技術伝承とは?やり方や製造業における課題、企業事例を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
技術伝承とは?やり方や製造業における課題、企業事例を解説

目次

技術伝承とは、ベテランの技術者が次の世代に向けて、技術を伝えていくことです。

製造業の現場では、ベテラン社員から若手社員に向けて技術を伝える必要がありますが、技術伝承には多くの課題があります。

企業側が社内体制を整えて、技術を伝えられるように工夫することが大切です。

技術伝承のやり方と製造業における課題、企業事例を解説します。

技術伝承とは?

技術伝承とは、ベテランの技術者が次の世代に向けて、技術を伝えていくことです。

表面的な要素は、マニュアル化することでノウハウを伝えられるものの、ベテラン社員の感覚に頼っている部分は、技術伝承が必要になります。

業務に関する暗黙の了解など、目に見えづらい部分を見える化することで、技術伝承の課題を解消できます。

製造業における技術伝承の現状

製造業では、技術伝承が進んでいない傾向があります。

企業経営の課題解消を優先順位に置いてしまうと、どうしても技術伝承の課題は後回しになりがちです。

人材不足にくわえ、ベテランの技術者が高齢化している傾向があるなど、製造業の現場にはさまざまな課題が残っています。

>日本の製造業の課題に関する記事はこちら

技術伝承の課題

技術伝承には、教育時間の不足や技術者の高齢化など、さまざまな課題があげられます。

技術伝承の課題について詳細をみていきましょう。

マニュアルの作成・活用が難しい

技術を伝えるには、感覚を言語化する必要が出てくるため、マニュアルの作成が難しい部分があるでしょう。

また、ベテランの技術者によっては「技術は目で見て盗むもの」という価値観をもっているケースもあり、対策を打たないと属人化が進んでしまう課題もあげられます。

マニュアルを作成していても、技術の細かい部分までは反映できない課題があるのです。

>属人化に関する記事はこちら

多忙で教育時間をつくれない

製造業の現場では、人手不足の傾向があるため、教育の時間を確保できていない課題があります。

決められた時間内で、目の前の仕事を終わらせる必要が出てくるため、どうしても仕事の納品期限とノルマの達成に追われてしまいます。

技術伝承には、ある程度時間をかける必要があるため、課題を解消できない状態が続いてしまうのです。

若手社員とベテラン社員の交流が少ない

ベテラン社員によっては、若手社員とのコミュニケーション不足で、技術伝承がスムーズに進められない場合があります。

たとえば、作業手順を教えるときに「言葉で伝えなくても見ればわかるはず」という考えをもってしまうと、技術伝承ができなくなるでしょう。

言語化するのは難しい面もありますが、若手社員に丁寧な対応で技術を伝える姿勢が求められます。

高齢化が進んでいる

製造業の現場では、ベテラン技術者の高齢化が進んでいます。

また、2007年問題では、団塊世代の技術者が60歳の定年退職を迎えました。

総務統計局の発表によると、団塊世代の定年後の継続雇用によって、2007年問題の影響は少なかったと考えられています。[※1]

ただ、中小企業によっては、2007年問題の影響を受けてしまい、技術伝承の課題を解消できていないケースもあるでしょう。

団塊世代の継続雇用にも限界があるため、企業側の技術伝承に関わる対応が求められます。

技術伝承のやり方

ベテラン社員が退職するまでに、社内全体で技術伝承の仕組みを整えておくことが大切です。

技術伝承のやり方をみていきましょう。

動画・画像付きのマニュアルを作成する

技術伝承のマニュアルを作成するときは、動画や画像付きで解説すると、作業内容をイメージしやすくなります。

ひとつの作業工程ごとに説明文と画像を入れるなど、初心者が見てもわかるようにまとめることが大切です。

暗黙の了解や技術者の感覚に頼っている部分も記載して、できる限り言語化しましょう。

具体的には、下記の2点を含めてまとめてください。

  • 形式知:作業手順など、言語化できる内容
  • 暗黙知:技術者の感覚など、言語化しにくい内容

形式知と暗黙知の両方を記載することで、技術伝承の内容をわかりやすく伝えられます。

若手社員と交流する機会をつくる

現場のベテラン社員と若手社員で、コミュニケーションをとる機会をつくることが大切です。

日ごろから雑談する意識をもつことで、お互いの仕事に対する価値観や考え方を知る機会が生まれます。

現場で教育するときも、部下の性格や価値観に合わせた指導を進めやすくなるでしょう。

最新のノウハウを反映させる

技術伝承の内容は、時代とともに古くなってしまいます。

定期的に内容を見直し、最新のノウハウを反映させることが大切です。

現場の社員が気づいた意見を集められるように、内容を報告できる仕組みを整えましょう。

社内で技術伝承の仕組みを整えておくことで、ベテラン社員が退職する前に、社内全体でノウハウを共有して蓄積できます。

技術伝承を進めるときのポイント

技術伝承を進めるときのポイントを見ていきましょう。

OJTや技術を共有する体制を整える

技術伝承を進めるには、OJT(Off-The-Job Training)を活用する方法がおすすめです。

OJTとは、部下に業務を体験してもらい、隣りで上司が指導していく方針を指します。

マニュアルだけでは伝えづらい部分について、ベテランの技術者が直接指導できるメリットがあるでしょう。

また、事前にマニュアルを作成しておくことで、若手社員に勉強してもらう機会をつくれます。

技術者のノウハウや技術を伝えるOJTとマニュアルの両方を活用することで、効果的に技術伝承を進められるでしょう。

>OJTに関する記事はこちら

ツールやシステムを活用する

動画付きのマニュアルを作成するときは、動画作成ツールなどを活用することで、簡単にテキスト情報を載せられます。

現場では、チャットボットのシステムを導入する方法もおすすめです。

チャットボットとは、AIを活用して情報を蓄積できるシステムで、自動的に質問の回答を引き出せます。

チャットボットに内容を入力すると、ベテラン社員のノウハウや技術の情報を引き出せるため、人手不足で教育時間をとれないときに活用できるでしょう。

技術伝承には、IoTやAIなどの技術を導入して、社内のDXを進めることが重要です。

>チャットボットに関する記事はこちら

技術伝承に成功した企業事例

技術伝承を進めるためにも、参考にできる企業の成功事例を見ていきましょう。

金属製サインに関わる企業事例

金属製サインに関わる製造業の事例では、若手社員がベテラン社員に質問できる雰囲気や環境を整えています。

また、スムーズに作業が進められるように、現場の配置を工夫するなど、作業環境を整えて現場の効率化を図っています。

ほかにも、若手社員が学べる機会をつくれるように、社内プログラムを設けるなど、継続的に腕を磨けるとりくみを実践している事例です。[※2]

技術伝承の情報共有にChatworkを活用

製造業における技術伝承は、ベテラン社員の技術を若手社員に伝えるために重要なとりくみです。

マニュアルを作成するときは、形式知や暗黙知などを含めながら、動画や画像付きでわかりやすくまとめましょう。

ツールやシステムを活用することで、社内全体で技術伝承のノウハウや技術を蓄積できます。

技術伝承に使えるツールのひとつとして、ビジネスチャット「Chatwork」がおすすめです。

社内で気づいたことや改善案があれば、グループチャット機能を使って、効率よく社員同士で内容を共有できます。

タスク管理機能もあるため、情報の抜け漏れも防ぐこともできるでしょう。

技術伝承の情報共有には、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

>製造業におけるChatworkの活用方法

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]団塊世代をめぐる「2012年問題」は発生するか?
https://www.stat.go.jp/info/today/032.html

[※2]ものづくりの現場から(研創)
https://www.monodukuri.com/jirei/article/2033


人材確保に危機感をもっていますか?
【製造業向け】ICT活用による人材確保・育成の対策法

少子高齢化の進行にともない、労働人口の減少が問題視されるようになりました。

このような社会情勢のなかで「人材確保」「人材定着」がより難航することが予想されるでしょう。

本資料では、多様な人材を確保し、育成・定着させるための「3ステップの対策法」を紹介しています。

効率的な人材確保・育成に、ぜひご活用ください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事