「パラダイム」とは?意味やパラダイムシフトの具体例をわかりやすく解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「パラダイム」とは?意味やパラダイムシフトの具体例をわかりやすく解説

目次

「パラダイム」や「パラダイムシフト」は、ビジネスシーンに限らず、科学や思想などのさまざまな分野で用いられている言葉です。

「パラダイム」とは、特定の時代や特定の分野において規範となる物の見方やとらえ方を指します。

本記事では、「パラダイム」の意味やパラダイムシフトの具体例、パラダイムシフトに対応する方法などを解説します。

「パラダイム」の意味とは

「パラダイム」は、規範や模範などの意味をもつ英語の「paradigm」に由来する言葉で、特定の時代や特定の分野において、規範となる物の見方やとらえ方を意味します。

科学・思想・産業・経済など、さまざまな分野で用いられている「パラダイム」の概念は、アメリカの科学史家であるトーマス・クーンが1962年に発刊した著書「科学革命の構造」のなかで提唱されました。

ビジネスシーンにおけるパラダイムの意味

ビジネスシーンにおけるパラダイムは、「ある時代の人々の考え方を支える思想や概念」を意味する場合が多いです。

ビジネスシーンに限らず、プライベートでも、一定の固定化・定石化された考え方や概念に沿って、物事を進める場面は多いでしょう。

そのため、ビジネスシーンでも、パラダイムに則って思考したり、行動を起こしたりするケースは一般的といえます。

「パラダイムシフト」とは

「パラダイムシフト」とは、言葉の通り「パラダイム」が「シフト(移動)」することで、「パラダイム転換」ともいわれ、ある時代の規範となる見え方やとらえ方が革新的に変化することを意味します。

パラダイムシフトが起こると、人々の価値観が大きく変化したり、常識と思われていたものごとが常識でなくなったりします。

ビジネスシーンにおけるパラダイムシフトの意味

ビジネスシーンにおける「パラダイムシフト」は、「斬新なアイデアや革新的な考えによって市場を変化させる」という意味で使われるケースが多いです。

市場にパラダイムシフトが起きた場合、消費者の価値観にも変化が生じ、思考や行動も従来とは異なるため、消費者のニーズに応えていくためには、企業によるパラダイムシフトへの対応が求められます。

パラダイムシフトが起こる理由

パラダイムシフトが起こる理由としては、「価値観や固定観念をくつがえさないと解決できない課題が発生する」状況があげられます。

解決が難しい課題に対して、自分や世間の思考を破る必要が生じたときに、パラダイムシフトが起こります。

デジタル技術が急速に発展・普及している現代では、今後、さらにパラダイムシフトが進むと考えられています。

パラダイムシフトの具体例

価値観や固定観念をくつがえす必要が生じた際に起こるパラダイムシフトは、具体的にどのようなときに起こってきたのでしょうか。

パラダイムシフトの具体例を2つ紹介します。

ビジネスシーンのパラダイムシフト

家や自動車などの資産は、今まで所有することが一般的な考え方でしたが、現在は他者と共有するシェアの考え方が広まっています。

シェアリングサービスとして、資産をもっている人が資産を利用したい人に貸し出し、収入を得るビジネスが成り立っており、利用者は必要なときだけ利用できるため、家や自動車を購入しなくてもニーズを満たすことができます。

また、デジタル技術の発展により、出社して働くという概念から、出社せずに働くというパラダイムシフトも起こりました。

リモートワークやワ―ケーションなどの多様な働き方が選択できるようになり、ワークライフバランスを保ちやすくなっています。

>多様な働き方とは?に関する記事はこちら

身近なパラダイムシフト

パラダイムシフトは、身近なところでも起きています。

たとえば、携帯電話はメールや電話などの連絡手段が主な用途でしたが、現在の携帯電話であるスマートフォンの機能を見ると、調べものや音楽機器・カメラ・ゲーム・決済など、多用途として使えるため、携帯電話の概念に変化が生じています。

また、スマートフォンには、電車に乗る際に利用するICカード機能が搭載されるようになりました。

従来であれば、電車に乗る際には切符が必要でしたが、現在は切符ではなくICカードやスマートフォンをタッチすれば乗車可能なため、切符を買わなくてはならない、改札には切符を入れないと通れないという考えが常識ではなくなっています。

パラダイムシフトに対応する方法

パラダイムシフトに対応できないと、消費者の思考・行動と自社の方針やサービスが乖離し、顧客離れが発生し、企業の継続的な経営が難しくなる恐れがあります。

そのため、企業が持続的に利益を生み出し、成長し続けるためには、パラダイムシフトに柔軟に対応できる企業・人材になる必要があります。

本記事では、パラダイムシフトに対応する方法を5つ紹介します。

  • 柔軟な考え方や固定観念に縛られない姿勢
  • 変化やトレンドに敏感になる姿勢
  • ものごとを多角的にみる視点
  • 価値観が異なる人とのコミュニケーション
  • 変化を恐れずに挑戦する姿勢

柔軟な考え方や思考をもつことは、企業の成長だけでなく、従業員それぞれの成長においても重要なスタンスです。

ぜひ、5つの方法を確認し、ビジネスシーンで活用してみてください。

柔軟な考え方や固定観念に縛られない姿勢

既存の方法や固定観念に縛られず、柔軟な考え方をもつことで、変化に対応しやすくなります。

ひとつのものごとや考え方に固執してしまうと、少しの変化にもストレスや拒否反応を示してしまい、変化するべきタイミングを逃して時代にとり残される恐れがあります。

時代に取り残されないためにも、積極的に変化を受け入れ、柔軟に対応していく姿勢を持ちましょう。

>【臨床心理士監修】アンコンシャスバイアスとは?に関する記事はこちら

変化やトレンドに敏感になる姿勢

変化やトレンドに敏感になると、革新的な変化が生じた際にもすぐに対応でき、いち早く消費者のニーズに応えられるようになるでしょう。

また、情報や社会の変化、トレンドに対して常にアンテナを張っておくと、些細な出来事にも気付きやすくなります。

現代は、SNSで情報発信をする企業や人も増えています。

さまざまな媒体に触れ、情報収集する姿勢をもち、変化やトレンドに敏感になりましょう。

ものごとを多角的にみる視点

自分の視点だけでものごとを見てしまうと、自分の立場や経験からの思考や行動に偏ってしまい、パラダイムシフトに対応できるような斬新なアイデアが出ないかもしれません。

一方で、消費者や取引先の立場や観点など、多角的な視点からものごとを見るようにすると、消費者や取引先のニーズや思考の把握につながり、変化する社会に求められる商品やサービスを開発できるようになるでしょう。

価値観が異なる人とのコミュニケーション

価値観が異なる人とコミュニケーションをとると、自分が当たり前だと感じていたことが当たり前ではないと気付いたり、固定観念がくつがえったりして、自分の思考の幅を広げることができるでしょう。

先入観や思い込みなどの思考の偏りが解消されると、より柔軟にものごとをとらえられるようになります。

変化を恐れずに挑戦する姿勢

パラダイムシフトに対応するためには、変化を嫌って慣れた状況に居座るのではなく、変化を恐れずに挑戦する姿勢が求められます。

デジタル技術の発展や少子高齢化の進行など、時代は変化し続けているため、従来のやり方やサービスにこだわっていては、社会に適応できなくなってしまいます。

時代の変化にあわせて、画期的な商品やサービスをうみだそうとする挑戦的な姿勢をもつことで、パラダイムシフトを味方につけることもできるでしょう。

パラダイムの関連用語

「パラダイム」には、複数の関連用語があります。

  • ○○パラダイム
  • パラダイムトレーダー
  • パラダイムロスト

言葉の理解を深めるために、それぞれの関連用語の意味を確認していきましょう。

○○パラダイム

「○○パラダイム」は、「ビジネスパラダイム」や「経済パラダイム」など、ある特定の分野におけるパラダイムを表す際に使われる言葉です。

ビジネスや経済のパラダイムとしては、給与が年功序列ではなく実力に応じて支給されるようになったことや、地域経済からグローバル経済へ進行しているなどの変化が例としてあげられます。

パラダイムトレーダー

パラダイムトレーダーとは、FX(外国為替証拠金取引)で使用されている商材で、トレードをする際に使われる用語です。

FXの領域では、パラダイムトレーダーのような商材を活用して取引をする方法が、近年注目されています。

パラダイムロスト

パラダイムロストとは、ヒーザー・スチュアート、フリオ・アルボレダ-フローレス、 ノーマン・サルトリウスによる著書「パラダイム・ロスト(心のスティグマ克服、その理論と実践)」のタイトルとして使われている言葉で、精神障害者へのスティグマを解消するための活動の進め方が記されています。

なお、ここでいう「スティグマ」とは、差別や偏見の対象として使われる属性やそれに伴う負のイメージを意味し、「社会的スティグマ」とも呼ばれます。

コミュニケーション活性化に「Chatwork」

「パラダイム」とは、特定の時代・分野において規範となる物の見方やとらえ方を意味する言葉で、「パラダイムシフト」はパラダイムが革新的に変化することを意味する言葉です。

企業が社会に必要とされながら経営を続けていくには、パラダイムシフトへの柔軟な対応が求められるため、変化に敏感になったり価値観が異なる人とコミュニケーションをとったりすることが大切です。

変化の共有やさまざまな人とのコミュニケーションに、ぜひビジネスチャット「Chatwork」をご活用ください。

「Chatwork」は、チャット形式でコミュニケーションをとれるため、電話やメールよりも気軽に情報共有や報連相、雑談をおこなうことができます。

たとえば、変化に対する気付きをアウトプットするグループチャットを作成すれば、従業員同士で新たな気付きを共有したり、斬新なアイデアを交換したりして、コミュニケーションを活性化させることができるでしょう。

「Chatwork」は無料で使うことができます。

社内のコミュニケーションを活性化して、時代にあった企業経営ができるように、ビジネスチャット「Chatwork」の活用をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

メールからの脱却をしたい方におすすめの資料
「メール」からチャットへ! ビジネスチャットで 実現する業務効率化

このお役立ち資料では特に「メール」によるコミュニケーションをビジネスチャットへ変えていくことの意義をまとめました。

現在コミュニケーションツールとしては主流である一方、使い続ける中で課題も発生しやすい「メール」。脱却をしたいとお考えの方に向けた資料です。

  • メールによる業務負荷
  • メール利用における課題の解決方法
  • Chatworkのご紹介
  • お客さまの声

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事