部長代理とは?部長代理の役割と部長補佐や副部長との違いについて解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
部長代理とは?部長代理の役割と部長補佐や副部長との違いについて解説

目次

部長代理という肩書きについて聞いたことはあるものの、部長代理が具体的にどのような仕事をし、どのような役割を果たしているのかを知らないという人もいるのではないでしょうか。

部長・副部長とも異なる部長代理の仕事内容から、部長代理が担う役割について具体的に解説していきます。

部長代理とは

部長代理の役割やポジションは、各企業により異なるため一概に決まった役割が定まっている訳ではありません。

役職名からは、部長が不在の期間限定で、その部での部長の役割を果たし責任をもつ役職とされています。

また、若手の幹部候補が将来部長となるための経験として、部長代理というキャリアルートをワンクッション挟むというケースもあります。 

 

部長代理と副部長の違い

部長代理と副部長には、どのような違いがあるのでしょうか。

副部長は、部長の次に権限と責任のあるポジションです。

該当する部の部長のもとで、責任を負いながら業務を遂行する役割を担っています。

部長代理は、部長が不在中に、部長が持つ同等の権限と責任を持ちます。

似ている様で異なる両者ですが、この両者の役割や立ち位置も企業によってはさまざまです。

 

部長代理と部長補佐の違い

部長代理と部長補佐には、どのような違いがあるのでしょうか。

部長補佐は主に部長をサポートする役割を果たします。

そのため、部長が持つ権限などはなく、部長の不在時に部内を統括するのが主な仕事です。

部長代理の役割

部長代理は、主に部長が不在の際に部長的役割を果たす人物ということに触れました。

具体的な部長代理の役割について細かく見てみましょう。

 

社員の管理

部長代理も管理職に当てはまります。

そのため、所属している部の勤怠管理から教育なども徹底して管理しなくてはいけません。

部によっては、多くの社員が属しているので、こまめなコミュニケーションや定期的なコンタクトなども抜かりなく取る必要があります。

ときには、社員全体の指揮を執るリーダー的な役割を担うこともあります。

 

部長への準備期間

部長代理になることで、将来部長になるための準備期間として設定されることもあります。

部長になると、業務の幅や責任が広がるので、部長になる前に副部長として、部下の指導やチームの指揮などの経験を積むことが重要です。

部長同等の責任を持つことは、誰しもができる経験ではないため、部長への準備期間としてしっかり意識できるようにしましょう。

 

新規部署などで部長の役割を担う

部署を新設し、その部が軌道に乗るまでは、部長というポジションを置かないケースがあります。

その際には、部長代理の存在が必要不可欠になります。

新規部署内での決裁や責任を追うのは、部長代理の役割となるので、実質部長と同じようなポジションとなります。

新規部署が軌道に乗った際には、部長代理から部長に昇進する可能性も高いでしょう。

 

部長と課長の間の調整役

部長と複数の課長たちの調整役をおこなうのも、部長代理の役割に含まれます。

たとえば、部長が不在の場合、課長からの情報を部長に共有し、円滑なコミュニケーションがとれるように調整をします。

社内の組織として溝ができないようにするためにも、部長代理は重要なポジションです。

部長代理の仕事内容

部長代理の具体的な仕事内容は、どのようなものでしょうか。

組織によっては、部長代理の仕事への向き合い方や成果次第で、部長に任命できる人材かどうかを見定めます。担うべき役割に応じた、部長代理の仕事内容について解説します。

 

リーダーシップを発揮して周囲を率いる

部長代理の主な仕事は、部長に代わりリーダーシップを発揮し周囲を率いて業務を遂行することです。

チームやプロジェクトとしてゴールが決まっているのであれば、その達成に向け、全員で同じ方向に進んでいくように指揮する必要があります。

メンバーとのコミュニケーションを密におこない、個々人が能力を最大限に発揮できる場を作るようにしましょう。

 

社員の鼓舞

部の社員のモチベーションを高めるために鼓舞することも重要です。

たとえば、自らが手本となるような業務への姿勢を見せることや、不安を抱く部下へのサポートに徹することなどがあげられます。

社員のモチベーションアップは、売上向上や業務の効率化にも関わるので、見えない部分でありながらも、細かい配慮が大切になります。

 

目標の設定と目標への指揮

多数の社員がいるなかで、全員が同じ方向に向かうよう目標を設定し、目標への指揮をとることも仕事内容のひとつです。

目標を設定したら周知し、達成のために必要なフローなどを組み立てます。

軌道修正をおこなう場合は、部長代理が率先して改善策を提案する必要も出てくるでしょう。

これらは、長期的に向き合うべき仕事内容のひとつです。

 

部長のサポート

部長が何か困っている場合や、手伝いが必要な場合は、部長代理が自発的にサポートにまわる必要があります。

部長が抱える業務を一緒におこなうことで、技術的なスキルも習得することができます。

実践を通じて学びを得られることも、部長代理の醍醐味といえるでしょう。

部長代理のコミュニケーション手段にChatwork

部長代理の仕事は、部長同様、責任がともなう業務内容が多くあります。

それらの業務をスムーズにこなす際には、部に所属する社員や、部長との円滑なコミュニケーションが必要不可欠です。

タイムラグの無い、マメな連絡をとるには、メールや電話ではなくビジネスチャットツールが活躍します。

ビジネスチャット「Chatwork」では、チームやプロジェクトごとにグループチャットを作成できるので、課題や目標などを手軽に共有し合うことができます。

ビデオ通話機能もあるので、状況に応じたコミュニケーションの手段を選べます。

部長代理として任務を全うするためにも、ぜひ「Chatwork」の活用をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事