変化対応力とは?適応力を高める方法やメリットについて解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

変化対応力は、トレンドが素早く移り変わる現代に身につけるべき能力のひとつです。

変化対応力を身につけると、環境変化への適応や、イレギュラー時に素早い対応ができるようになります。

変化対応力が仕事で求められる理由や、変化対応力をもつ人の特徴、身につけ方について見ていきましょう。

変化対応力(適応力)とは?

変化対応力とは、環境や物事の移り変わりに素早く柔軟に対応する力のことです。

変化対応力がある人は環境の変化に強く、どのような環境下でも一定のパフォーマンスを上げることができます。

変化対応力を持っていることで、非常時やイレギュラー時にも、焦らず冷静に変化を受け入れ、状況に応じて柔軟に対応することができます。

過去の経験にとらわれずに、さまざまな状況下で適切な対応ができると、他人からの信頼も厚くなる傾向にあります。

変化対応力(適応力)が仕事で求められる理由

変化対応力が仕事で求められる理由として、移り変わりの素早いトレンドに対応することがあげられます。

現代社会では、とくにIT技術の発展が著しく、常に新しい技術が生み出されるため、変化を受け入れ、柔軟に知識を吸収し成果を出していく必要があります。

また、日本では未来の人口減少が懸念されるため、外国人人材の受け入れが重要視されており、さまざまな価値観をもつ人と円滑に仕事をするために、環境や状況に素早く対応できる力が求められます。

このような背景から、おかれた環境下で柔軟に対応することのできる変化対応力が求められるようになりました。

変化対応力(適応力)を持つ人の特徴

変化対応力をもつ人の特徴について見ていきましょう。

 

物事を俯瞰して見ることができる

変化対応力をもつ人は、物事を俯瞰して見ることができます。

目の前の出来事のみでなく、中長期的な視点で物事全体の流れを見ることができると、今おこなっている仕事が次の工程でどのように作用するのか、どのような効果を発揮するのかを理解したうえで進めることができます。

 

物事を前向きに捉えることができる

おかれた状況や、物事を前向きに捉えることができます。

変化対応力をもつ人は、目の前の物事から自分が何を得られるかを考えたり、実施する際の目標を見つけたりと、物事に意欲的に取り組む特徴があります。

失敗した場合も、なぜこのような結果になったのか、その物事から何を学べたのかを主体的に探り、次の機会へのステップアップと捉えることができます。

 

チャレンジ精神を持っている

変化対応力をもつ人は、チャレンジ精神をもって、さまざまな出来事に取り組む傾向があります。

強い好奇心をもち、自分がチャレンジしたことのない仕事や出来事を体験してみたいという気持ちが強いためです。

しかし、チャレンジができなかったり、しづらかったりする環境に馴染んでしまうと、新しいことに挑戦することが怖くなってしまうでしょう。

変化対応力を失わないためにも、小さなことでも常にチャレンジすることを意識するようにしましょう。

 

柔軟に考えることができる

変化対応力をもつ人は、物事を柔軟に考えることができます。

たとえば、自分のおこなっている業務でトラブルが起きた場合、過去の事象を探って適切な処置をおこなうことが多いでしょう。

しかし、過去の事象にとらわれすぎると、物事を単一的な視点でしか考えられないというデメリットもあります。

変化対応力を活用すると、ひとつの事象に対して、複数の選択肢を柔軟に考えることができるため、過去の事象にとらわれすぎずに、新しい解決方法を創出できるというメリットがあります。

変化対応力(適応力)を身に着けるメリット

変化対応力を身につけることに、どのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

 

イレギュラー対応力がつく

変化対応力を身につけることで、不測の事態に柔軟に対応できるようになります。

不測の事態が起こった場合、過去の取り組みや事象が通用しない可能性がありますが、変化対応力を身につけていると、これまでの体験や見聞きした知識を活用して、どのように対応すべきかを考えられるようになります。

 

環境変化に適応できる

変化対応力を身につけると、環境変化に素早く対応することができるようになります。

周囲の環境が変化すると、自分の本来のパフォーマンスを発揮するのに時間がかかる人が多いかもしれませんが、変化対応力をもつ人は、環境変化にともなう自身の気持ちの変化や、外部の変化に素早く気づき、受容することができます。

そして、本来のパフォーマンスが発揮できるように、短期間で試行錯誤を繰り返し、素早く環境変化に対応することができます。

 

コミュニケーションスキル向上

変化対応力を身につけると、コミュニケーションスキル向上が期待できます。

物事の変化を素早く察知することができるため、相手の要望に合わせた的確なコミュニケーションをとることができます。

意思疎通がスムーズにできることで、物事の実行も早くなり、スピード感のある業務遂行が可能になります。

変化対応力(適応力)を高める方法

変化対応力を高める方法について見ていきましょう。

 

固定観念や先入観を捨てる

変化対応力を高めるためには、固定観念を形成した過去の経験を認識し、自身に染み付いた固定観念や先入観に気づく必要があります。

そして、固定観念や先入観を取り払い、物事を多面的な視点で見るように意識することが必要です。

 

自己肯定感を高める

変化対応力を高めるために、自己肯定感を高める努力をしましょう。

自己肯定感を高めるためには、自分の不足している面や劣っていると思う面から、目をそむけず事実を受け止めることが重要です。

そして、不足している面や劣っていると思う面について、異なる視点から見つめ直すことで、自分の魅力や個性に置き換えられないかを考えてみましょう。

 

フィードバックをもらう

変化対応力を高めるためには、フィードバックをもらうことも有効な方法です。

変化に対応するための行動が、気づかぬうちに独善的な判断になっていることもあるでしょう。

その場合、上司などからフィードバックをもらうことで、自分の思考や行動の癖に気づくことができ、誤った判断を避けることができます。

また、フィードバックをもらうことで、新しい知識を吸収できるだけでなく、柔軟な思考を身につけることもできるため、変化対応力を高めることにもつながります。

 

傾聴の姿勢を持つ

変化対応力を高めるためには、他者の意見や自分の知らないことについて、耳を傾けることも大切です。

傾聴の姿勢をもつことで、他者の意見を柔軟に受け入れ、自身のなかに落とし込むことができ、先入観のない新鮮な気持ちで情報を受け入れることができるでしょう。

変化対応力(適応力)を高めてビジネスで活用しよう

変化対応力を身につけることで、移り変わりの早い現代社会にも、素早く適応することができるようになります。

変化対応力を身につけるためには、自身のなかにある固定観念や先入観に気づき、多角的な視点を受け入れる必要があります。

また、変化対応力を高めるために、フィードバックをもらう機会を設けることや、傾聴の姿勢を身につけ、さまざまな人の視点を学ぶことも有効です。

変化対応力は、スピード感のあるコミュニケーションや、迅速なフィードバックで、より早く身につけることができます。

ビジネスチャット「Chatwork」では、チャット形式で素早いコミュニケーションが可能です。

これからの時代に求められる変化対応力を身につける場合にも、「Chatwork」の利用をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事