ビジネスで役立つ「読解力」を鍛える方法とは?身につけるメリットも解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ビジネスで役立つ「読解力」を鍛える方法とは?身につけるメリットも解説

目次

読解力はビジネスシーンにおいて役に立ち、社会人として鍛えておきたいスキルのひとつです。

この記事では、読解力とはなにか、なぜ読解力が重要なのか、どうすれば読解力を鍛えられるのかについて解説します。

読解力とは

読解力とは、文章から内容を読みとって、文章に込められた意図を正しく理解、解釈する力のことを指します。

読解力は文章を読み解くことはもちろん、日常のコミュニケーションのなかでも相手の意図を正しく理解する能力として重要です。

読解力が注目される背景

近年、日本人の読解力の低下が問題視されており、読解力が注目されています。

日本人の読解力が低下した原因、なぜ読解力が注目されているかの背景について解説します。

日常的なトレーニングが失われている

現代では、インターネットを通して簡単に情報が手に入るため、情報を熟読して理解する機会が少なくなり、日常的に読解力をトレーニングする機会が失われています。

多くの情報に触れることで、「なんとなくわかった気持ち」になってしまいがちです。

また、現代では昔に比べて本を読む機会も減ったともいわれています。

文章を読んで意図を理解する機会も減っているため、読解力の低下につながっていると考えられます。

情報の取捨選択が求められている

インターネットの普及によって、簡単に多くの情報を得られるようになりましたが、フェイクニュースなど嘘の情報も多く、信憑性に問題がある情報も少なくありません。

情報の信頼性を見極め、正しく情報を取捨選択するためには、読解力が必要です。

情報の正しい取捨選択の仕方について、学校教育では十分な教育がされていないという指摘もあり、個人で読解力を鍛えることが重要といえるでしょう。

読解力がビジネスで役立つ理由

読解力はビジネスシーンでも役に立ちます。

具体的にどのようにビジネスシーンで読解力を活かすことができるのか、解説します。

ニーズや真意を的確にくみとれる

読解力があると、ビジネスシーンにおいて相手のニーズや真意を的確にくみとれるようになります。

職場で一緒に働いている上司や同僚、部下の真意をくみとることができれば、スムーズに意思疎通がはかれて、仕事もしやすくなるでしょう。

クライアントとの打ち合わせなどにおいても、相手の真のニーズがどこにあるのかを的確にくみとることができれば、クライアントの満足感を高めることが可能です。

自分の考えを誤解なく伝えられる

読解力があれば、自分の書いた文章や自分の発言が相手にどのように受けとられるかを想像しやすくなります。

どのような言葉選びで伝えればいいかがわかるため、自分の考えを誤解なく伝えることも可能になるでしょう。

日ごろの会話はもちろん、プレゼンテーションなどの発表の場でも読解力があれば、自分の考えをわかりやすく伝えられます。

また、新型コロナウイルス感染症の拡大により、リモートワークが普及し、チャットでのやりとりも増えました。

読解力を基礎にした発信力は、チャットなどの短い文章でのやりとりにも活かせるでしょう。

>ビジネスチャットで活用できる例文に関する記事はこちら

要点を掴みやすくなる

自分が情報を受け取るときにも、読解力があれば相手が伝えたいことの要点を掴みやすくなります。

対面でのコミュニケーション、メール、チャット、プレゼンテーションなど、さまざまなビジネスシーンにおいて、相手がなにをもっとも伝えたいのかを素早く把握できるでしょう。

正確かつ素早く相手の主張の趣旨を理解することができれば、相手からの信頼獲得にもつながります。

情報収集能力を高められる

仕事においては、情報収集が必要なシーンも多いでしょう。

読解力は、必要な情報を素早く見極め、取捨選択する際に役立ちます。

とくに、現代ではインターネットをはじめ情報があふれている時代のため、不要な情報を見抜く読解力は欠かせません。

読解力があれば業務に必要な情報を効率的に集められるため、業務の生産性も高くなるでしょう。

>情報収集能力に関する記事はこちら

読解力の低下が引き起こすデメリット

読解力が低下していると、会話やメール・チャットなどのテキストコミュニケーションにおいて、うまく意図を汲み取ることができず人間関係の悪化につながるおそれがあります。

相手の真意をつかめず、自分のいいたいこともうまく伝わらないため、トラブルが起こりやすいでしょう。

クライアントとのやりとりにおいても、うまく意思疎通がとれないため、信頼を獲得することもできません。

読解力がないと、日常業務の中でも情報の取捨選択ができず、業務の精度や生産性にも悪影響がおよんでしまいます。

読解力を鍛える方法

どのようにすれば読解力は鍛えられるのか、具体的な方法について解説します。

論理的思考力を鍛える

矛盾や飛躍がないようにものごとを筋道立てて、順序よく整理できる能力のことを、論理的思考力といいます。

論理的思考力は読解力のベースにもなる重要な能力です。

そのため、読解力を鍛えるには論理的思考力を鍛えることも効果的です。

論理的思考力を鍛えるためには、情報を理解するときに矛盾がないかを意識する、情報を伝えるときに主張と根拠をセットで伝えるといった方法があります。

>ロジカルシンキングに関する記事はこちら

語彙力を鍛える

そもそも言葉の意味を知らなければ、相手の発言や文章を理解することができません。

さまざまな年齢や属性をもった相手とスムーズにコミュニケーションをとるために、語彙力の向上も読解力を鍛えるのに役立つでしょう。

内容を要約する習慣をつける

「この文章の中ではなにが一番大事なのか?」「相手はいまなにを伝えたいのだろうか?」など、日ごろからものごとの要点を掴む訓練をしておくことで、読解力を鍛えることが可能です。

本を読んだときや人の話を聞いたあとに、簡単に内容を要約してみましょう。

内容の本質を掴む訓練になるほか、短い文章でわかりやすくまとめる訓練にもなります。

情報を疑う癖をつける

情報を読みとる際に、「この情報は本当に正しいか?」と情報を疑う癖をつけることも読解力の向上に役立ちます。

現代では、正しくない情報や十分な信頼性の確保されていない情報も多く存在しています。

質の高いインプットによって読解力を高めるためには、情報の真偽を見極めて取捨選択する能力も欠かせません。

情報の根拠が書かれているか、なければ自分で調べて裏付けをとるなど、情報の真偽を正しく見極めましょう。

読解力を鍛えて業務効率化をはかりましょう

読解力はビジネスシーンにおいて、円滑な人間関係や業務の生産性向上などに役立ちます。

読解力は、日ごろの意識や習慣によって鍛えることが可能です。

新型コロナウイルス感染症の流行後、リモートワークが進みましたが、対面のコミュニケーションよりも高い読解力が求められます。

読解力を鍛えることで、リモートワークの環境下でもスムーズな業務進行を目指していきましょう。

また、ビジネスチャット「Chatwork」をはじめ、チャットツールを活用するとリモートワークにおいても、素早くコミュニケーションをとることができます。

リモートワーク以外でも、離れたオフィスで働く複数人でのプロジェクト業務などでもビジネスチャット「Chatwork」は情報共有や業務の効率化に役立つでしょう。

ぜひ、業務の効率化にビジネスチャット「Chatwork」の活用も検討してみてください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットを知りたい方におすすめの資料
ビジネスチャット完全ガイド

このお役立ち資料ではビジネスチャットの特徴や導入メリット、メール・電話などとの違い、ビジネスでの活用方法をまとめました。

昨今では、テレワークの必須ツールともいわれるビジネスチャット。 導入にむけて情報収集中の方のための資料です。

  • ビジネスチャットとは
  • 特徴や導入メリット
  • ビジネスチャット選びのポイント

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事