VUCA(ブーカ)時代とは?生き抜くために必要なスキルを解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

テクノロジーの発展や、情報の多様化に伴い、ビジネスシーンにも大きな変革が生まれています。

企業では、これまでのビジネスを改善し、時代の変化に追いつけるようにしなければなりません。

現代社会のように予測が難しい状況は「VUCA」と呼ばれており、企業を存続させるためにも、企業のあり方や人材選びに工夫が必要です。

VUCA(ブーカ)とは

VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字からなる言葉です。

ビジネスやマーケット、組織、個人といったあらゆるものを取り巻く環境が変化し、予測が困難になっている状況を意味します。

もともとは、1990年代に、アメリカ軍で使われ始めた軍事用語が由来で、2010年代にビジネスシーンでも用いられるようになりました。

VUCAをよく理解するためにも、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の4つの要素をチェックしましょう。

 

Volatility:変動性

変動性とは、これからどのような変化が起こっていくのかを予測することが難しい状態を指します。

新しいテクノロジーや、SNSサービスなどの出現などに伴い、経営にも大きな影響が生じる可能性があります。

変動性に対応するためにも、消費者のニーズいち早く察知する力や、常に社会の変化に関する情報収集が必要です。

 

Uncertainty:不確実性

不確実性とは、現時点で確定していないことが多く、経営にリスクが生じるものです。

たとえば、東日本大震災や、集中豪雨といった自然災害は予測が難しい一方で、経営に大きなダメージを与えることとなります。

さらに、今後のスタンダードな働き方、環境の変化なども不確実性に該当し、過去の事例を参考することが大切です。

 

Complexity:複雑性

複雑性とは、さまざまな要因が複雑に絡み合っている状態で、解決策を見出すのが困難な状況です。

各国の経済格差や、政治的なリスクなどの国際的な問題に加え、日本国内の法律・制度も当てはまります。

とくに、世界的に幅広いエリアでサービスを展開している企業では、その地域の商習慣、顧客のニーズを理解しなければなりません。

 

Ambiguity:曖昧性

曖昧性とは、ある物事に対して、絶対的な解決策が発見できない状態です。

具体的には、消費者の多様化に伴い、どのようなマーケティング施策が適切であるかを導けないことが挙げられます。

従来のマーケティング施策が通用しなくなった現代では、いち早く消費者の価値観を把握し、どのような方法を活用するかが問われます。

VUCA時代の企業や組織のあり方

VUCA時代に存続するためには、企業や組織のあり方を見直す必要があります。

これまでの考え方から、VUCA時代に対応した思考を取り入れましょう。

 

スピーディーな意思決定

VUCA時代では、スピーディな意思決定が企業に求められています。

消費者の考え方の多様化や、ビジネス環境が変化しているなかで、早期の段階で適応しなければなりません。

また、現代ではグローバル化に伴う競争が激しくなっており、時代の変化に追いつけなくなると、企業経営にもダメージを受けます。

 

変革への挑戦と対応力

VYCA時代を迎えた現代では、ビジネスで成功を収めるためには、新しいことに対するチャレンジや対応力も必要です。

これまでのマーケティング施策や、商品・サービスが消費者に受け入れられなくなりました。

この状況を打破するためにも、ビジネスにおける変革を厭わず、常にイノベーションを進めることが大切です。

 

多様なバックグラウンドをもつ人材を活用

多様なバックグラウンドをもつ人材を活用することで、VUCA時代にも対応しやすくなります。

とくに、海外進出している企業や、これからグローバル展開を目指している企業では、現地でのローカライズを達成するためにも、ダイバーシティな環境が求められます。

また、新しいテクノロジーや、マーケティング施策を成功するためにも、情報収集に長けた人材も必要です。

>ダイバーシティ推進のメリットに関する記事はこちら

VUCA時代に求められるスキル

VUCA時代で生き残るためには、さまざまなスキルを備えた人材を揃えることが重要です。

新しい人材を採用する際に、どのようなスキルを重視するべきか考えてみましょう。

 

臨機応変な対応力

VUCA時代に生き残れる会社にするためには、臨機応変な対応力を持つ人材が必要です。

目まぐるしく変化する環境では、その時々に応じて決断力や行動力が求められます。

もちろん、組織的に動くことも大切ですが、一人ひとりが考えながら対応しなければなりません。

 

コミュニケーション力

多様なバックグランドを持つ人材を採用する際には、コミュニケーション力を意識するようにしましょう。

従業員同士で意見の食い違いや、文化の違いによる摩擦が発生しないようにコミュニケーション力が必要です。

また、新しい領域でビジネスを始める際にも、コミュニケーションを活かして、取り組む姿勢が求められます。

>コミュニケーションの基本原則に関する記事はこちら

 

問題解決力

VUCA時代では、これまでよりも多くの課題やトラブルが発生する可能性があります。

万が一、予期せぬ時代が発生した場合に備えて、問題解決力を有する人物も確保しなければなりません。

問題解決力を持つ人材を揃えることで、ビジネスに現れるさまざまな問題に提供できます。

>課題解決能力を身につける方法に関する記事はこちら

VUCA時代に対応するための意思決定方法「OODAループ」

VUCA時代に対応するためには、ビジネスシーンにフレームワークを取り入れる必要があります。

「観察・状況理解・決定・動く」の4つのポイントを解説します。

 

Observe:観察する

まずは、社会に起きている状況を確認し、自社に関連性の高い情報を収集します。

可能な限り最新の情報を入手するように意識し、今後どのようにビジネスが変化していくのかを観察することが重要です。

 

Orient:状況を理解する

入手した情報をもとに、自社の事業環境や競合の分析を実施します。

現時点で何が起きているのかを細かく調べるようにしましょう。

 

Decide:決定する

状況を理解した上で、何を実施するべきかを検討していきます。

自社でのアクションプランを計画し、最適な選択になるように調整します。

 

Act:動く

最後に、自社で計画したアクションプランを実行します。

また、アクションプランで課題があった部分を改善し、都度見直しながら効果を検証することが大切です。

PDCAサイクルを回しながら、会社のビジョン・方向性に合わせるようにします。

>OODAループとは?に関する記事はこちら

VUCA時代に対応できるような組織づくりをしよう

ビジネスの予測がVUCA時代では、スピーディな意思決定や変革へのチャレンジなど企業のあり方を変えなければなりません。

まずは、VUCAのそれぞれの意味を理解した上で、自社でどのように対応するかを検討しましょう。

そして、VUCA時代に対応するために、観察・状況理解・決定・動くの4つのポイントを意識することが大切です。

さまざまなバックグランドを持つ人材や、コミュニケーションスキルに長けた人材など、採用や育成面での強化も必要です。

メールが1/3に減少!カンタン業務連絡なら「Chatwork」


DXとは何かもっと知りたい人へ
はじめてのDX

DXとは何かを改めて説明したうえで、社内でDXを進めるための具体的な手順をわかりやすく解説します。

DXに関する"よく聞く専門用語"を解説した「DX関連用語集」と合わせてご活用ください。

【主な内容】

  • DXとは? 〜 ビジネスを変革するデジタル戦略 〜
  • 自社のDX推進に欠かせない課題とDXの進め方
  • これだけは知っておきたい DX関連用語集

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事