DXを推進する方法とDX推進の必要性や注意点

働き方改革
AWAY

目次

社内でDXを推進しているけれど、なかなか浸透しない点に悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。

業務効率化や生産性向上などを目的として、DX化が注目を集めているものの、多くの企業で実現できていないのが現状です。

スムーズにDXを推進するためには、DX推進の必要性を理解した上で、適切な方法で進める必要があります。

DX推進における課題や注意点も意識しながら、社内でのDXを推進しましょう。

DX推進の必要性

社内でDXを推進する際には、なぜDXの推進が必要であるのかを考えるようにしましょう。

グローバル化が進む中で、競争力が求められている背景や、多様化する消費者行動に対応する必要性が出ています。

また、新型コロナウイルス感染症対策に加え、ワークライフバランスの向上を目的として、DXを活用したさまざまな働き方が求められるようになりました。

将来的な企業の価値を高めるためにも、DX推進の必要性が高まっているということが考えられます。

DXを推進する方法

DX化は、なんとなく始めるものではなく、正しい方法でDXを推進する必要があります。

企業がDXを推進できるようにするためにも、どのような手順でDXを進めるべきかを解説します。

自社の課題を洗い出す

DXを推進する手順の最初に、自社の課題を洗い出すことが挙げられます。

課題を見極められていない状態では、DX化を進めても十分な効果を得られないためです。

また、課題を洗い出す際には、実際に業務の現場で働いている従業員から聞き出すことも大切です。

「業務の効率化に悩んでいる」、「情報共有がうまくいかない」、「人材不足で困っている」といった企業が抱えやすい課題をリスト化しましょう。

社内全体で解決策を模索する

課題が出たあとは、社内全体で解決方法を模索していきます。

この時点で、DXを推進するべきか、ほかの方法で対応するのかを検討しましょう。

DXを推進するべきだと判断した場合には、どのようなDX化の施策が課題解決に効果があるのかを調べます。

また、自社だけでの判断だけでなく、他社の事例を参考にしてみたり、専門家に相談してみたりし、万全な状態で進めるようにします。

必要なITツールを揃える

DX化を実現するためには、課題を解決するためにITツールの導入が必要となるケースがあります。

たとえば、新型コロナウイルス感染症の対策や働き方改革として、テレワークを実現したい場合には、デジタルデバイスに加え、インターネット環境を整備しなければなりません。

また、従業員がコミュニケーションをスムーズにおこなえるようにするためにも、チャットツールやWeb会議システムの導入も検討しましょう。

DX推進において企業が抱えやすい課題

DX推進時には、さまざまな要因からDXの課題を抱える可能性が考えられます。

企業でDX化を推進しているなかで、どのような課題が現れやすいのでしょうか。

DXに精通したIT人材の不足

DXの推進には、DXに精通した人材を用意しなければなりません。

専門的な人材が揃っていないと、解決策を計画してもDX化をうまく進められない場合があります。

また、DXを実現したあとに、従業員向けにITツールやソフトウェアの使い方を教育する場面も出てきます。

DXで課題を解決できるようにするためにも、人材面での強化にも力を入れましょう。

一貫性のあるシステム作りに不安がある

社内で抱えている課題について、DXを通して解決するには、一貫性の対策が求められます。

多くの人員がDXに関連することで、複雑なシステムとなってしまうことから、技術的なトラブルの発生に注意が必要です。

さらに、現場の声を十分に聞かなかいと、システムが完成しても、課題を解決できない状態になる可能性もあります。

各個人がバラバラにDXに取り組むのではなく、チームとして取り組むようにしましょう。

DX化への認識不足

DXに対する認識不足や、不安定な経営戦略によって、DXの効果が発揮されないことがあります。

あくまでも、DX化は課題を解決するための手段であり、経営層の考え方や現場のやり方、今後のビジネス展開なども同時に改革が必要です。

DXを通して、どのような経営戦略を打ち出せるのかを、具体的に考える姿勢を取るようにしましょう。

社内でDXを推進する際の注意点

スムーズにDXを推進するためには、いくつかのポイントに注意することが大切です。

社内が一丸となって課題に取り組めるように、3つの注意点をまとめます。

経営層を巻き込みながら取り組む

社内でDXを推進する際に気をつけたいこととして、経営層を巻き込みながら取り組む点が挙げられます。

担当部署が責任を持って取り組むだけでなく、経営層が課題を認識し、トップダウンで進めるようにします。

経営層が認識しないままDXを進めてしまうと、理想とする社内の組織体制を実現できない可能性があります。

裁量権を持つ経営層が組織の姿をイメージし、DXのための予算を確保しながら、抜本的な改革をおこないましょう。

他社の事例を参考にする

自社でDXに関するアイデアを出すことも大切ですが、他社の事例を参考にするのも大切です。

すでに成功した事例を参考にすると、DX推進のためにやるべきことを見つけ出しやすくなるのに加え、自社の課題も解決しやすくなります。

また、自社のリソースだけでDXの推進が難しいのであれば、パートナーを見つけて、お互いのリソースを組み合わせてみるのも効果的です。

さまざまな意見を取り入れ、フレキシブルに進めるようにしましょう。

段階的にDX化を進める

初めてDXを取り入れるという場合には、段階的にDXを推進していくようにします。

業務のあらゆる機能をいきなりDX化してしまうと、環境になれるまでに時間がかかり、生産性が低下する可能性があります。

また、段階的にDXを推進していき、効果を定期的に検証していくこともポイントです。

現場で働く従業員の声を聞いたり、数値的な指標を用いたりしながら、課題解決につなげましょう。

DXの推進にはChatworkを役立てよう

社内でDXを推進するためには、どのような課題を抱えているのかを把握し、適切な方法で取り組むようにしましょう。

たとえば、情報共有に課題を抱えている企業では、ビジネスチャット「Chatwork」の導入が効果的です。

Chatworkを利用することで、日々の業務におけるコミュニケーションを活性化させるほか、テレワーク環境でもスムーズな情報共有が可能です。

PCやスマートフォンにChatworkのアプリケーションをインストールだけで使えるため、環境構築に手間がかかることもありません。

無料で利用できるフリープランからChatworkを用意しているので、コスト面も重視したい方は、ぜひ導入をご検討ください。

DXとは何かもっと知りたい人へ

はじめてのDX

DXとは何かを改めて説明したうえで、社内でDXを進めるための具体的な手順をわかりやすく解説します。

DXに関する"よく聞く専門用語"を解説した「DX関連用語集」と合わせてご活用ください。

【主な内容】

  • DXとは? 〜 ビジネスを変革するデジタル戦略 〜
  • 自社のDX推進に欠かせない課題とDXの進め方
  • これだけは知っておきたい DX関連用語集

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事