Chatwork(チャットワーク)のメリットとは?Chatworkを利用する10のメリット

Chatworkの使い方
AWAY

目次

Chatwork(チャットワーク)は、メールや電話など、従来のコミュニケーションツールを使用する場合よりもすばやいコミュニケーションを実現し、業務を効率化するビジネスチャットツールです。

さらにChatworkには、コミュニケーションをスムーズにする以外にも、さまざまなメリットがあります。

Chatworkをビジネスに利用するメリット10選を紹介します。

Chatworkのメリット①すばやいコミュニケーションを実現する

Chatworkでは、文字やデータファイルをチャット形式でやりとりすることができます。

01_Chatworkのメリット①すばやいコミュニケーションを実現する.png

チャット形式のでのやりとりでは、誰が何を発言したのか、ひとめで把握できます。

画面をスクロールすることで、会話の流れや前後の文脈を簡単に理解できることも特徴です。

さらに、チャットでは、メールと異なり、「おつかれさまです」「お世話になっております」などの枕詞を使う必要はありません。

また、発言者が誰か常に表示されているため、発言の最後に敢えて署名をする必要もありません。

ファイルを送信する場合には、ファイルは動画や写真などを圧縮せずに送ることができます。

無駄な作業を省き、口頭のコミュニケーションに似た素早いやりとりができることは、Chatworkの最大のメリットです。

Chatworkのメリット②共有漏れが起こりにくい

Chatworkでは、任意のメンバーが参加する「グループチャット」上でやりとりをおこなうことができます。

02_Chatworkのメリット①すばやいコミュニケーションを実現する.png

グループチャットは、部署やプロジェクトなど、話題ごとに作成することをおすすめしています。

話題ごとにグループチャットを作成することで、その話題に関係するメンバー全員がひとつのグループチャットに参加していることになります。

つまり、話題ごとのグループチャットで発言した内容は、常に関係メンバー全員に共有されます。

このことから、Chatworkで、ある話題に関するグループチャットを作成・選択することで、発言ごとに、関係者を宛先に指定する必要がなくなります。

宛先を指定する手間が省けるだけではなく、共有漏れが起こりにくいこともメリットです。

Chatworkのメリット③過去の情報を見つけやすい

Chatworkでは、自分が参加しているグループチャットまたはダイレクトチャットでのやりとりを検索することができます。

03(1)_Chatworkのメリット③過去の情報を見つけやすい.png

画面上部の検索窓に任意のキーワードを入力すると、そのキーワードが含まれるグループチャットが候補に現れます。

候補をクリックすると、そのグループチャットを簡単に開くことができます。

さらに、任意のキーワードを入力した状態で[Enter](Macをお使いの場合は[Return])を入力するか、「"(任意のキーワード)"でメッセージを検索」をクリックすると、そのキーワードが含まれるメッセージを検索できます。

04_Chatworkのメリット③過去の情報を見つけやすい.png

メッセージの候補は「新着順に表示」「チャット別に表示」「ユーザー(発言者)別に表示」させることができます。

さらに、メッセージの候補上にマウスを置き、「このメッセージへ移動」をクリックすることで、そのメッセージが発言された時点に移動することもできます。

つまりChatworkでは、数ヶ月前のメッセージであってもそこに何がふくまれているかが分かれば、簡単に見つけ出すことができます。

グループチャットのメンバーを確認すれば、「どの発言がいつ誰に共有されたか」も分かるため、「言った言わない」トラブルも避けられるでしょう。

Chatworkのメリット④送信したメッセージの削除や編集ができる

Chatworkでは、一度送信したメッセージを削除したり、編集することができます。

送信済のメッセージを完全に見ることができないようにすることで、誤送信による重大な情報漏洩のリスクを防ぐことができるなどのメリットがあります。

また、誤送信したメッセージを直接削除したり編集できることから、訂正のメッセージを送る必要がなくなります。

誤送信した発言者の手間を省くことができるだけではなく、受信者側の混乱を防ぐこともできるでしょう。

Chatworkのメリット⑤迷惑メッセージが届かない

Chatworkでは、「コンタクト管理」とよばれる連絡先一覧に登録したユーザー、または、同一のグループチャットに参加しているユーザーとしか、メッセージのやりとりをすることができません。

また、あるユーザーをコンタクト管理に追加するためには、追加されたユーザーの「承認」が必要です。

そのため、Chatworkでは、メールのように見知らぬ人から大量のメッセージが届くというような心配がありません。

必要な情報が埋もれる心配がないことも、Chatworkのメリットです。

Chatworkのメリット⑥だれでも使いやすい

Chatworkは老若男女関係なく使える、シンプルさが特徴のビジネスチャットです。

非IT業界向けの機能設計で、日本国内で開発されていることから、ITツールに不慣れな人でも分かりやすく使うことができます。

2021年6月時点で、利用継続率は99.6%、約30万社の企業様に導入いただいており、ユーザー数は308万人を超える導入実績があります。

Chatworkを導入することで、「だれでも」コミュニケーションを効率化することができます。

Chatworkのメリット⑦公私混同が起きにくい

Chatworkは、プライベートで使われるチャットツールとは完全に切り離されたビジネスチャットツールです。

「コンタクト管理」に追加されない限りはやりとりができないため、プライベートのつながりとビジネス上のつながりを分けて管理できます。

ビジネスでのやりとりとプライベートでのやりとりとを分けることで、誤送信が起きることを防ぐだけではなく、休暇中や業務外の時間などに、不必要な労働が発生することを防ぐことができます。

Chatworkのメリット⑧ビジネスに必要な機能がまとまっている

Chatworkには、チャット機能だけではなく、ビジネスに必要な機能がついています。

たとえば、タスク管理機能を使うことで、「勤怠連絡」や「経費精算」をはじめ、ちょっとしたタスクの依頼をすることができます。

また、音声/通話機能であるChatwork Liveを使えば、Web会議をスムーズに立ち上げ、文字では伝わりづらい情報を共有できます。

Chatworkを導入することで、メールやWeb会議ツール、付箋などを併用する必要がなくなり、適切なツールの選択に迷う煩わしさや、業務漏れのリスクを低減できるでしょう。

Chatworkのメリット⑨セキュリティが守られる

Chatworkは、中小企業だけではなく、大企業や官公庁にも導入いただいており、高度なセキュリティ水準を満たしています。

また、Chatwork上でやりとりされるデータはすべて暗号化しており、第三者が内容を確認することができません。

Chatworkを使うことで、安心してデータをやりとりすることができます。

Chatworkのメリット⑩サポートが手厚い

Chatworkは国内で設計・開発されたビジネスチャットツールです。

Chatworkを社内に導入するための導入支援や、運用・定着の支援、技術的なサポートなどは、すべて国内スタッフが担当します。

ビジネスチャットは、ビジネスの根幹として使っていただけるコミュニケーションツールです。

必要な場合に、専任のスタッフが導入推進者さまを迅速にサポートできることは、Chatworkを選ぶ最大のメリットといえるでしょう。

Chatworkは選ぶメリットの多いビジネスチャットツール

Chatworkは、メールや電話などのコミュニケーションツールに代わり、ビジネスの根幹を担うツールとして、だれもが使いやすいビジネスチャットです。

Chatworkを導入することで、すばやいコミュニケーションが実現するだけではなく、情報共有の抜け漏れを防いだり、導入・運用をスムーズにおこなうことができます。

ぜひChatworkを使い、生産性向上にお役立てください。

知らなかった!Chatworkの便利な活用ヒント集

Chatworkを10倍使いこなす!使い方のヒント

Chatwork(チャットワーク)使っているけど、チャット機能だけしか使っていない…なんてことはありませんか?

Chatworkで業務を進めているみなさまへ、Chatworkをより便利に使うためのヒントをお伝えします。

この資料一冊で、業務をより効率的に進めるためのChatworkの機能や活用方法がまるわかりです。

明日から使える具体的なヒントが満載ですので、ユーザーのみなさまはぜひ参考にしてください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事