情報収集能力とは?高める方法やポイント、メリットをわかりやすく解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
情報収集能力とは?高める方法やポイント、メリットをわかりやすく解説

目次

ビジネスシーンでは、あらゆる場面で情報収集能力が求められます。

インターネットの普及により、ネット上にはさまざまな情報があふれています。

そのため、情報収集能力がなければ、必要な情報にたどり着くことができずに時間を浪費したり、間違った情報に惑わされたりすることにもなりかねません。

情報収集能力を高めるメリットと情報収集能力を高める方法を解説します。

情報収集能力とは?

情報収集能力とは、必要な情報にすばやくアクセスして、質の高い情報を手に入れる能力を指します。

インターネットの普及により、ネット上にはあらゆる情報があふれているため、情報の信ぴょう性をみきわめ、正確な情報を入手する能力が求められます。

インターネットだけでなく、文献や論文などの資料から情報収集をおこなう際も同様です。

 

情報収集能力が高い人の特徴

情報収集能力が高い人には、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、情報収集能力が高い人の特徴の一例を紹介します。

  • 習慣的に情報収集をしている
  • 複数の情報ソースを活用する
  • 疑問を常に抱く
  • 情報の取捨選択ができる

効率的に情報収集能力を身につけるためにも、情報収集能力が高い人の特徴を確認していきましょう。

習慣的に情報収集をしている

情報収集能力が高い人は、情報収集を習慣化しています。

そのため、無理なく自然なかたちで、情報を取り込んでいます。

たとえば、起床とともに新聞に目を通し、通勤時にはスマホでニュースを読み、帰りの電車では読書をすることなどがあげられるでしょう。

普段から情報収集をおこなうことで、正しい情報かどうか、情報の精度を見分けられるようになります。

複数の情報ソースを活用する

情報の信ぴょう性を判断できるように、ひとつの情報だけでなく、複数の情報ソースを活用して情報を収集します。

複数の情報ソースを活用することで、情報量が増え、偏りのなく情報を収集できるようになります。

疑問を常に抱く

情報収集能力が高い人は、「なぜ?」という疑問を常に持ち、答えを求め続ける姿勢があります。

情報収集をおこなう際に、どのような情報が必要なのかを明確に持つことができているため、効率よく必要な情報にたどり着くことができ、正しい情報を入手することができます。

情報の取捨選択ができる

膨大な情報のなかから必要な情報を整理して、取捨選択することができます。

そのため、不要な情報や誤った情報に惑わされることなく、収集した情報を効率よく活用することができます。

情報収集能力を高めるメリット

情報収集能力は、ビジネスにおいて求められる能力のひとつです。

ビジネスにおいて、情報収集能力を高めると、どのようなメリットがあるのかを見ていきます。

インプットの質があがる

日々生活をしていると、インターネットや新聞、テレビ、ブログやSNSなど、毎日膨大な量の情報に晒されています。

情報収集能力が高まると、あふれる情報のなかから、有益な情報を見極めることができます。

結果的に、効率よく必要な情報を手に入れることができるため、インプットの質があがります。

>インプット・アウトプットのメリットに関する記事はこちら

アウトプットの質があがる

インプットの質は、アウトプットに影響を与えます。

インプットの質がよくなければ、手に入れた情報をいくら整理し精査をしても、アウトプットの質は向上しません。

質のいいインプットができれば、有益な情報を効率よく精査し活用できるため、おのずとアウトプットの質もあがります。

>効果的なアウトプットをする方法に関する記事はこちら

仮説を立てやすくなる

ビジネスの現場では、業務改善をする際に、仮説を立て検証を繰り返していきます。

情報収集能力が高ければ、情報を収集し有益な知識やスキルを蓄積することができるため、仮説が立てやすくなります。

適切な判断ができるようになる

適切に判断をするためには、判断材料となる正しい情報が必要です。

情報収集能力を高めることで、情報の信ぴょう性をみきわめることができるようになり、正しい情報を活用し判断ができます。

情報収集能力を高める方法

情報収集能力を高めることにはメリットがありますが、どのようにしたら情報収集能力は高まるのでしょうか。

情報収集能力を高める方法を紹介します。

情報収集の目的を明確にする

情報収集をおこなう際は、なぜ情報収集をおこなうのか、目的を明確にするようにしましょう。

目的が明確でなければ、どのような情報を集めればいいのかわからなくなったり、集める情報の質が下がったりしてしまいます。

情報収集をする目的を明確にすることで、どのような情報を必要としているのかが明らかになり、効率よく有益な情報を手に入れることができるようになります。

信頼できる情報源を見つける

求めている情報があっても、その情報が信頼できるものであるかを判断するのは難しいことです。

日頃から信頼できる情報源を見つけておくと、情報収集をする際、信頼できる情報にスムーズにたどり着くことができるようになります。

また、信ぴょう性を疑う情報に出会った場合は、複数の情報を比較し、信頼できる情報源を探すようにしましょう。

客観的なデータと主観的な意見を区別する

情報には、客観的なデータと主観的な意見があります。

この二つを区別できないと、情報の整理がうまくできずに、アウトプットをする際に説得力に欠けてしまいます。

客観と主観をの差異を意識して、情報収集をおこなうようにしましょう。

検索技術をみがく

インターネット上から情報を入手する際、検索エンジンを利用して情報を探すことが多いと思います。

検索に使うキーワードやサブキーワードによって検索結果が異なるため、どのように検索すれば求める情報に辿り着けるのか、検索技術をみがくことも必要です。

 

情報収集をおこなうときのポイント

効率的に情報を収集するには、いくつかポイントがあります。

情報収集をおこなうときのポイントを紹介します。

情報収集をする軸を決める

情報収集の軸となるテーマや目的が定まらないまま情報収集をしてしまうと、効率的に有益な情報を集めることができません。

情報収集をする際には、何かをアウトプットする目的があるはずです。

その軸や目的を決めてから情報収集をおこなうことで、効率的な情報収集が可能となります。

情報収集する手段を選ぶ

情報収集をする軸が決まったら、どのようにして情報収集をするか手段を選びます。

情報収集の手段には、インターネットで検索をする、書籍を読む、知識のある人に聞くなどさまざまあります。

収集したい情報の内容や情報収集にかけられる時間に応じて、手段を選ぶようにしましょう。

情報の信憑性を検討する

情報収集では、情報の信ぴょう性が最も重要です。

とくに、インターネット上には誤った情報も多く見受けられます。

情報が間違っていることに気づかないまま、ビジネスで利用してしまうと、あとからトラブルや問題につながりかねません。

必ず情報の信ぴょう性を検討するようにしましょう。

情報収集をおこなう手段と特徴

情報収集では、どのようにして情報収集をするか、手段を選ぶ必要があります。代表的な情報収集の手段と特徴を紹介します。

>12種類の情報収集手段と特徴に関する記事はこちら

Webサイト・ブログ

Webサイトやブログは、情報量が豊富で、スマホやPCから簡単にアクセスできるため、もっとも手軽に情報収集ができる手段といえるでしょう。

一方で、間違った情報が含まれていたり、古い情報が紛れていたりすることもあるため、精査をして、慎重に情報収集する必要があります。

SNS

SNSを利用して情報収集をおこなうと、リアルタイムな情報を得ることができます。

一方で、文字数の制限や情報ソースが不十分である場合もあるため、情報の信頼性を判断することが難しいです。

利用するときは、SNSの特徴を理解して活用する必要があります。

書籍

書籍は、概ね信頼度が高く、専門性のある情報を入手しやすい手段です。

一方で、書籍を購入しなければ情報を得られないことから、情報の鮮度はインターネットやSNSなどに比べて劣ります。

新聞・テレビ

マスメディアは、影響力の強い媒体です。

インターネット上の情報に比べれば信頼性があり、情報のスピードもあります。

しかし、収集できる情報は限られ、メディアによっても情報の偏りがあるため、目的に応じて使い分けなければなりません。

人とのコミュニケーション

信頼できる専門家などにコンタクトがとれる場合、人とのコミュニケーションは有効な手段です。

情報収集をするなかで、疑問点がある場合はすぐに質問ができるため、インプットの質が向上します。

>社内コミュニケーションの重要性に関する記事はこちら

情報収集能力を高めるためにChatworkを活用

情報収集では、人とのコミュニケーションを通じて、情報を収集することもひとつの手段です。

ビジネスの現場において、社内に専門的な知識をもっている人がいる場合には、話を伺い、知識を得ることも、効果的な情報収集の方法といえます。

社内でのコミュニケーションには、ビジネスチャット「Chatwork」が活用できます。

「Chatwork」は、メールに比べて、チャット形式で気軽にやりとりができるため、効率よく情報収集ができるでしょう。

情報収集能力を高めるためのツールのひとつとして「Chatwork」の活用をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットとは?効果が簡単にわかる!
マンガでわかる!「ビジネスチャット」

ビジネスチャットは、メールや電話に代わる新しいコミュニケーションツールのひとつです。ビジネスチャットがどのようにコミュニケーションの課題を解決するか、会社を例とした漫画でビジネスチャット「Chatwork」の効果を確認していきましょう。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事