発信する内容に偏りがある場合もあるため、注意が必要です。

 

インターネットのメリット・デメリット

インターネットで情報収集する場合は、リアルタイムで発信・更新される情報が多いため、鮮度が高い情報が手にはいる点がメリットといえるでしょう。

また、調べ方によっては、あらゆる種類の情報を短時間で入手することができます。

しかし、情報が古かったり信憑性が低かったりすることもあるため、「いつ」「誰が」発信した情報なのかをよく確認する必要があります。

間違った情報で、誤認識を生まないためには、自分で情報の取捨選択をすることが大切です。

情報収集に大切なことは正確な情報源から集めること

情報収集するときは、必要な情報を絞りながら客観的な意見を中心にまとめておき、参考文献や引用元を明確に記載するように気をつけましょう。

情報収集に大切なことは、正確な情報を集めて疑問点を解消しながら、内容をわかりやすくまとめてください。

インターネットやSNSで情報収集の取材に取り組むときは、情報交換のコミュニケーションがスムーズに進められるビジネスチャット「Chatwork」が便利です。

Chatworkでは、オンライン上で便利にチャットやビデオ通話ができる機能が充実しているので、仕事の作業効率化にぜひご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事