ワークライフバランスの問題点・課題とは?4つの解消方法や解消の効果を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ワークライフバランスの問題点・課題とは?4つの解消方法や解消の効果を解説

目次

仕事とプライベートが両立できる職場は、従業員の満足度が高まりやすく魅力があります。

ただ、ワークライフバランスの導入から運用には、いくつかの問題や課題を抱えがちです。

企業の経営を安定化させる意味でも、どのような方法で解決に取り組むべきでしょうか。

ワークライフバランスの問題点・課題を解消する方法を解説します。

ワークライフバランスとは

仕事(ワーク)と生活(ライフ)のバランス(調和)を目指す取り組みは、従業員の心と体の健康を守るために重要な考え方です。

ワークライフバランスを通して、従業員が仕事とプライベートを両立できる働き方を目指します。

たとえば、育児と仕事を両立させながら働ける職場環境や制度を整えられると、従業員が定着しやすく働きやすい職場づくりにつながるでしょう。

企業の事業活動は従業員のおかげで成り立っている側面が大きいため、職場環境を見直してワークライフバランスを整える必要性があります。

ワークライフバランスの問題点・課題

企業の経営を続ける上でメリットのあるワークライフバランスは、導入と運用が難しいと感じる場面も出てきます。

ワークライフバランスを取り入れるときの問題点・課題を見ていきましょう。

具体的な導入方法がわからない

ワークライフバランスが大切だと理解していても、実際に落とし込む過程でどのように対応してよいのか戸惑う企業も多いのではないでしょうか。

いきなり業務体制を変えるのは難しく、日々の業務に追われてしまうと対応が先延ばしになりがちです。

企業によって状況が違うため、自社の取り組みに合う具体的な導入方法を検討する課題が残ります。

経営陣の意識改革が求められる

企業の社風を決める経営陣の価値観によっては、現状維持の体制で社内改革が進まない壁に当たります。

職場づくりの方針は経営陣が鍵を握っており、現場の従業員が声をあげてもすぐに対応してもらえるとは限らないのです。

まずは経営陣が考え方や意識を変えて、ワークライフバランスの課題を乗り越える必要があります。

休暇が申請しづらい雰囲気がある

部署の雰囲気や上司の価値観によっては、制度があっても利用しづらい状況があります。

残業が当たり前だったり、休むのが許されない雰囲気だったりすると、現場の対応が進まなくなるのです。

有給休暇の申請を取りたくても周りからの目を気にしてしまい、ワークライフバランスが推進できない課題が残ってしまいます。

利益の回収とのバランスが難しい

ワークライフバランスの推奨は、現場の人手不足につながる場合があります。

長期的な視点で対応できないとかえって生産性が下がる可能性もあるでしょう。

ワークライフバランスの導入を足踏みしてしまう原因には、利益の回収とのバランスが難しい問題点があげられます。

ワークライフバランスの問題点・課題を解消する効果

仕事とプライベートのバランスが整うと、企業と従業員の両方にメリットがあります。

ワークライフバランスの問題点・課題を解消する効果を見ていきましょう。

人材が定着しやすくなる

仕事に比重が偏りすぎない職場は、仕事とプライベート時間のメリハリがつけられます。

従業員の満足度が高まりやすくなり、企業全体の生産性があがるメリットも期待できるでしょう。

ワークライフバランスの導入は、新しい人材を雇用して教育する手間やコストカットが図れて、安定的に人材を確保しやすい効果が期待できます。

企業のイメージがよくなる

ワークライフバランスが整えられている企業は、社会から優良企業として認識されやすくなります。

就職活動に取り組む学生にとっても、魅力のある企業として注目されやすくなると、優秀な人材を確保しやすくなるでしょう。

長期的な視点で取り組むと企業のイメージがよくなる点で、ワークライフバランスを導入する効果が期待できます。

ワークライフバランスの問題点・課題を解消する方法

従業員の裁量権を増やせるように、新しい制度や取り組みを実施してバランスを取りましょう。

ワークライフバランスの問題点・課題を解消する方法を解説します。

社内でワークライフバランスの意識を広める

まずは経営陣から従業員に向けて、ワークライフバランスの概要を説明する必要があります。

社内で認められている制度を紹介したり、休暇を申請しやすい雰囲気をつくったり、仕事とプライベートが両立できる職場づくりを進めましょう。

少しずつ時間をかけて認識を共有し、社内全体で意識改革を進める姿勢がワークライフバランスの問題点と課題の解消方法につながります。

ノー残業デーを実施する

従業員が休息を取れる工夫として、社内全体で残業しない日を設けるノー残業デーを実施しましょう。

たとえば、毎週同じ曜日はできる限り定時あがりができるように、上司から働きかけて従業員の意識を高めます。

ワークライフバランスの課題を解消する工夫として、ノー残業デーの実施で利益の回収とプライベートの時間確保を両立できて、仕事を集中して終わらせる機会につながるでしょう。

>ノー残業デーを導入するメリットに関する記事はこちら

柔軟な働き方をを導入する

仕事とプライベートを両立させるには、自宅で仕事ができるテレワークの導入がおすすめです。

さらに、観光地やリゾート地に滞在して仕事に取り組むワーケーションの働き方をみとめることも有効でしょう。

>テレワークの導入がワークライフバランスにもたらす効果に関する記事はこちら

ビジネスチャットを導入する

社内のコミュニケーション活性化には、ビジネスチャットがおすすめです。

仕事の休暇申請や進捗報告など、報告がスムーズに進められて時短や作業効率化につながるでしょう。

仕事とプライベートが両立しやすいテレワークとも相性がよいため、ワークライフバランスを整える機会にビジネスチャットの導入をご検討ください。

ワークライフバランスの問題点・課題の解消に「Chatwork」

ワークライフバランスの問題点・課題を解消する方法を解説してきました。

ワークライフバランスの運用には、社内全体の意識改革や利益回収との両立などの問題点や課題があげられます。

社内全体でワークライフバランスの働きかけに対する意識を高めながら、ノー残業デーやワーケーション、テレワークの導入方法を取り入れましょう。

とくに、ワーケーションやテレワーク推進にあたっては、コミュニケーションの工夫も必要ですので、ビジネスチャットの活用がおすすめです。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内のコミュニケーション活性化に役立つ便利なツールです。

「Chatwork」には、チャット機能のほかに、データや画像の共有機能やビデオ通話機能、タスク管理機能が備わっており、ワーケーションやテレワークにも便利です。

>Chatworkの機能についてはこちら

また、高水準のセキュリティで運用されているため、社外とのやりとりでも安心して使うことができます。

>Chatworkのセキュリティについてはこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

ワークライフバランスを整えるためのワーケーションやテレワークを推進する際には、コミュニケーションの円滑化を実現できる「Chatwork」を、ぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

働き方改革の「そもそも」を知りたい方へ
マンガでわかる!「働き方改革」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事