「陳謝(ちんしゃ)」の意味とは?使い方や活用シーンを例文付きで解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「陳謝(ちんしゃ)」の意味とは?使い方や活用シーンを例文付きで解説

目次

深刻な面持ちで謝罪する場面で、「陳謝」という言葉を耳にしたことがある方がいるかもしれません。

「陳謝」は、事情を述べて謝るという意味がある言葉で、ビジネスシーンでも使われる謝罪表現のひとつです。

この記事では、「陳謝」の正しい意味や使い方、活用シーンを紹介します。

「陳謝」と「謝罪」の違いを知り、適切に使いこなせるようになりましょう。

「陳謝」の意味

「陳謝」は、「ちんしゃ」と読み、事情を述べて謝るという意味がある言葉です。

「陳謝」は、「つらねる・ならべる」という意味をもつ「陳」に、「お詫びをする」という意味がある「謝」を組み合わせた言葉です。

「陳謝」は、謝罪表現のひとつですが、ただ謝るだけのシーンには適さない表現のため、使用する際は注意が必要です。

「陳謝」の活用シーンをみていきましょう。

「陳謝」の活用シーン

「陳謝」は、「申し訳ありません」とただ謝罪するだけの場合では使用しません。

また、きちんと事情を述べたうえで謝罪する表現のため、会話上など、口語表現(話し言葉)で使われることも少ないです。

「陳謝」は、新聞などのメディアや、ビジネスでお詫び状を送付する際、メールの文面で謝罪する際などに適切な表現です。

「陳謝」を使用する際は、謝罪の言葉とともに、きちんと事情を述べるようにしましょう。

「陳謝」の使い方と例文

「陳謝」はどのように使われるのでしょうか。

例文を交えつつ、正しい使い方を確認していきましょう。

「陳謝する」

「陳謝する」は、謝罪を伝える予定がある時に使う表現のため、これからまさに「陳謝する」という時に活用しましょう。

  • この後の打ち合わせで、本件を陳謝する予定です。
  • 本日は陳謝する機会を設けていただき、ありがとうございます。

「陳謝いたします」

「陳謝いたします」は、敬語を用いたより丁寧な表現で、「陳謝」することを伝える際に用いられる表現です。

  • 昨日は、一身上の用事が入ってしまい打ち合わせを欠席しました。ご迷惑をおかけしまして、心より陳謝いたします。
  • 日頃の確認不足により今回の事故を引き起こしてしまいました。皆さまには心より陳謝いたします。

「陳謝申し上げます」

「陳謝する」は、相手への敬意を表す補助動詞の「申し上げる」を添えて、「陳謝申し上げます」と表現できます。

取引先や顧客など、目上の人に適切な表現で、「陳謝いたします」よりも、硬い表現になります。

  • この度は、私の不注意により不祥事を引き起こしてしまい、深く陳謝申し上げます。
  • 弊社の不手際で納期が遅れてしまい、心より陳謝申し上げます。

「陳謝」と類語の違い

「陳謝」には、意味が似ていて混同しやすい類語がいくつか存在します。

とくに、以下のふたつの言葉とは混同しやすいため、注意しましょう。

  • 謝罪
  • 深謝

それぞれの言葉の違いを解説します。

「陳謝」と「謝罪」の違い

「謝罪」も、「陳謝」と同様に、「謝る」という意味がある言葉ですが、事情を述べるという意味は含まれません。

謝罪には、「罪や過ちを認めて謝る」という意味があり、陳謝とは異なり、会話で使われることも多い、一般的に使いやすい表現といえるでしょう。

>謝罪文・お詫びメールの書き方に関する記事はこちら

「陳謝」と「深謝」の違い

「深謝」には、心から真摯に感謝する・謝罪するという意味があり、感謝の場合でも謝罪の場合でも、事情を述べることの意味は含まれません。

主に、ビジネスシーンで謝罪する場面で用いられる用語で、文面で使われることが一般的です。

たとえば、お礼状やのしなど、かしこまった形式で使われることが多い表現です。

「陳謝」の言い換え表現

ビジネスシーンでは、謝罪やお詫びが必要になるシーンが多くありますが、それぞれ相手や内容に応じて、適切な表現が異なります。

適切な謝罪の表現を選択できるように、「陳謝」の言い換え表現を確認していきましょう。

「失礼いたしました」

使いやすい謝罪の表現として、「失礼いたしました」がありますが、これは、ちょっとした問題が発生した時にも使われるため、「陳謝」とは度合いが異なる謝罪の表現です。

ビジネスシーンに限らず、日常生活など、さまざまな謝罪の場面で使用しやすいでしょう。

  • ミーティングに参加できず、失礼いたしました。
  • 送付したメールに不備があり、失礼いたしました。

「お詫びいたします」

かしこまった形式で、「陳謝」よりも柔らかい表現で謝罪したい場合は、「お詫びいたします」を活用しましょう。

また、より丁寧な言い回しにしたい場合は、「お詫び申し上げます」が適切です。

「お詫びいたします」も、ビジネスシーンを中心に、広い場面で使用できます。

  • 納期に遅れが発生したこと、お詫びいたします。
  • ご連絡が直前になってしまい、お詫び申し上げます。

>お詫びメールの書き方に関する記事はこちら

「申し訳ございません」

「申し訳ない」には、「言い訳できない」という意味が含まれており、相手に対して謝りたい気持ちがある時に使われる表現です。

「申し訳ありません」も、同様の意味を持つ言葉ですが、ビジネスシーンでは、より丁寧な「申し訳ございません」の方が適切といえるでしょう。

  • 至らぬ点が多く、申し訳ございません。
  • 皆さまには多大なご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

>「ごめんなさい」の敬語表現とは?に関する記事はこちら

「陳謝」を使う際のポイント

ビジネスシーンで「陳謝」を使う際は、事情や経緯をあわせて説明するようにしましょう。

また、改善策や対処法も示せると、より謝罪の気持ちを相手に伝えることができます。

「陳謝」を使うシーンは、陳謝しなければならない状況であるため、使う相手に敬意を示して、正しい敬語表現を用いることを意識しましょう。

ミスコミュニケーションの防止に「Chatwork」

「陳謝」は、なるべく使う場面がないことが一番ですが、使わざるを得ないこともあるでしょう。

正しい使い方を理解して、間違った使い方をしないように注意しましょう。

また、「陳謝」する状況を回避するためにも、ミスコミュニケーションを予防することは重要です。

コミュニケーションは、伝え方や伝えるタイミングひとつで、大きなトラブルにつながりかねません。

抜け漏れがない情報共有はもちろん、報連相や確認も丁寧におこなうことを意識しましょう。

ミスコミュニケーションの防止には、ビジネスチャット「Chatwork」の利用がおすすめです。

「Chatwork」は、離れた場所にいても、スムーズな情報共有を実現するビジネスツールで、社内はもちろん、社外の相手とも活用できます。

チャット形式のやりとりは、メールのように定型文を記載する必要がないため、本題に集中したコミュニケーションが実現でき、「Chatwork」のタスク管理機能をあわせて活用すれば、抜け漏れのない情報共有もおこなうことができるでしょう。

「Chatwork」は、無料で使いはじめることができるため、ぜひ活用して、コミュニケーションや情報共有の変化を実感してみてください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

メールからの脱却をしたい方におすすめの資料
「メール」からチャットへ! ビジネスチャットで 実現する業務効率化

このお役立ち資料では特に「メール」によるコミュニケーションをビジネスチャットへ変えていくことの意義をまとめました。

現在コミュニケーションツールとしては主流である一方、使い続ける中で課題も発生しやすい「メール」。脱却をしたいとお考えの方に向けた資料です。

  • メールによる業務負荷
  • メール利用における課題の解決方法
  • Chatworkのご紹介
  • お客さまの声

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事