インプットとアウトプットとは?仕事におけるインプット・アウトプット

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
インプットとアウトプットとは?仕事におけるインプット・アウトプット

目次

新しいことを覚えるためには、インプットとアウトプットに取り組む必要があります。

一般的に、インプットとアウトプットは、勉強や習い事など日常生活で実施することが多いですが、ビジネスシーンでも重要です。

それでは、ビジネスシーンにおいて、インプットとアウトプットの実施することで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

社会人としての活躍の場を広げるためにも、正しいインプットとアウトプットの方法を解説します。

インプットとアウトプットの違いとは

インプットとアウトプットを初めて実践する方は、両者の違いについて把握しましょう。

また、ビジネスシーンで、どのような役割があるのか確認してみてください。

インプットとは

インプットとは、日本語で「入力」という意味があり、新しい情報やスキルを身に付けることです。

たとえば、資格試験の勉強で、テキストに記載されている知識をインプットしたり、実技試験の動作を学習したりする際に用いられます。

また、社会人になっても、営業の仕方やプレゼンテーションのトークなどをインプットする場面が多くあります。

インプットを正確におこなわないと、間違った情報や知識を吸収してしまうだけでなく、仕事でのミスにもつながります。

アウトプットとは

一方で、アウトプットは、「出力」という意味で、インプットで身に付けた情報や動作を活かすことを指します。

インプットの例に加えると、テキストで学んだことを模擬試験や本試験で発揮することが、アウトプットに該当します。

同様に、ビジネスシーンでも、顧客先との商談でトーク力を発揮したり、マニュアルで学習した知識を仕事に活かせるように、さまざまな場面でアウトプットが求められます。

このように、インプットで知識や情報を吸収したあとに、アウトプットをおこないます。

アウトプットは記憶に定着させることが目的であり、反復的に実施する必要があります。

>情報収集に大切なこととは?に関する記事はこちら

インプットとアウトプットをおこなうメリット

ビジネスシーンにおいて、インプットとアウトプットは、どのようなメリットをもたらすのでしょうか。

仕事を通して、インプットとアウトプットをおこなうことによるメリットを紹介します。

スキルや能力の定着

インプットとアウトプットを繰り返しおこなうことで、スキルや能力の定着につながります。

たとえば、自社商品の知識を身に付ける場合、あらかじめ用意されたマニュアルを熟読するだけでは、完全に定着させることは難しいです。

しかし、インプットだけでなく、アウトプットも同時に進めることで、長期の記憶として定着します。

インプットしたことを継続的にアウトプットすると、知識やスキルが自分の物となります。

仕事への自信につながる

アウトプットが安定的におこなえるようになると、仕事の自信を向上させることができます。

これまでできなかったことが、意識しなくてもできるようになるため、仕事の幅が広がったり、後輩に教える技術が身に付いたりします。

また、安定したアウトプットによって、個人の生産性を高めることとなり、人事評価にも期待できます。

周りから信頼を得られる

インプットとアウトプットを実施することで、周りからの信頼を得られやすくなる点もメリットです。

アウトプットが安定してくると、仕事のパフォーマンスも向上し、同僚や上司からの評価も高まります。

また、さまざまなビジネスシーンで、情報や知識を活かせるようになると、新しい人脈の構築にも期待できます。

質の高いアウトプットの継続は、自身のキャリアにも大きなプラスになり得ます。

>情報共有を効率化する方法に関する記事はこちら

インプット・アウトプットを効果的におこなう方法

記憶への定着を高めるためには、繰り返しインプットとアウトプットをおこなう必要があります。

仕事の成果を高められるように、インプット・アウトプットを効果的におこなう方法を把握しましょう。

インプットに時間をかける

仕事の成果を高めるためには、インプットに時間をかけるようにしましょう。

学んだことをすぐにアウトプットをしたくなりますが、インプットを蔑ろにすると、間違った情報が身に付く恐れがあります。

とくに、ビジネスシーンでは、深い知識を身に付けていないと、顧客から指摘を受けてしまい、関係性に悪影響を及ぼしかねません。

アウトプットの質を高めるためにも、焦らずにインプットの時間を設けることが大切です。

正直な姿勢を持つようにする

インプットをおこなう際には、正直な姿勢を持つようにしましょう。

簡単な知識でも、一から学ぶ姿勢を持つようにすることで、正確性の高いインプットが実現します。

また、知らないことを放置せずに、積極的に自分から学びにいく姿勢も重要です。

自分に足りていることと、足りていないことを把握することで、将来的に役立つ知識やスキルを身に付けられます。

>自分専用のメモとして活用できるChatworkのマイチャットに関する記事はこちら

アウトプットの失敗を修正する

記憶に定着させるためには、アウトプットでの失敗を修正するようにしましょう。

インプットした内容を間違えてアウトプットし続けても、一向に自分のものにはなりません。

修正する際には、どの部分を間違えてインプットしているのか、正しい情報をインプットし直す必要があります。

間違った情報が定着しないように、アウトプットの間違いに気が付いた時点で、すぐに修正をおこないましょう。

>アウトプットを仕事に活かす方法に関する記事はこちら

具体的な目標を設定する

インプットとアウトプットで記憶力を高めるには、具体的な目標を立てることも大切です。

目標を設定していないと、どこまでアウトプットを続ければよいのか分からなくなり、モチベーションの低下にもつながります。

たとえば、自分の言葉で商品を説明できるようになるまでや、顧客から発注をもらえるようになるまでといった目標を立てると、仕事のやる気も高められます。

同僚や上司からも定期的にアドバイスをもらうようにし、目標達成に向けて努力する姿勢を維持しましょう。

>効果的な情報共有会議の進め方に関する記事はこちら

仕事の成果を高めるためにはインプットとアウトプットを続けよう

インプットとアウトプットは、新しい情報や知識を頭に定着するために必要なアクションです。

仕事の成果を高めるためにも、インプットとアウトプットの役割を理解し、正しい方法で進めるようにします。

インプットとアウトプットの方法に悩まれている方は、ビジネスチャット「Chatwork」を活用してみてください。

タスク機能を活用し、学ぶべきことをチャット上に記録していくことで、達成度を可視化できます。

また、同僚や上司からのフィードバックをもらい、インプットとアウトプットの改善にも役立ちます。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

論理的思考の基本技術を徹底解説!
すぐに使える!ロジカルシンキングのフレームワーク4選!
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

インプット・アウトプットに関するQ&A

インプットとは?

日本語で「入力」という意味があり、新しい情報やスキルを身に付けることです。

ビジネスシーンにおいてインプットを正確に行うことは、とても重要です。

アウトプットとは?

アウトプットは、「出力」という意味で、インプットで身に付けた情報や動作を活かすことを指します。

ビジネスシーンにおいて、アウトプットは記憶に定着させることが目的であり、反復的に実施する必要があります。

インプットとアウトプットの違いとは?

ビジネスシーンにおいては、インプットは知識や情報を吸収を意味し、アウトプットはインプットによって学習した知識を仕事に活かすことを指します。

仕事の成果を高めるためにも、インプットとアウトプットの役割・違いを理解し、正しい方法で進めるようにしましょう。

インプットとアウトプットをおこなうメリットとは?

インプット・アウトプットを繰り返しおこなうことで、スキルや能力の定着につながるメリットがあります。

インプットした情報を整理し活用し、スキルや能力の定着につなげるには、アウトプットを効果的におこなう方法を知り、繰り返し実践してみましょう。

関連記事