情報収集とは?情報収集のコツと情報収集スキルを高める方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
情報収集とは?情報収集のコツと情報収集スキルを高める方法

目次

情報収集とは、適切な情報源から正確で客観的な内容を集めて判断することが大切です。

仕事で情報を取り扱うときも、正確な情報収集ができると仕事を効果的に進められて役立つメリットがあります。

実際にさまざまな情報媒体を使って集めるときは、どのような項目に気をつけながら情報収集をするとよいのでしょうか。

情報収集のコツや情報収集スキルを高める方法とツールを解説します。

情報収集とは

仕事を進めるときに集める情報を適切に使うためには、情報収集をする際に覚えておきたいポイントがいくつかあります。

情報収集では、どのような点に注目すべきなのか見ていきましょう。

偏りのない意見を客観的に集める

仕事で情報収集するときは、偏った意見ばかりでなく公平な視点でさまざまな内容に目を通しましょう。

書籍やインターネットなど、著者や記事を書いた方の意見が偏っている可能性を考慮して、できる限り公的なデータや資料を参考にしている意見を集めます。

情報収集に取り組むときは、取捨選択の際にできる限り客観的な意見を冷静に分析する姿勢を忘れないようにしましょう。

疑問点は放置せず深掘りする

情報を集めているときに疑問を感じた場合、ほかの人も同じように疑問に感じる可能性が高いといえます。

国の機関が公開しているデータや書籍、インターネットなど、さまざまな情報源を参考にしながら再度内容を調査してみましょう。

情報収集では、疑問点を放置せずに深堀りしながら整理して取り扱うように心がけてください。

文章の引用部分や引用元を明確にする

情報収集の参考に引用した部分があるときは、引用元の情報源とともに記載しましょう。

どの部分が参考に引っ張ってきた文章であるのかが明確になり、相手の権利を侵害せずに利用できて安心です。

仕事で実際に情報を使うときは、文章の引用部分と引用元を明確にして取り扱うように注意してください。

必要な情報を絞ってまとめる

情報収集した内容を第三者に伝えるときは、そのまま提示せずに相手が理解しやすい形でまとめましょう。

内容を読み取る時間を短縮できて、本題を伝えやすくなるメリットがあります。

情報収集したあとは、必要な情報を絞ってまとめておくと、自分が見返すときだけでなく伝えやすい内容で発信できるのです。

>社内の情報共有を効率よくする方法に関する記事はこちら

情報収集のコツ

さまざまな媒体から情報を集めながら、参考にした資料やデータがあれば一緒に残しておくと再度確認するときに便利です。

どのような点に気をつけるとよいのか、情報収集のコツを見ていきましょう。

正確な情報源から集める

仕事で使う情報や誰かに発信するときは、客観的に根拠のある情報源から集めるようにしましょう。

テーマにしている内容によって変わるものの、正しい情報を掴めないと場合によっては第三者に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、責任感をもって取り扱う必要があります。

情報収集のコツは、どのくらい社会的な信用がありそうな資料やデータなのか、情報源はどこからきているのかを考えながら取捨選択して情報を選びましょう。

>情報収集がうまい人の特徴に関する記事はこちら

日常的に集めた情報はメモしておく

情報は時間をかけて集める必要があるため、労力を無駄にしないためにも、情報収集した内容はメモにまとめて保存すると便利です。

同じ内容を取り扱うときは、すぐに情報を引き出せて再度探す手間を短縮できるメリットがあります。

最新の情報を確認しながら、日常的に集めた情報をメモに整理しておくことは、情報収集のコツで覚えておきたいポイントです。

書籍などの幅広い媒体に目を通す

情報収集の定番には、インターネット検索で集める方法がありますが、大量の情報を正確に集めたいときは書籍や論文、専門家へのインタビューなどもおすすめです。

ひとつの媒体に頼らずにさまざな情報源を頼りにしていると、より根拠のある客観的な情報を集めて活用できます。

情報収集のコツとして、普段は使わない情報媒体を利用すると効果的に集める手段につながると覚えておきましょう。

参考文献やURLを書いておく

どのような情報を参考にしたのか、第三者が確認できるように参考文献やインターネットのURLを書いておくと親切です。

自身が情報源を振り返るときにも便利なので、記載が必要ないときでもメモ帳に残しておくと確認や整理のときに役立ちます。

情報収集のコツとして、参考文献の書籍や論文、ニュースサイトや公的なサイトのURLを書いておくとよいことを頭に入れておきましょう。

>情報共有を効率化する方法に関する記事はこちら

情報収集のスキルを高める方法とツール

情報を幅広い視点から集めるには、さまざまなツールや方法を活用すると効率よく内容を集められます。

情報収集のスキルを高める方法とツールを見ていきましょう。

SNSを活用する

最新の情報や個人の感想を集めたいときは、SNSを使うとさまざまな職種や世代の意見を集められます。

実際に社会でどのような商品が売れているのか、どのようなインフルエンサーに支持されているのかなど、社会を動かす一般人からプロまで幅広い本音が聞けるところがメリットです。

情報収集のスキルを高めるツールにはSNSに登録して活用し、上手に最新情報や感想を集める方法としてご活用ください。

新聞やニュースサイトで最新情報を得る

最新情報を得たいときは、各分野に特化した新聞やニュースサイトを読むと多くの内容が読み進められます。

経済や社会情勢に関わる内容など、世間がどのように動いているのか大まかな概要を把握したいときに便利です。

上手に使うと社会人の雑談や日常会話の材料にできるメリットもあるので、情報収集のスキルを高めるツールや方法としてご活用ください。

書籍から情報を探す

特定の情報を掘り下げて探したいときは、各分野のプロが監修や著者になっている書籍を読んで情報を集める方法がおすすめです。

出版社と編集者が仲介に入っていることが大半で、根拠になるデータと資料を情報源として掲載されていることが多くあります。

書籍は情報収集のスキルを高めるツールとして、自力で大量の情報を集められないときに時短する方法につながるのです。

インターネットで検索する

多くの情報を幅広く手軽に集めたいときは、インターネットの検索エンジンを使うと効率よく情報が集められます。

気になるテーマのワードを入力すると、すぐに検索結果に当てはまる情報が集められるため、忙しい方でも便利に探せるところがメリットです。

情報収集の王道に活用できるツールとして、インターネットから公的なサイトや信用できる情報源を参考にすると、情報収集のスキルを高める方法につながります。

オンラインや対面でインタビューする

情報源は実体験や実験結果、プロや専門家に直接インタビューして集める方法が確実で根拠になります。

たとえば、調べたいテーマに関わる店舗や専門家に対面で直接インタビューする方法もあれば、オンラインを使ってメールや音声通話で会話して聞き取る方法もあるでしょう。

情報収集の王道に活用できる方法として、オンラインや対面でインタビューができると、一歩踏み込んだ情報を集められます。

情報収集のコツは何度も情報に触れて見極めること

正確な情報源や幅広い媒体に目を通して情報を集めながら、参考文献やURLの記載、日常的に集めた情報はメモしておくと、情報収集を上手に扱うコツにつながります。

情報収集のスキルを高める方法とツールには、SNSの活用や新聞とニュースサイト、書籍やインターネットで検索する方法、オンラインや対面でのインタビューなどあらゆる手段を利用できるようになるといいでしょう。

また、ビジネスチャット「Chatwork」では、集めた情報を気軽に共有できるツールです。

Chatworkはテキストでの質問やオンラインインタビューにも利用できるので、情報収集の活用できます。

情報収集や情報共有に使えるコミュニケーションツールを探している方はChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事