戦略人事とは?必要な4つの機能やスキル、進め方、企業事例を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

戦略人事とは、企業の経営戦略に基づいた人事を実施することです。

人事の視点で経営に関わることで、組織全体の作業効率化や生産性の向上を図れます。

効果的に進めるには、人事の知識やキャリア、課題解決能力などのスキルが必要です。

戦略人事の進め方と企業事例を解説します。

戦略人事とは?

戦略人事(戦略的人的資源管理)とは、企業の経営戦略に基づいた人事を実施することです。

企業の経営では、社会のグローバル化やDX化、労働力人口の変化など、時代の流れに対応するために、自社の経営資源であるヒトを有効活用する必要があります。

戦略人事では、オペレーション業務に加えて、人事が経営戦略に関わる部分に介入します。

人事戦略との違い

人事戦略とは、優秀な人材を獲得するために、業務に関わる採用や教育方法を改善していくことです。

人事戦略は業務改善が中心で、戦略人事は経営改善が中心になるという違いがあります。

従来の人事との違い

従来の人事においては、労務管理や採用など、オペレーション業務が中心でした。

一方で、戦略人事においては、経営資源であるヒトの価値を最大限に引き出しながら、経営に関わっていく姿勢が求められる違いがあります。

戦略人事に求められる4つの機能

戦略人事に求められる機能には、下記の4つがあげられます。

  • HRビジネスパートナー(HRBP)
  • センター・オブ・エクセレンス(CoE)
  • オペレーション部門(OPs)
  • 組織開発・人材開発(OD・TD)

それぞれの詳細を見ていきましょう。

HRビジネスパートナー(HRBP)

経営者のビジネスパートナーとして、人事戦略の面からサポートします。

経営者と人事担当者は、対等な関係性でコミュニケーションを図りながら、企業の経営戦略に関わります。

センター・オブ・エクセレンス(CoE)

人事は人的資源管理のプロとして、人材採用や配置、評価制度など、人事の幅広い業務に対応できるスキルが求められます。

人事に関わる豊富な経験を保有する人材を集めることが重要です。

オペレーション部門(OPs)

人事の仕事である給与計算や労務管理、勤怠管理や採用プロセスなど、人事に関わる業務を効率的に処理するスキルが必要です。

組織開発・人材開発(OD・TD)

組織開発(OD)では、経営戦略における課題に向けて、社内のコミュニケーション活性化や相互作用によって解消を図ります。

また、人材開発(TD)は、個人のスキルを伸ばして解消を図る方法です。

組織開発と人材開発の両方を活用しながら、リーダーや管理職の育成を目指します。

戦略人事に求められるスキル

戦略人事に求められるスキルを見ていきましょう。

課題・問題解決能力

人事に関わる社内の課題・問題について、正確な視点をもって把握するスキルが求められます。

現状でとりくめる方法を実践しながら、目標達成に向けて調整と改善を繰り返すことが必要です。

人事に関する知識・キャリア

戦略人事には、自社の事業内容に対する深い理解が必要です。

人事に関する知識やキャリアが豊富だと、経営陣と現場が求める両方のニーズをとらえながら業務に対応できます。

戦略人事の進め方

効果的な戦略人事の進め方について見ていきましょう。

自社の経営戦略・ビジョンを振り返る

戦略人事には、自社のビジョンやミッションなどの理解が欠かせません。

経営側の視点を理解することで、人材採用や配置、教育などについて、企業の方向性に見合う展開ができます。

自社の目標や方向性を振り返ることで、戦略人事の課題解消に向けて効果的に改善を図りやすくなるでしょう。

獲得したい人材のイメージを決める

戦略人事の目標達成に向けて、求められる人物像やスキルを決めましょう。

人事としてどのような対応を心がけるべきなのか、理想の人材についてイメージを共有することで、戦略人事にそった仕事の判断基準を設けられます。

また、人材採用のときに自社が求める人物像を把握しやすくなるでしょう。

制度の設計・計画を立てていく

戦略人事を設計するときは、従来の方法を見直して改善を進めることが重要です。

たとえば、人材評価のポイントを成果中心に変えていくなど、自社のビジョンや経営戦略に合う方法を検討しましょう。

計画を立てて実行するときは、社内の意見を反映させながら、再度調整していくことが必要です。

社内に制度を浸透させる

戦略人事を成功させるには、社内全体に共有して少しずつ浸透させる過程が必要です。

経営陣や人事部の代表から、戦略人事について詳細を説明する機会を設けるなど、社員に理解してもらう機会をつくりましょう。

戦略人事が失敗する理由

戦略人事を実施する前に、失敗する理由を把握してから始めましょう。

現場の理解や認識を共有できていない

戦略人事では、現場の社員と認識を共有できていないと、温度差が生まれて浸透しない状況になります。

また、従来の方法とは違う方針を実施することで、社内から反感が生まれるケースがあるでしょう。

戦略人事の理解を広めるためにも、経営陣や管理職から戦略人事のメリットや必要性を伝えていくことが重要です。

オペレーション業務を効率化できていない

戦略人事を実践すると、現場の業務負担が増えてしまうことがあります。

業務負担が増えるとミスが起きやすくなるため、かえって業務が非効率になる可能性があるでしょう。

人事のオペレーション業務に関しては、自動化してヒューマンエラーを防ぐ方法をとりいれることが重要です。

戦略人事を成功させるポイント

戦略人事を成功させるために、おさえておきたいポイントを見ていきましょう。

経営層・従業員全体の意見を反映させる

戦略人事を進めるときは、経営層と従業員の両方から理解を得ることが重要です。

事前に説明をしておくことで、疑問点や不満についてコミュニケーションを図ることができます。

経営層や従業員の両方の意見を反映させることで、戦略人事が失敗するリスクを回避しやすくなるでしょう。

現場のサポート体制を整える

戦略人事を成功させるには、現場の業務負担を考えて体制を整えることが重要です。

企業側は、オペレーション業務を効率化できるツールを導入するなど、戦略人事を成功できるようにサポートしましょう。

社内のDX化を図ることで、作業工程や管理の負担を軽減しやすくなります。

戦略人事を活用している企業事例

コンビニ業界の事例では、従業員に関わる人事データが効率化できていない課題について、システムを導入することで解消しました。

人事データを一元管理できるようになり、適切な人材配置を進められている事例です。

戦略人事は事業活動の効率化に重要

戦略人事を導入することで、人事の立場から経営戦略に関われるようになり、事業活動全体の成果を出すことができます。

業務負担が増えないように、現場のサポート体制を整えながら、経営層や従業員全体の意見を反映させるようにしましょう。

戦略人事を進めるときは、ビジネスチャット「Chatwork」を導入する方法もおすすめです。

「Chatwork」では、グループチャットでやりとりを進められるため、社内の情報共有を効率化できます。

戦略人事の情報共有を進めたいときは、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
ビジネスチャットの組織利用を考える方におすすめの資料
組織利用のメリットと実戦に向けた3ステップ

このお役立ち資料ではChatworkを企業や組織で利用することで得られるメリットをまとめました。

組織の業務効率化を実現するためには、皆が同じ情報を得ることができる環境を整える必要があります。加えてセキュリティの観点からも組織でアカウントの管理ができる状態にしておくことが理想的です。

  • Chatworkの組織利用のメリットや効果
  • 組織的なChatworkの利用事例
  • 組織的なChatwork利用に向けた3つのステップ

などを解説します。貴社の業務効率化実現の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事