ノウハウとは?ビジネスにおける意味や使い方、類語との違いを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ノウハウとは?ビジネスにおける意味や使い方、類語との違いを解説

目次

ノウハウは、「物事の方法や手順」「物事の秘訣」といった意味で使われる言葉で、持続的な企業成長のためには、必要不可欠なものです。

また、ノウハウは、蓄積することで、生産性の向上や属人化の防止が期待できるともいわれています。

ノウハウのビジネスにおける意味や使い方、また蓄積するメリットなどを解説します。

ノウハウの意味とは?

ノウハウとは、物事の方法や手順・秘訣といった意味で使われる言葉です。

ビジネスシーンなどで、新しい分野に挑戦する際は、ノウハウを知っていることにより、効率的な技術の習得が可能となるでしょう。

また、身につけたノウハウは、ほかの分野に応用できるケースもあるため、個人としても、企業としても蓄積していきたいものです。

ノウハウの語源について

ノウハウは、英語の「know‐how」に由来する言葉です。

「知る(know)」と「how(方法)」のふたつの単語を組み合わせたカタカナ英語で、専門知識や専門技術、コツといった意味で使われています。

ビジネスシーンにおけるノウハウの意味

ビジネスシーンにおけるノウハウは、「業務をとおして得られた経験」という意味をもちます。

また、個人のノウハウ以外にも、知的財産や資産など、「企業の事業活動において財産になるもの」といった意味で使われることもあります。

ノウハウを身につけることで、はやく業務に馴染めるようになるなど、業務の流れをスムーズに進めやすくなる効果が期待できます。

ノウハウを活用するメリット

物事の方法や手順という意味をもつノウハウは、業務を円滑に進め、企業の持続的な成長を目指すうえで重要なものといわれています。

では、ビジネスシーンにおいて、ノウハウの活用には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ノウハウを活用するメリットについて確認していきましょう。

組織の生産性を向上しやすくなる

社内でノウハウを共有することで、組織の生産性向上が期待できます。

たとえば、営業方法に関わるノウハウを蓄積していくことで、若手社員が営業をかけるときに活かせるようになり、一定の成果を引き出しやすくなるでしょう。

従業員各自が参照できる形でノウハウを蓄積していくと、教育にかかわる手間の軽減にもつながります。

空いた時間でさらにノウハウを蓄積していけると、より生産性を向上できるでしょう。

属人化の防止が期待できる

属人化とは、担当者以外に業務のノウハウが共有されておらず、業務の進め方を把握できていない状態のことです。

属人化している業務が生まれてしまうと、従業員がひとりがいないだけで、業務が滞ってしまったり、クオリティが低下してしまったりなどのリスクが懸念されます。

このようなリスクを避けるためにも、ノウハウの蓄積は、重要です。

業務手順に関わるノウハウの共有により、技術を後世に伝えることができ、属人化の防止につながります。

また、ノウハウが蓄積されていると、担当者が不在の場合や、離職する機会があった場合でも、次の担当者に業務を引き継ぎやすくなるでしょう。

>属人化のリスクやデメリットに関する記事はこちら

企業の財産になる

従業員の経験から成るノウハウは、企業にとっての財産になります。

実際の経験から得られる知識や技術は、インターネットや書籍にはない、従業員個人の貴重な財産です。

そのノウハウを組織で共有し、蓄積していくことができれば、たとえば新規事業に活用できたり、既存事業を強化できたりなど、さまざまなメリットが期待できます。

社員が保有するノウハウを蓄積していくためにも、企業側からノウハウを共有できる仕組みの整備・構築が重要です。

ノウハウの使い方・例文

従業員・企業の双方にメリットがあるノウハウは、会話においてどのように使用すればいいのでしょうか。

円滑なコミュニケーションを実現するためにも、ノウハウの使い方を、例文付きで確認していきましょう。

ノウハウを教える

「ノウハウ」を、仕事の技術や知識という意味で用いて、先輩社員から若手社員に向けて共有する際などは、「ノウハウを教える」という使い方ができます。

  • 新入社員にノウハウを教えることで、業務の処理速度があがった。
  • 次世代の社員に引き継ぐためにも、仕事のノウハウを教える必要がある。

ノウハウを身につける

技術力の向上やスキルアップを目指す意味あいで「ノウハウ」を用いる場合は、「ノウハウを身につける」という使い方ができます。

  • 上司の営業ノウハウを身につけるために、営業先に同行した。
  • 仕事で成果をあげるためにも、ノウハウを身につけることが重要だ。

ノウハウを蓄積する

「ノウハウ」を、経験や技術、スキルと捉えて、自分で習得していくことや、組織に還元していくことを表す場合は、「蓄積する」という表現を用います。

  • 蓄積したノウハウを活かして、新規事業に挑んだ。
  • 長期的に事業活動を継続するためには、組織内にノウハウを蓄積する必要がある。

ノウハウを共有する

「ノウハウを共有する」は、仕事を通して得た技術や経験を共有したい場合に用いる表現です。

たとえば、うまくいった営業トークや便利なツールの活用法を見つけた際などに、「ノウハウを共有します」などという表現で、チームや部署に展開した経験がある方もいるのではないでしょうか。

  • 部署全体に向けて、積極的にノウハウを共有することにした。
  • ノウハウの共有により、教育にかかる時間を短縮できた。

ノウハウを個人だけで所有してしまうと、前述した属人化につながりかねません。

組織内で気軽にノウハウを共有できる場をもつことにより、組織全体で生産性の向上を目指そうとする意識を強化できるでしょう。

ノウハウの類語と例文

ノウハウは、「スキル・技術」「ナレッジ」「ハウツー」といった言葉で言い換えることができます。

複数の言葉で言い換えることができる言葉は、ミスコミュニケーションの原因となるケースもあるため、類語や言い換え表現を覚えておき、適切に使い分けができるようにしておきましょう。

スキル・技術との違い

スキルや技術という言葉は、ノウハウの類語として使用できます。

スキルや技術が、なにかを取り扱う能力や処理する力を示す一方で、ノウハウは、その能力や力に付随した経験も含むニュアンスで使われるケースが多いです。

つまり、元からもっているスキルや技術に、ノウハウを加えることで、スキルアップや技術向上を図ることができるのです。

スキルや技術は、ノウハウに含まれる要素ともいえるでしょう。

  • プログラミングに必要なスキルを身につけた。
  • 新規事業を展開するためにも、高い技術をもつ人材が必要だ。
  • 同じ研究をしている人のノウハウが蓄積されていたため、スキルアップが図りやすかった。

ナレッジとの違い

「ナレッジ」は、知識や情報という意味がある言葉で、英語の「knowledge」を由来にもつ和製英語です。

ノウハウとナレッジは、近い意味をもつ言葉のため、区別せずに使用している人もいますが、本来、知識を得るための経験が伴うか否かという点で、意味が異なる言葉です。

前述した通り、ノウハウは、経験から得られる知識や技術を指す言葉です。

一方でナレッジは、インターネットや書籍、またセミナーなどから得た知識や技術を指す言葉です。

ナレッジは、経験則から生まれた技術や知識ではないため、汎用性が高く、共有しやすいメリットがある一方で、固有の知識や技術ではないケースもあるでしょう。

  • 今回のセミナーで、○○の分野のナレッジを習得できた。
  • 営業力を強化するために、チームでナレッジを共有する場をつくった。

>ナレッジ共有を効率的に進める方法に関する記事はこちら

ハウツーとの違い

「ハウツー」は、英語の「how to」を由来にもつ言葉で、物事の基礎的なやり方・方法という意味をもつ言葉です。

ハウツーが、やや初心者向け・専門性が低い物事を指す一方で、ノウハウは、ハウツーよりも、やや専門性が高く、中級者向けの物事を指す際に使用されます。

たとえば、「○○のハウツー本」は、初心者向けに、基礎的な内容がまとめられた本です。

細かいニュアンスの違いですが、使い分けられるように覚えておきましょう。

  • ハウツー本を参考にして、新しい勉強をはじめてみた。
  • ハウツー動画を見ながら、ツールをインストールしました。

ノウハウの活用は生産性の向上に役立つ

個人が保有しているノウハウは、組織やチームに共有することで、生産性の向上や属人化の防止が期待できます。

また、固有の経験であるノウハウを、組織に蓄積していくことで、企業の財産にもなるため、企業の持続的な成長を目指す上で、非常に有益なものとなるでしょう。

ノウハウを効果的に活用していくためにも、情報を共有して、蓄積できる体制の整備・構築が大切です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上で簡単にコミュニケーションが実現できるツールですが、社内のノウハウを共有するツールとしても、便利に活用できます。

たとえば、ノウハウ共有の専用グループチャットを作成することで、業務に関わるアイデアや改善案を、社内全体に簡単に共有できます。

また、共有した内容は、テキストやファイルで蓄積[※]され、検索することもできるため、活用もしやすく、人材教育のコスト削減にも効果的です。

>Chatworkのグループチャットに関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

社内の情報共有活性化にも役立つ「Chatwork」を、ぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※]フリープランをご利用の場合、一部のメッセージに閲覧制限がかかるため、過去に共有したメッセージの引用ができなくなる可能性があります。
定期的に見返したいメッセージがある場合は、有料プランへの切り替えをご検討ください。

>Chatworkの閲覧制限について詳細はこちら


申し送りフォーマットを無料ダウンロード
申し送り事項のポイント解説

申し送りのポイントを業界・職種別に解説します。フォーマットと記入例付きで、明日からの業務効率化に活用ください。

【主な内容】

  • 「申し送り」とは?
  • 業界・職種別でみる「申し送り」のポイント
  • 「簡易フォーマット」を活用する

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事