ジョブローテーションの目的とメリットをわかりやすく解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ジョブローテーションの導入目的は、組織や社員がともに成長する機会につなげるために実施されています。

会社は管理職が育てられるため、今後とも長く経営を継続する意味でも重要な取り組みにつながるでしょう。

ジョブローテーションを取り入れ、定期的に部署異動や転勤を取り入れると仕事にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ジョブローテーションを効果的に取り入れる方法を解説します。

ジョブローテーションとは

社員の異動や転勤を定期的に取り入れる方法は、ジョブローテーションと呼びます。

社員の能力を高めるスキルアップだけでなく、組織として管理職を育てるために実施されている流れです。

さまざま部署で経験値をあげると、会社で長期的に活躍できる人材を育てられるメリットがあります。

また、社員の能力を引き出せる部署を選択できる機会につながるため、担当業務のミスマッチを防ぐ手段につながるでしょう。

ジョブローテーションには、会社と社員の両方にとって未来に投資できる戦略につながります。

ジョブローテーションの目的

社内全体で効率よく仕事を進める環境を整えるためにも、会社がジョブローテーションを取り入れる目的を見ていきましょう。

組織や社員の成長を促すため

社員が仕事を通してスキルアップを図るには、新しい経験ができる機会を設けることが重要です。

同じ業務を繰り返す日々では、社員のモチベーションがあがらずに仕事への意欲を失う場合があります。

ジョブローテーションには、組織全体や社員がキャリアプランを考えながら、ともに成長できる工夫につなげる目的があるのです。

管理職を育てるため

会社組織の安定化を図るためには、経営側の視点から働ける管理職の育成が不可欠です。

さまざまな部署で異動を体験すると、会社の事業内容の全体像が見えてきます。

  • どのような成果を出すと利益につながるのか
  • どのように作業効率化を図ると負担を減らせるのか
  • 長期的に人材を確保するにはどうすればよいのか

上記のように、現場で改善すべき課題を解消に導ける思考力が磨きやすくなるでしょう。

ジョブローテーションの目的には、職員の管理に必要な組織の全体像を考えながら働ける管理職の育成があげられます。

属人化を防ぐため

長年部署内での入れ替わりがないと、業務の進め方が担当者独自のやり方で固定されるリスクを抱えます。

職場に業務のマニュアルがなく、担当者以外の社員にノウハウが共有されていないときは注意が必要です。

ジョブローテーションの目的には、部署内の属人化を防ぎながら、作業効率化や職場改善を図る意図があります。

ジョブローテーションのメリット

会社だけでなく社員にとっても、有益だと感じられる取り組みを実施することが大切です。

ジョブローテーションを実施するメリットを見ていきましょう。

スキルアップが図れる

事業内容に関わるさまざま部署を経験できるため、社員にとっても仕事のプラスになります。

会社の部署ごとに担当する業務は違うため、新しい技術を身につける機会にできるでしょう。

ジョブローテーションには、社員のスキルアップと成長につながるメリットがあります。

社員の能力が活かせる部署に異動できる

仕事内容に適性があるかは、しばらく働いてみないと概要を把握できないものです。

異動を経験すると、前の部署よりも今の部署のほうが本人の適性に合っており、仕事内容にやりがいを感じられる機会につながるかもしれません。

本来の能力を引き出せる部署に出会える意味でも、ジョブローテーションを取り入れるメリットがあります。

働く意欲や挑戦する気持ちを養える

長年同じ部署で働いていると、社員によってはマンネリや辛さを感じる要因につながります。

仕事に対するモチベーションをあげるには、前向きに業務の課題を見つけて改善を取り入れる工夫が必要でしょう。

また、本人なりの働く意義を見つけることが仕事の継続やモチベーションの維持には重要です。

ジョブローテーションには、社員の働く意欲を高めながら、仕事を通して挑戦する姿勢を忘れない意味でもメリットがあります。

部署間のコミュニケーション活性化につながる

会社内の部署を異動すると、各部署に顔が利く存在として重宝されやすくなります。

また、今まで交流のなかった部署間をつなぐ役割も担えるでしょう。

ジョブローテーションのメリットには、社内や部署間のコミュニケーション活性化につなげられて、仕事での連携が取りやすくなる点があげられます。

ジョブローテーションのメリットを活かす導入方法

仕組みを上手に活かすためには、社員とコミュニケーションを取りながら、社内に向けて実施する目的を共有しておくことが大切です。

ジョブローテーションのメリットを活かす導入方法を見ていきましょう。

社員本人の意思を確認する

ジョブローテーションは会社が決定を出す場合が多いものの、本人の申し出や意見に会社が耳を傾ける姿勢も大切です。

転勤や移動先の部署によっては、本人が望まない仕事内容や適性に合っていない場合があります。

ジョブローテーション導入のメリットを活かすためにも、できる限り社員の気持ちに寄り添いながら、会社側が本人に確認する配慮を心がけてみてください。

マニュアル作成と教育体制を整える

部署の異動後は、社員が早く業務に馴染むためにも、教育体制を整えて準備を進めておきましょう。

たとえば、基本的な業務に関するマニュアル作成に取り組み、理解にかかる時間を短縮する方法があげられます。

ジョブローテーションのメリットを活かす導入方法として、社員が安心して働ける場所を提供するためにも、マニュアル作成に取り組んで教育体制を整える工夫が必要です。

実施の目的を社内共有しておく

社内の異動や転勤について会社側がどのような意図で取り入れているのか、事前に社内で説明の機会を設けましょう。

社員との間でトラブルにつながる可能性を減らせるメリットがあります。

また、ジョブローテーションを利用したいと考える社員にとっては、交渉する機会につなげられる魅力もあるでしょう。

ジョブローテーションの導入方法として取り入れる目的を社内共有する機会をつくると、本来のメリットを活かす工夫につながります。

異動決定後は部署間で情報共有を進める

異動に関する報連相は、お互いの部署内で活性化させておくと、異動後のスムーズな着任につながります。

お互いにメールや電話でやりとりを進めながら、担当している仕事の引き継ぎを済ませておきましょう。

また、次の部署での準備を進めておくためにも、異動先の上司や社員に向けたあいさつメールを送信するのが基本です。

ジョブローテーションのメリットを活かす導入方法として、異動が決まったタイミングでお互いの部署間で連携を取り合って情報共有を進めておきましょう。

ジョブローテーションのメリットや目的を活かすならChatwork

社員にとってジョブローテーションのメリットには、能力が発揮しやすい部署に異動できること、スキルアップや働く意欲が高められる点があげられます。

会社が効果的に取り入れる方法としては、異動先の教育体制を整えながら、お互いの部署での情報共有を進めておくとスムーズです。

また、社員本人の意思を確認しながら、社内に向けて取り入れる目的を共有しておくと親切な対応につながります。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内のコミュニケーション活性化につなげられるチャットサービスです。

部署間でのあいさつや引き継ぎの連絡をする際もメールよりChatworkは効率的で役立ちます。

社内コミュニケーションを活性化させ、ジョブローテーションのメリットと目的を活かすためにも、ぜひChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事